★なぜ東京五輪は中止になったのか?

★なぜ東京五輪は中止になったのか?


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●いよいよ終わりが近づいてきました。
詳細は、【編集後記】で! )



今回は、ちょっと「ドキッ!」とするタイトルですね。


「え!東京五輪、中止になったの???」と。


そう。


▼歴史は繰り返す???


よく「歴史は繰り返す」といいます。


完全には繰り返さないでしょうが、確かに「似てるよな」と思う
現象はあります。


たとえば、2008年からはじまった「100年に1度の大不況」。


誰もが、「1929年の世界恐慌の再来か!」と思いました。



たとえば、コロコロかわる日本の総理大臣。


平成になってからだけの現象に思えます。


しかし、戦前の総理大臣を調べてみると、おもしろいことがわか
ります。

ものすごい短期政権がつづいていたのです。


昭和になってからの総理を見ると。

田中義一 1927〜1929年
濱口雄幸 1929〜1931年
若槻禮次郎 1931年4月〜同年12月
犬養毅 1931年12月〜1932年5月
齋藤実 1932年〜1934年
岡田啓介 1934年〜1936年
廣田弘毅 1936年〜1937年
林銑十郎 1937年2月〜同年6月
近衛文麿 1937年〜1939年
平沼騏一郎 1939年1月〜同年8月
阿部信行 1939年8月〜1940年1月
米内光政 1940年1月〜同年7月
近衛文麿 1940年7月〜1941年10月
東條英機 1941年〜1944年
・小磯國昭 1944年〜1945年4月
鈴木貫太郎 1945年4月〜同年8月 (終戦)


在任期間は、数カ月から2年ぐらいが普通。

最長は、東条英機の3年。



「なんか今の日本と似てるよね〜」と思えます。



▼なぜ東京五輪は中止になったのか?


2020年、東京五輪が行われる予定。


ところで皆さん、先の「東京五輪」といえば、1964年。


しかし、実をいうと1940年にも「東京五輪」が開催される予定だった
ことご存知でしたか?


1940年は、皇紀2600年(つまり、初代神武天皇即位から数えて)に
あたる。


「それにあわせて東京に五輪を招致しよう!」ということになったの
です。


1936年7月、東京でのオリンピック開催が決まりました。


これが実現すれば、欧米、そして白人国家以外で世界はじめてのオ
リンピックになる予定だったのです。


しかし・・・。


皆さんご存知のとおり、1940年の東京オリンピックは実現しませんで
した。


なぜ?


1937年7月、日中戦争がはじまったからです。


これが理由で、日本政府は1938年7月、オリンピック開催を辞退し
ます。


政府は、国のパワー、国民のパワーを、お祭り(五輪)ではなく、戦
争に総動員することを決めたのです。


▼歴史を繰り返さないために


さて、今年は2013年。


東京五輪開催まで7年あります。


(どうでもいい数字あそびですが、

1929年世界恐慌 〜 08年100年に1度の大不況=79年。

1940年東京五輪(中止) 〜 2020年東京五輪=80年。)



1936年に決まって、1940年開催予定だった当時とは状況が
違っている。


しかし、似ていることもあります。


そう、日本と中国の関係が最悪になっている。


以前「中国人の90%が日本との戦争を支持している」という話
をご紹介しました。


正直いって、これから7年間、中国と戦争にならない保証はどこ
にもありません。


戦争になり、そしてまた「東京五輪中止」なんてことになる可能
性も、わずかながらあるのです。


そうならないためには、どうしたらいいのでしょうか?


▼歴史を学べば繰り返さなくてすむ


1929年に起こったアメリカ発世界恐慌

当時の大統領は「古典派」のフーバーさん。

この方は、「古典派」らしく、「放っておけばそのうち景気は回復する」
と考え、なんの対策も講じませんでした。


結果、アメリカのGNPは40%以上減少。

失業率も25%に達してしまいます。



08年、オバマさんは、フーバーと同じような立場にたたされた。

しかし、彼は歴史から学んでいて、即座に大規模な景気対策を実
施しました。

おかげさまで、現在まで前回のような悲劇は起きていません。

(副作用で財政赤字が膨大になり、ニッチもサッチもいかない事態だ
が・・・。)



そう、過去から学べば、「歴史を繰り返す」必要はないのですね。

で、学ぶべき過去ってなんだ?


しょっちゅう話していますが、中国は1937年当時、アメリカ、イギリ
ス、ソ連から支援を受けていました。


つまり、日本は実質、中国、アメリカ、イギリス、ソ連と戦っていた
のです。


こんなもん、勝てるはずがありません。


中国は今、当時の状況をもう一度作り出そうと、必死に工作をす
すめています。

詳細は↓

http://archive.mag2.com/0000012950/20121118015324000.html
●中国、【反日統一戦線】を【アメリカ】、ロシア、韓国によびかける )



それで、結構成果をあげているのですね。


結局この戦いは、


・中国が、アメリカ、ロシア、韓国と「日本包囲網」をきずけるか?


あるいは、


・日本が、アメリカ、オーストラリア、インド、東南アジア諸国、ロ
シア等で、「中国包囲網」をきずけるか?


の戦いなのです。


日本は、歴史から学び、国際社会で孤立することなく、米豪印ロ
などと連携を深め、


「歴史を繰り返さない」


努力をすることが、今とても大事なのです。


東京五輪が、戦争のため中止になった1940年の悲劇をくりかえさ
ないためにも・・・。





プーチンから講義を受けたい???」




【4刷決まりました!】

【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


ユダヤ5000年の教え―世界の富を動かすユダヤ人の原点を格言で学ぶ

ユダヤ5000年の教え―世界の富を動かすユダヤ人の原点を格言で学ぶ

世界一謎の多い民族といえばユダヤ人。

世界にわずか1400万人しかいない。

日本人の10分の1以下です。

しかし、有名人・成功者の多さといったら、他民族の比較になりません。

例、キリスト・マルクスアインシュタインフロイトキッシンジャー
ロスチャイルド・ソロス・デル・ドラッカースピルバーグ等々。

あ、ナタリーポートマン。(^▽^)


私もロシアにきてから、ユダヤ人にとても関心を持ちました。

というのも、ソ連崩壊後ゼロからスタートして新興財閥に
なったのは、みんなユダヤ人だったのです。(!)


で、周りを見ても、ユダヤ人はソ連崩壊後の混乱を切り抜け
サクサクと成功の階段を昇っていきました。

彼らのほとんどは、他のロシア人と同じ位置からスタートした。

ですから、そこに陰謀論の入り込む余地はありません。


北野「どうしてユダヤ人ばかり、成功していくのだろう?」


長い探求の末、入手したのがこの一冊。

結局、ユダヤ人の哲学が、彼らを偉大にしている、金持ちにして
いるのだということがわかりました。

例えば私たち日本人は子供のころお金の話はしません。


しかし、ユダヤ聖典タルムードにはこうあります。


「ふくれた財布がすばらしいとはいえない。
しかし、カラの財布は悪いのだ」


「世界には三つの重大事がある。金・金・金」


こういう哲学で育てられた人々に、「金持ちが天国に入るのは、
ラクダが針の穴を通るより難しい」と教えられて育ったキリスト教徒、
「色即是空 空即是色」の仏教徒がビジネスで敗れるのは必然です。

30歳になって野球を始めた男性とイチローが対決するようなもの。

こんなことを強調すると、「お金もちになるより幸せでいたほうが
いい」の日本人は、「ユダヤ人てやっぱり嫌なやつらですね」と
誤解しそう。

しかし、金の話ばかりじゃないんですよ。


「善行の最大の報酬は何か?もう一つ善行ができることである」


「成功の半分は忍耐だ」


「見知らぬ人に親切にするのは、天使に親切にするようなものである」


「人間が天地の最後の日に作られたのは、傲慢さをなくすためである」


ユダヤ教と他宗教の違うところは、その現実性・有用性・即効性で
しょう。

著者は、日本ユダヤ教団の初代ラビ(ユダヤ教の牧師)で
ホンマもんのユダヤ人。

この人からユダヤの哲学が学べるのは幸せです。

成功したい人、金持ちになりたい人、幸せな家庭を作りたい人み
んなに読んで欲しいすばらしい本です。

(でもキレイ事が大好きな人は読まないほうがいいかも。。。)

そしてこの本は、未来を背負っていく若き日本人にも是非よんで
ほしいです。



エルサレムが滅びたのは、教育が悪かったからである」



北野絶対お薦めの名著です。(^▽^)



★「ユダヤ5000年の教え」ラビ・マービン・トケイヤー 
実業之日本社

詳細は↓

ユダヤ5000年の教え―世界の富を動かすユダヤ人の原点を格言で学ぶ

ユダヤ5000年の教え―世界の富を動かすユダヤ人の原点を格言で学ぶ

★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


★朝香さまからおたより


北野様、いつも役立つ情報をお知らせいただき、ありがとうござい
ます。

朝香です。


北野様にどうしても紹介したい本を見つけました。

ローマ法王に米を食べさせた男」(高野誠鮮 講談社)です。

私が説明するよりも、アマゾンの書評をご覧いただいた方がよいか
もしれません。


(●ローマ法王に米を食べさせた男-過疎の村を救ったスーパー公
務員は何をしたか  高野-誠鮮

ローマ法王に米を食べさせた男  過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?

ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?

本当は北野様の元にお送りしたいところですが、送り先がわからな
い状態ですので、とりあえずご紹介だけさせていただきました。


ぜひ読んでみてください。



★編集後記  


新刊の作業が、いよいよ終わりに近づいてきました。

今回は、ある男の口を借り、


「日本が真に自立をはたすための方策」


について書きました。


是非、ご期待ください!




RPEジャーナル
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。


================================================================


メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358