★慰安婦問題は、突如【勝てる戦】に変わった。なぜ???

== RPE Journal===================================================

 
       ロシア政治経済ジャーナル No.970

                         2013/10/7

================================================================

北野です。


劣勢だった「慰安婦問題」ですが、突如「勝てる戦」にかわり
ました。

なぜでしょうか?


詳細は、【本文】で!↓


(●すぐ下のおいしい話も注意してごらんください。)









【経営者必見】

●(7つの習慣)コヴィー博士の幻の本がついに入手
できるようになりました。


もしあなたが、

・自分の頭で考えない指示待ちの部下にウンザリしている。
・部下のポカミスの連続に頭を抱えている。
・教えても教えても、部下は全然仕事を覚えてくれない。
・部下の尻ぬぐいで自分ばかりが忙しい。
・そして、そんなリーダーシップのない自分に悩んでいる


なんてことを考えたことがあるなら この本

「リーダーシップ・エッセンシャル」

が役に立つかもしれません。


実のところ、部下の仕事ぶりに嘆きつつも、
その原因が自分のリーダーシップにあるのでは?
と悩んでいる人は少なくありません。

しかし、それは違います。


そもそも、リーダーシップは社長やマネージャー
といった人だけに求められる類のものではなく
本来、すべての社員が発揮すべきものであり、
地位、役職、肩書きなどとは一切関係ありません。

では、部下をデキる部下にするには一体どうすればいいのか?

その鍵は「セルフ・リーダーシップ」
という概念にありました。

あの「7つの習慣」を書いたコヴィー博士の集大成で
オススメの一冊なので是非チェックしてみてください。

(●アマゾンでは7350円で売られていますが、ここでは半値以
下で入手できます。)

http://tinyurl.com/otumcel









【無料】

●不動産投資大百科

(詳細は → http://mitoooya.jp/knsh4.html

(●北野が不動産関係で一番尊敬している水戸大家さん
の無料レポートです。
皆さん「10万円の価値がある」といいますので、迷わずゲ
ットしてください。)








【無料】

●FXで利益を着実に伸ばす7つの秘密

10年で22億円を達成したトレーダーも使っている。

いますぐこちらからゲットしてください。

http://rpnzel.com/lp01/?AD_CODE=0010_00155









【無料】

●副業しても会社にバレない方法【2013年最新版】


現役税理士があかす


「副業が会社にバレない方法」


2013年最新対応版です。全

ての副業家必見!

スレスレのテクニック

【無料】↓
http://tinyurl.com/knpkhbk









【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」「リーマン・ショック

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等『多極主義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料・証拠つきで、真実を暴露していきます。


おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

2012、13年Eブック大賞・優秀賞連続受賞することができました。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://mailzou.com/get.php?R=48689&M=22753

==============================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1ー、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
================================================================

慰安婦問題は、突如【勝てる戦】に変わった。なぜ???


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●日本は、他国から支配されたことがほとんどなくて、
本当によかったと実感しました。なぜ?
詳細は、【編集後記】で!)



さて、また「韓国」がテーマです。


今回の話は、↓の続編ともいえる内容です。


まだ読んでいない方は、まずこちらからご一読ください。

archive.mag2.com/0000012950/20130930001000000.html
●韓国に100倍返しできる動画を教えてもらいました
(アメリカ人 が慰安婦=売春婦である証拠を暴露)



▼「慰安婦問題」で攻勢をかけることに消極的だった私


昔からの読者さんはご存知ですが、私は最近まで、「慰安婦
題」で攻勢をかけることに消極的でした。


もちろん、ちゃんとした理由があります。



1、対中国の理由

現在、日本最大の脅威は中国です。

中国は、「尖閣」のみならず「沖縄」も「自国領」と主張している。


そして、「領海侵犯」「領空侵犯」を繰り返している。

つまり、「尖閣」「沖縄」侵略にむけて、着々と現実的布石をうっ
てきている。


そして、「外交上」の作戦もはっきりしています。


中国は、同じく日本と領土問題を抱える韓国、ロシア、

そして、同じく戦勝国であるアメリカ

を自陣営にひきずりこみ、【反日統一戦線】

を構築しようとしている。


これは「トンデモ」でもなんでもない、明白な事実です。

証拠や詳細を知りたい方は、こちらをご一読ください。

http://archive.mag2.com/0000012950/20121118015324000.html
中国、【反日統一戦線】を【アメリカ】、ロシア、韓国によびかける )


日本は、中国の動きに対応しなければならない。


つまり、日本がやるべきことは、


民主党時代にボロボロになったアメリカとの関係を再構築する

・(メドの北方領土訪問でボロボロになった)ロシアと和解する

・韓国と和解する


となります。


1937年、日中戦争がはじまったとき、中国は、アメリカ、イギリ
ス、ソ連3超大国から支援をうけていました。

つまり日本は、アメリカ、イギリス、ソ連、中国を同時に敵にし
ていたので、

勝てるはずがなかったのです。


同じように、今の日本も、中国、アメリカ、ロシア、韓国が反日
統一戦線を構築したら勝てる見込みがない。


だから、私は、「当面中国との戦いに集中しよう」と呼びかけた
のです。


ちなみに、「消費税ひきあげ」を決め、国民を落胆させた安倍さ
んですが、外交については、すばらしく働いておられます。

(TPPはどうなんだ?!と突っ込みがはいりそうですが・・・)

つまり、


・アメリカとの関係を再強化し、

・ロシアとの和解を実現した


短期間で、ありえないほどの実績を残しておられます。

というわけで、ここまでが一つ目の理由です。




2、日本が証拠を出しても、国際社会は理解しない


シリアのアサドは、ずっと「化学兵器を使っていない」と主張して
いました。

しかし、国際社会で、彼の言葉に耳を傾ける人はいなかった。

なぜかというと、アサドは「加害者側」だからです。


「殺人を犯したものが、それを否定するのは当たり前」と思われ、
誰も話を聞いてくれなかった。


日本の立場も、残念ながら、同じでした。

日本は、「韓国人女性を強制連行して性奴隷にした!」と思わ
れている。

それで、日本がいくら弁明しても、国際社会は真剣に耳をかた
むけてくれない。


日本が声を高めれば高めるほど、「なんと往生際の悪いジャッ
プだ!」

と、ますます立場が悪くなっていったのです。



この二つの理由で、私は最近まで、慰安婦問題で攻勢をかける
ことに消極的でした。

しかし、状況が突然変わった。

そう、「勝てる証拠」が登場したのです。(^▽^)


▼変わるアメリカ世論


9月6日付「J−CASTニュース」から引用してみましょう。



<韓国が目論む「全米に慰安婦碑を!」運動 日本の「ロビー活動」
や内輪もめで次々断念

2013/9/ 6 18:59

韓国系団体が米国で推進中の「慰安婦の碑」建造運動が、ここに
来て行き詰まりを見せている。

日本政府による反論活動や、韓国人同士の「内輪もめ」などが主な
原因だ。>




おお、そうなんですか!



< 「慰安婦の碑」は2010年にニュージャージー州パリセイズパー
クに米国で初めて建てられ、2013年7月30日にはカリフォルニア州
グレンデールに4つめの碑が誕生した。

さらにニューヨーク、ロサンゼルス周辺などに続々計画が持ち上が
り、米州韓人会総連合会のイ・ジョンスン会長も、韓国・女性新聞に
2013年8月29日掲載されたインタビューで、



「全米の大都市すべてに慰安婦碑を建てる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
在米韓国人250万人同胞が力を合わせればできないことはない」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


と話すなど、日本には「ピンチ」かに見えた。>




う〜〜、むかつくぞ!

全米の大都市すべてに慰安婦を建てるだと?!



<ところが13年9月初めごろから、韓国メディアの論調が急に弱
気になり始めた。

各地で進行中だった建造計画が、相次いで挫折したためだ。

カリフォルニア州ブエナビスタミシガン州サウスフィールドなど
で、慰安婦碑・像の建造計画がそれぞれ撤回された。ニュージャ
ージー州フォートリーでも建造直前まで来て計画が中断状態に
陥り、またニューヨークで通りに「慰安婦ストリート」と命名する案
も事実上頓挫しているという。>




次々と挫折しているそうです。

ありがたいな〜。(^▽^)


ここからが重要。



< 特にロサンゼルス近郊にあるカリフォルニア州ブエナパークの
動向は、多くの韓国メディアの注目を集めている。

慰安婦碑建造が発案された当初、地元議会は好意的な反応を見
せていたのだが、8月27日にアーサー・ブラウン市議が、

「日本はアジア女性基金などを通じて元慰安婦女性に補償を行っ
ており、当時の村山富市首相もお詫びしている。

碑の建造は日韓関係に悪影響を及ぼすし、公共の場所に建てら
れる碑は地域と住民に関係するものでなくてはならない」

と声明を出すなど、反対ムードが強まり始めたためだ。

現在推進団体が議員たちに改めて韓国側の主張を伝える文書を
配布しているというが、反応は芳しくないという。>



このカリフォルニア州ブエナパークが非常に重要です。



<情勢が変化したのはなぜか。

韓国メディアはいくつかの理由を指摘するが、その1つが日本に
よるロビー活動、韓国側からすれば「妨害活動」の成果だ。

たとえばブエナパークの場合、日本の在ロサンゼルス総領事館
が市議全員に日本政府の立場を伝える手紙を送るなど、強力な
働きかけを行ったと伝えられている。>

<また日本国内から大量に届く「設置反対」のメールも、自治体
などへの圧力になっているという。

日本では一部のウェブサイトが英文での文例や送信先などを公
開し、地元議員や関係者に慰安婦反対の陳情を行うよう呼びか
けており、こうした動きを韓国メディアでは「メールテロ」と解説す
る。

なお、産経新聞では「気高き戦い」とこの運動を紹介している。>



活動をしてくださっている皆様に心から感謝です。

たとえば。↓

なでしこアクション
http://nadesiko-action.org/


もう一つ、ブエナパークのフェイスブックページには大変興味
深い情報が載っています。

https://www.facebook.com/BuenaParkMemories
(9月12日のところを見てください。)


なんと、「テキサス親父」さんの動画が載っているではありませ
んか!!!


上にも書きましたし、前々号でも書きました。


日本人が「日本は悪くない!」というのと、


アメリカ人が「日本は悪くない。韓国はウソをひろめている!」と
いうんじゃあ、

影響力が全然違うのです。



そして、前々号で紹介した、

1944年、「慰安婦は性奴隷ではなく、売春婦だった」と米軍報告書
には記されていた。

テキサス親父さんもいってましたが、


「1944年、日本とアメリカは敵同士だった。

だから、アメリカは、日本の悪事を見つけて、プロパガンダに使い
たかった。

しかし、慰安婦は強制されてなかったので、結局それはできなか
った」


そう、アメリカ軍には客観的に、「日本の評判を失墜させたい動機
があった。でもできなかった」。

だからこそ、米軍報告書は、すべての人に説得力があるのです。

これが、私の考えを変えた証拠です。


▼ひくときにひき、攻めるときには攻めること


人生でも、国家でもそうですが、ひいてばかりでもダメですし、攻
めてばかりでもダメです。


日本は、満州国で引き際を間違えて、破滅への道を進んでしま
いました。


慰安婦問題も同じで、日本が出す証拠だけでは、他国が信じて
くれず、

「さわげばさわぐほど立場が悪くなっていった」

面がありました。


しかし、今は状況が違います。


日本は、「米軍報告書1944年」という絶対的証拠を得て、攻め
れば攻めるほど味方が増えていくことになります。


というわけで皆さん、是非とも、下の情報拡散にご協力くださ
い。

そして、「慰安婦=性奴隷=韓国の大ウソ」を世界の常識に
しましょう。


動画は↓
http://www.youtube.com/watch?v=ggQaYD37Jm4

報告書はこちら↓
http://texas-daddy.com/comfortwomen.html

ブエナパーク市フェイスブックページ↓
https://www.facebook.com/BuenaParkMemories


日本のために、ご協力お願いいたします。




「もし、プーチンが日本の首相だったら?」




【4刷決まりました!】

【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)



↓「危機克服本」コーナーへ
================================================================








【株やってる人必見!】

●第3の投資法とは?(上がっても、下がっても儲かる?!)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

株式市場、乱高下がすごいですね。

皆さんの心も、株につられて暴騰したり、暴落したりしていま
せんか?

今回は、株が「暴騰しても暴落しても」「どっちも儲かる」という
驚きの投資法をご紹介します。



「ファンダメンタル」でも「テクニカル」でもない、【第3の投資法】。

なんと以下のような、驚きの特徴があります。

・相場は上がっても、下がっても、どっちでもいい(!)
・売買タイミングは、いつでもいい(!)
・テクニカル指標は、いらない(!)
・トレード時間は週30分(!)
・年利は、〜50%程度
・トレード手法を身につける時間 = たったの1〜2日!!!

この【第3の投資法】を知る方法。

概要を知るために500円かかります。

とはいえ、たった500円なのに【90日の完全返金保証】がつい
ている。

ですから、迷うなく申し込んでごらんになってみてください。

ちなみに解説をされている江崎先生は、3万3000人の投資家
をサポートしていて、絶大な信用をほこる方です。

私も早速見ましたが、本当に参考になりました。

まじめな個人投資家の方は、いますぐごらんになってください。

詳細は

http://tinyurl.com/b7xsjbf









↓「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


これは必読です。↓


●自滅する中国

(詳細は→ http://tinyurl.com/l2f87d6 )


世界3大戦略家のルトワックさんが、「なぜ中国は自滅するのか?」
を超詳細に解説してくれた本です。

私は、過去に二回、この本について本文で取り上げています。

興味のある方は、ぜひこちらをご一読ください。↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20130822152644000.html


しかし、メルマガでは到底網羅できない分量です。

「中国の未来を知りたい!」

「対中政策をどうすればいいか知りたい!」

「中国にとどまるべきか?撤退するべきか?まよっている」

「中国への進出を考えている?」


そんな人は、迷わずお読みください。

北野絶対お勧めです。



★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


↓おたよりコーナーへ
================================================================






【無料】

●106歳まで生きた男の超簡単健康法


100歳で元気に講演をし、106歳になる10日前
に亡くなった塩谷信男医学博士の作り上げた、健康も富
も栄光も、全て思いのままになる秘法を簡単に紹介します。


【無料】ダウンロードは↓
http://mailzou.com/get.php?R=48999&M=22753

●106歳まで元気だった人の健康法・成功法ですから、
説得力あります。

そして、何よりも「簡単」な方法です。(北野)








↓おたよりコーナーへ
================================================================

★Oさまからおたより


北野様

私のメールを
おたよりコーナーで取り上げて頂き、ありがとうございます!

★韓国に100倍返しできる動画を教えてもらいました
(アメリカ人 が慰安婦=売春婦である証拠を暴露)

拙ブログでも紹介しました。
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3905.html

これから、メルマガ、ブログのヘッダーやフッダーでも時々紹介
したいと思います。

チャンスを活かせますように。

ありがとうございます!




↓編集後記へ
================================================================







【無料】

●北野、相当はまりました


先日、イギリスの起業家ピーター・セージさんの本を読んで
かなりはまっていました。

皆さん、「豊かさマインドを身につければ、お金が洪水のよ
うに流れこんでくる?」という話聞いたことありますか?

でも、「豊かさマインドってなに?」ときかれたら、なかなか
答えられなくないですか?

この本にバッチリ答えが出ていました。


皆さん「初期資金がないからビジネス立ち上げれない」と
思っていませんか?

ピーターセージは22社立ち上げたのですが、なんと21社は
資金ほぼゼロからはじめたのだそうです。

どうすればそんなことができるのでしょうか?


等々、ホント目からウロコがバンバン落ちました。

そうそう、私が読んだピーターセージさんの本は、

【完全無料】です。

とはいえ、そんなに長く公開されていないと思いますので、いま
すぐゲットしてください。↓

【完全無料】ダウンロードはいますぐ↓
http://mailzou.com/get.php?R=29012&M=22753









↓編集後記へ
================================================================

★編集後記  クロアチア編2 〜 ザダルの悲しい歴史


私たちが行ったクロアチアの街ザダル。

歴史を調べてびっくりしました。


・紀元前1世紀、ローマ領に

・10世紀 クロアチアに編入される

・12世紀 ハンガリー王国の一部に

・13世紀 ヴェネツィア共和国に支配される

・18世紀末 オーストリア

・第1次大戦後 ユーゴスラビア王国の一部に

1920年 イタリア王国に譲渡される

・1947年 ユーゴスラビア領に

・1991年 クロアチアの一部に


こんな歴史をみると、日本ってホントにいいな〜と思います。

有史以来、日本が他国に支配されていたのは、1945〜1952
年しかないのですから。


今のザダルは、アドリア海に面したきれいな都市。

イタリアの影響が強くあるようで、あちこちにピザ屋があります。


言葉はロシア語とよく似ていて、英語が通じないとき、ロシア語
でいうと、通じたりしたのです。

(アルファベットは英語に近いが、単語はロシア語によく似て
いて、何が書いてあるか理解できることがしばしばありました。)



RPEジャーナル
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。


================================================================


メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================

◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが? "ビジネス・キャリア/経営"ジャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●社長、上司があの人はすごいといわれるピカイチ情報
http://www.mag2.com/w/0000283000.html  日刊

大企業20年、中小企業13年、人事労務担当一筋で現場をはいずりまわった
経験を活かし、中小企業の経営者、管理者のための人事労務管理について、す
ぐに役立つピカイチ情報を厳選して送ります。

★発行者webもご覧ください↓
http://nakagawa-consul.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

┏┛ ̄ ̄┗┓
┣┳┳┏┻┃今なら!まぐポイント 【100億円】相当 プレゼント中!
┃┃┃┗┳┛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┗┻┻┫┃ イマナラ!
…… ┃┃ 新規の有料メルマガ購読に使える【まぐポイント】を
…… ┃┃ 全ユーザ様にもれなく 【1000pt】 プレゼント!
…… ┗┛ 詳しくはURLへ!!
http://a.mag2.jp/FrB1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【広告するなら、まぐまぐ!】━
大量に配信、確実な登録。メルマガ広告はクリック先のユーザー登録に強い!
30種類以上のメニューから、お客様に最適なプランをご提案いたします!
☆広告のお問い合わせはこちらから⇒ http://a.mag2.jp/iIks
☆低予算でご検討の方はこちらから⇒http://www.mag2.com/ad5/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━