仁徳天皇の民のかまど

 大阪の堺市仁徳天皇陵があります。これを造ったのは、仁徳天皇だと長い間信じられてきました。しかし、最近では大仙古墳と名前が変わって、仁徳天皇が造ったという時代と、年代がどうもあいません。最近では、「仁徳天皇が造ったものではない」と言われています。

 その仁徳天皇は第十六代天皇であり、非常に立派な方でした。徳を十分に積んだ天皇だったので、諡(おくりな)を「仁徳天皇」とされたのです。

仁徳天皇の有名な話は『民のかまど』という話があります。近くの宮殿の山に登って民の村々を見ると煙がたっていません。「どうしたのだ?何故、夕食の支度をしないのか?」と疑問に思い、臣下より凶作で食べるものもないという事実を知らされた仁徳天皇は、「民の食べるご飯がないのか。国民は飢えているのか。」ということを知って、「そんなひどい状態だったのか。よし、私はこれから国民の釜戸に煙がたつまでご飯も食べない。」と思い、贅沢も一切禁じて「税金も取らないことにしよう。」と言ったのが仁徳天皇です。

 仁徳天皇は、「向こう三年、税を免ず」と詔(みことのり)を出されたのです。三年がたって、仁徳天皇が高台に出られて、炊煙が盛んに立つのをご覧になり、かたわらの皇后に申されました。

仁徳天皇「朕はすでに富んだ。嬉ばしいことだ」

皇后「変なことを仰言いますね。宮垣が崩れ、屋根が破れているのに、どうして富んだ、といえるのですか」

仁徳天皇「よく聞けよ。政事は民を本としなければならない。その民が富んでいるのだから、朕も富んだことになるのだ」

そのころ、諸国では、「宮殿は破れているのに、民は富み、道にものを置き忘れても拾っていく者もありません。もしこの時に、税を献じ、宮殿を修理させていただかないと、かえって天罰を蒙ります」との申し出が頻頻とあるようになりました。

 それでも、天皇は引き続きさらに三年間、税を献ずることをお聞き届けになりませんでした。六年の歳月がすぎ、やっと税を課し、宮殿の修理をお許しになりました。その時の民の有様を『日本書紀』は次のように書かれています。

 「民、うながされずして材を運び簣(こ)を負い、日夜をいとわず力を尽くして争いを作る。いまだ幾ばくを経ずして宮殿ことごとく成りぬ。故に今に聖帝(ひじりのみかど)と称し奉る。みかど崩御ののちは、和泉国の百舌鳥野のみささぎに葬し奉る」

 この仁徳天皇は、他所の国の王様と比べると全然、違うということが分かります。他国の王様は、「民、百姓、一切の財産は自分のものだ。」と考えているのです。秦の始皇帝もそのように考えていました。全て自分のものなのです。そこにいる民も奴隷も全ての物が自分の所有物なのです。

 ですから、それを生かそうと、殺そうと、王様の勝手です。「お前達のものではないぞ!」というのが、つい最近までの他国の王様の考え方です。アメリカ合衆国は、148年前までは奴隷を使っていたのです。南北戦争(1861年―1865年)が終わる前までは、アメリカ国家の中において奴隷を使っていたのです。

 南北戦争は、アメリカ合衆国で起きた内戦です。アメリカインディアンを殺しすぎて、黒人をアフリカ大陸から連れてきて奴隷として働かせ、奴隷制存続を主張するアメリカ南部諸州のうち11州が合衆国を脱退、アメリカ連合国を結成し、合衆国にとどまった北部23州との間での戦争です。奴隷とは給料も無く、人格も無いのです。馬か、牛が人間の形をしているだけで、死ぬまでコキ使われるのです。

そのような奴隷と同じように国家と民衆は王様の所有物なのです。それから、フランス革命など、市民と王様の戦いがあり、我々民衆が王様たちを管理して、民衆が力をつけてきて現在の民主主義国家が成立してきたのです。

「西洋の民主主義は良いものだ」とか、「アメリカの民主主義は良いものだ」と、大多数の人が思っています。アメリカにおいては、イギリスの植民地から脱して高らかに民主主義の独立宣言(1776年7月4日)が行われました。

独立宣言は、基本的人権と革命権に関する前文、国王の暴政と本国(=イギリス)議会・本国人への苦情に関する28ヶ条の本文、そして独立を宣言する結語の3部から成り立っています。

中でも、「全ての人間は平等に造られている」と唱え、不可侵・不可譲の自然権として「生命、自由、幸福の追求」の権利を掲げた前文は、アメリカ独立革命の理論的根拠を要約し、後の思想にも大きな影響を与えました。

しかし、今から約2000年も前に仁徳天皇は「民こそ主役だ」と言っているのです。民主主義は2000年も前に日本では行われていたのです。日本の文化は凄いですね。世界が見習ってもらわなければいけないことです。

そして、日本の基本的な考え方は、大君がいてそこに仕える臣(家来、税金を納める民)がいて、君臣一体という考え方です。天皇は民衆の幸せを祈る存在です。これは、竹田の宮様も憲法論ではっきりと言われています。天皇の存在の一番大きいところは、民衆の幸せを祈るということです。しかも、一人たりとも幸せにせずんはおれないというお立場です。

 これは一体、いつから出来てきたことかというと、仁徳天皇の頃からではないのです。神武天皇の頃から、我が国はそうであったのです。臣下は天皇に変わることはできないとは、そのような意味であり、最初から我が国は、君臣一体の民主主義が定着した、世界で類を見ない国家であります。

 このことが非常に重要であり、『民のかまど』とは、そのことを象徴しているのです。日本は、このような素晴らしい歴史と哲学を持った国家であるということを世界に誇らなければいけません。

 そして、天皇陛下には一日も早く日蓮正宗に帰依されることを願います。

日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書)

日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書)

日本人はなぜ日本のことを知らないのか (PHP新書)

日本人はなぜ日本のことを知らないのか (PHP新書)