★アメリカ、ウソではじめた6つの戦争(ロシア・テレビツェントルが暴露)

== RPE Journal===================================================

 
       ロシア政治経済ジャーナル No.965

                         2013/9/16

================================================================

北野です。


イラクにつづいて、シリア攻撃の根拠が「ウソであること」
がばれて苦境に陥っているアメリカ。

ロシアのテレビは、「イラクばかりでなく、これまでアメリカ
がはじめた戦争の理由は全部ウソである!」と断定してい
ます。

ま、ホントかどうかわかりませんが、そういう情報が堂々と
流れていることは知っておいてよいでしょう。



詳細は、【本文】で!↓


(●すぐ下のおいしい話も注意してごらんください。)










【 ●後2日で封印! 】

●アルトマン家、門外不出の黄金方程式
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アメリカで大富豪アルトマン氏に出会い、


「門外不出の黄金方程式」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

を教わった日本人がいます。

その日本人S氏は、アルトマン氏の教えを忠実に守り、


・資産170億(!)

不労所得・年3億5000万円


になりました。

自ら、「方程式」の有効性を実証してみせたのです。

このS氏が、ついに「アルトマンの方程式」を公開します。


「死ぬまで金に困らない3つの鍵」


とはいったいなんなのでしょうか?


今の家計状態に不満をもっている人は、是非こちらの情報
をゲットしてください。

【無料】 ↓
http://tinyurl.com/qafny3q
(●後二日で封印です。)









【無料】

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

●あなたを貧しくしている


【お金のメンタルブロック】


のはずし方

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「なぜかお金をもらう事に抵抗を感じる・・・」
と思った事はありませんか?

もしあるなら、、、

お金を受け取ることへのその罪悪感を取り除く
3つの自己暗示テクニックを【無料】で
解説してくれている人がいます。

このWEBセミナーは、以前にも行われたのですが
あまりにも反響が大きかったために、今回、
第3回を開催することになったものです。

この【無料】WEBセミナーで公開される自己暗示テクニック
を身につければ、10万円でも、100万円でも、
自信を持って請求できるようになります。

“お金に対する4つのメンタルブロック”が外れると
圧倒的な成果、つまり、利益を上げ続ける事ができる
ようになるのです。

今現在「行動出来ない」「実践できない」
という事で悩まれているとしたら、

この【無料】オンラインセミナーに
参加される事を強くお薦めします。

詳細は↓
http://tinyurl.com/og35pql









【無料】

●パソコン仕事の疲れを簡単にとる方法

東洋医学の天才、「整体」の創設者・野口晴哉

「簡単に疲れをとる方法」を伝授します。

パソコンワークで、

・目が疲れている
・肩がこっている
・頭がいたい

などなどを感じている方は、迷わずこちらをご一読
ください。

【無料】↓
http://mailzou.com/get.php?R=48998&M=22753

(●私もやってみましたが、かなり効きました。
無料ですので、みなさんも試してみてください。北野)











【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」「リーマン・ショック

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等『多極主義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料・証拠つきで、真実を暴露していきます。


おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

2012、13年Eブック大賞・優秀賞連続受賞することができました。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://mailzou.com/get.php?R=48689&M=22753

==============================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1ー、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
================================================================

★アメリカ、ウソではじめた6つの戦争(ロシア・テレビツェントルが暴露)


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●え?「9.11は自作自演とテレビでやってる?」
詳細は【おたよりコーナー】で!

●え?世界のリーダーが、日本軍を褒めている?
詳細は【編集後記】で!)



今回は、皆さまへのお願いから。

現在、第12回e-Book大賞の投票が行われています。

そこで、もしよろしければ、北野幸伯


●『世界一わかりやすいアメリカ没落の真実』

(詳細は→ http://mailzou.com/get.php?R=48689&M=22753 )


をご推薦いただけないでしょうか?

実際に、このレポートを読まれ、実際に「役に立つ」「有益だ」と
思われた方だけで結構です。

投票の仕方ですが、


1、まずこちらをあけてください。↓
http://cs-x.net/emax2/c/06383.html

2、一番下まで下がって、ご投票ください。

・お名前 = あなたのお名前
・E-mail = あなたのアドレス

○推薦するe-Bookのタイトル

= 『世界一わかりやすいアメリカ没落の真実』

○推薦するe-BookのURL

= http://mailzou.com/get.php?R=48689&M=22753

○推薦の理由 = あなたのご感想を


なにとぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます!

北野幸伯



では、本題。

皆さんご存知のように、日本は「米英情報ピラミッド」に属して
います。

それで、日本国民は、いつも米英の都合のいいように洗脳さ
れている。

日本では、英字新聞を読める知識人は「かっこいい!」と思
われています。

でも、それって、実をいうと「もっと深く米英情報ピラミッドに洗
脳されている」のと同じこと。

結局、日本人が「米英情報ピラミッド」から出るのは難しいの
です。


私が住んでいるモスクワは、別のピラミッド、すなわち「クレム
リン情報ピラミッド」に属しています。

ここには、タブーが一つだけあります。

それは、「プーチンの悪口をいってはならない」。

そして、ロシアの国営テレビは、24時間プロパガンダをたれな
がしている。

だから、私がロシアの情報を知ろうと思えば、「米英情報ピラ
ミッド」や、独仏中心の「欧州情報ピラミッド」にアクセスした方
がいい。

私は、いつもそうしています。


しかし、「クレムリン情報ピラミッド」にも、よい点はあります。

それは、「米英の暗部」について、全然タブーがないのです。

だから、日本では絶対流れない情報が出ています。



さて、私は9月14日、テレビ・ツェントルの「ポストスクリプトン」
という番組を見ていました。

司会のプシコフさんは、現役の議員で、保守派の大物。


その番組で、「アメリカの戦争は、全部インチキの理由ではじま
った」という話をしていました。


(番組の映像はこちらで見ることができます。

25分ごろから。

http://www.youtube.com/watch?v=mUh7yb4h-To )


▼一つ目のインチキ戦争?=米西戦争


米西戦争とは、1898年に起こったアメリカとスペインの戦争の
ことをいいます。


この戦争がはじまった直接の理由は、アメリカ海軍の戦艦
メイン号が爆発したことです。

266人が亡くなりました。


ニューヨーク・ジャーナルとニューヨーク・ワールドをはじめ、ア
メリカメディアは、

「スペインがやった!」と決めつけました。


「Remember the Maine, to Hell with Spain!」

(メインを思い出せ!くたばれスペイン!)」


これで「戦争支持」の世論が形成され、アメリカはスペインとの
戦争を開始したのです。


ところがこの「メイン号」事件。

ポストスクリプトンによると、「アメリカ自身がやった」のだそうで
す。

なぜ?


「スペインと戦争をしたかったから」


なぜ?


この戦争の結果が、アメリカの意図を示しています。


米西戦争は、1989年4月〜8月に起こった、短期間の戦争で
した。

しかし、戦果がすごかった。

ウィキペディアから引用してみましょう。



<アメリカはフィリピン、グアムおよびプエルトリコを含むスペイ
ン植民地のほとんどすべてを獲得しキューバ保護国として事
実上の支配下に置いた。>



すごいですね〜。

4ヶ月でこの戦果。

ちなみにウィキをみると、「アメリカの自作自演」とはありません
が、こんな解説が出ていました。



<1898年2月15日にハバナ湾でアメリカ海軍の戦艦メイン(USS
Maine, ACR-1)が爆発、沈没し266名の乗員を失う事故が発生
した(この中には8名の日本人コックとボーイが含まれていた)。


爆発の原因に関する証拠とされたものは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
矛盾が多く決定的なものが無かったが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ニューヨーク・ジャーナル、ニューヨーク・ワールドの2紙を始めと
した当時の米国のメディアはスペイン人による卑劣なサボター
ジュが原因であると主張した。>



▼二つ目のインチキ戦争 =日本


面白いです。

この番組の26分40秒ごろから、


「日本の真珠湾攻撃も、アメリカが仕組んだ罠だった!」


という説が披露されています。

何をいっているか?

要約。


<日本による真珠湾攻撃は、ルーズベルトの挑発によるものだとい
う説がある。

彼は、アメリカの世論が第2次大戦への参戦に反対だったことを知っ
ていたのだ。

そして、その状況を変えようとした。>



<アメリカは、日本が攻撃してくる、正確な日にちまで知っていた。

それで、空母などは公海に移動し、ハワイに残っていたのは、第1次
大戦用につくられた古い船ばかりだった。>



この話、昔からの読者さんには「常識」ですが、新しい読者さんは、

「トンデモ、トンデモ」と思われるでしょう。


しかしこれは、アメリカが大嫌いなロシアのメディアだけが主張して
いるのではありません。


なんと、ルーズベルトの前のフーバー大統領が、「そのとおりだ!」と
証言しているのです。

2011年12月7日の産経新聞を見てみましょう。



真珠湾攻撃70年 「ルーズベルトは狂気の男」フーバー元大統
領が批判

【ワシントン=佐々木類】ハーバート・フーバー第31代米大統領
(1874〜1964年)が、日本軍が1941年12月8日、米ハワイの
真珠湾を攻撃した際の大統領だったフランクリン・ルーズベルト
(第32代、1882〜1945年)について、

「対ドイツ参戦の口実として、日本を対米戦争に追い込む陰謀を
図った『狂気の男』」と批判していたことが分かった。>

産経新聞2011年12月7日)


え? 

ルーズベルトが狂気の男? 

いったいどういうことなのでしょうか?


<米歴史家のジョージ・ナッシュ氏が、これまで非公開だったフー
バーのメモなどを基に著した「FREEDOM BETRAYED(裏切
られた自由)」で明らかにした。

 真珠湾攻撃に関しては、ルーズベルトが対独戦に参戦する口実
を作るため、攻撃を事前に察知しながら放置。ドイツと同盟国だっ
た日本を対米戦に引きずり込もうとした−などとする陰謀説灯が
日米の研究者の間で浮かんでは消えてきたが、

米大統領経験者が陰謀説灯に言及していたことが判明したのは
初めて。>(同上)



これまでも「ルーズベルトは、真珠湾攻撃を事前に知っていた」

(つまり、奇襲ではない)、


「日本を対米戦に引きずり込もうとした」

(つまり、好戦的な日本が、平和的なアメリカを攻めたわけではな
い)


という陰謀論はあったと。

 
しかし、アメリカの大統領が、このことを断言しているとすれば、重
みが全然違ってきますね。

「おまえ陰謀論者だろう?!」といわれたら、

「いや、フーバー大統領がいってるんだよ」と反論できます。


▼三つ目のインチキ戦争?=ベトナム


これはベトナム戦争介入のきっかけになった1964年の事件です。

ポストスクリプトンに頼るまでもなく、ウィキペディアに、

「これはインチキだった」という主張が載っていました。

引用します。



トンキン湾事件(とんきんわんじけん、英: Gulf of
Tonkin Incident)は、1964年8月、北ベトナムトンキン湾で北ベト
ナム軍の哨戒艇がアメリカ海軍の駆逐艦に2発の魚雷を発射した
とされる事件。

これをきっかけにアメリカは本格的にベトナム戦争に介入、北爆
を開始した。

アメリカ議会は上院で88対2、下院で416対0で大統領支持を決議
をした。

しかし、1971年6月ニューヨーク・タイムズのニール・シーハン記者
が、報告書『ベトナムにおける政策決定の歴史、1945年-1968年』
こと“ペンタゴン・ペーパーズ”を入手、

トンキン湾事件はアメリカが仕組んだものだったことを暴露した。>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



▼四つ目のインチキ戦争?=ボスニア


細かい話になるので、これもウィキから。


ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中の1995年、ボスニア・ヘル
ツェゴビナ領内のセルビア人勢力は、首都サラエヴォを狙っ
て発射した迫撃砲弾がサラエヴォ市内の市場に落下し、市民
38人の死亡者がでた。

この地域は、国際連合によって決定された、ボスニアの安全
地域(非戦闘地域)に含まれていた。

この事件には世界各国から広く抗議の声が上がり、国際連合保護軍
司令官NATO南部司令官は、アメリカ海軍の原子力空母『セオド
ア・ルーズベルト』をアドリア海に派遣、連合国軍機も攻撃態勢を整
えた。

その後、NATOは数ヶ月間に渡って、セルビアボスニアへの攻撃
活動を阻止する空爆作戦を練り、290機の軍用機をイタリアを中心と
する18カ所の基地に配備し、空母セオドア・ルーズベルトでも多くの
艦上戦闘機を配備した。

配備完了後、デリベレート・フォース作戦という作戦名のもと、空爆
戦が実施された。

作戦に参加する軍用機の大半はアメリカ軍機で占められていた。>




ポストスクリプトンによると、これは「セルビアがやったのではな
い」のそうです。



▼五つ目のインチキ戦争?=ユーゴ


皆さん、1999年のユーゴ空爆を覚えているでしょうか?


コソボは(ユーゴ連邦)セルビア共和国の自治州でしたが独立を目
指していた。


それで、コソボセルビアは戦争状態にありました。

セルビアからみると「内戦」。)


NATOは「セルビアが、コソボアルバニア系住民を民族浄化して
いる」ことを理由に、

空爆を実行したのです。


民族浄化で一番有名なのは、1999年1月におきた「ラチャクの虐殺」
です。

ウィキから引用してみましょう。



コソボ解放軍による攻撃とセルビア側の反撃は1998年から1999年
にかけての冬の間中つづけられ、1999年1月15日にはラチャクの虐殺
英語版)が引き起こされた。

事件は直ちに(調査が始められるより前に)虐殺事件として西側諸国
国際連合安全保障理事会から非難された。

このことは、ミロシェヴィッチと彼の政権の首脳らを戦争犯罪者とみな
す基礎となった。

テレビカメラは、殺害されたアルバニア人たちの遺体のそばを歩くアメ
リカ合衆国の外交官ウィリアム・ウォーカー(英語版)を映し出した。

ウォーカーが記者会見を開き、一般市民に対するセルビアの戦争犯
罪行為について明らかにしたと述べた([26])。

この虐殺が、戦争の大きな転換点となった。

NATOは、NATOの支援の下で平和維持のための武力を投入するこ
とのみが、問題を解決する唯一の手段であると断じた。>



これですが、


<事件は直ちに(調査が始められるより前に)虐殺事件として西側
諸国や国際連合安全保障理事会から非難された。>


だそうです。

調査結果が出る前に「決めうちしてしまう」のはシリアの場合も同じ
ですね。


しかし、ポストスクリプトンによると、これもウソなのだそうです。

実際、ラチャクで殺されたのは、民間人ではなく「武装勢力」だった
と。



▼六つ目のインチキ戦争 =イラク


これは、もう皆さんご存知ですね。


アメリカ自身も、「あれはインチキ戦争だった」と認めています。



<「米上院報告書、イラク開戦前の機密情報を全面否定

【ワシントン=貞広貴志】

米上院情報特別委員会は8日、イラク戦争の開戦前に米政府が持っ
ていたフセイン政権の大量破壊兵器計画や、国際テロ組織アル・カ
ーイダとの関係についての情報を検証した報告書を発表した。>

(読売新聞 06年 9月9日)



<報告書は『フセイン政権が(アル・カーイダ指導者)ウサマ・ビンラ
ーディンと関係を築こうとした証拠はない』と断定、大量破壊兵器
画についても、少なくとも1996年以降、存在しなかったと結論付け
た>

(同上)



ポストスクリプトンは、こういう例をあげながら、「だからアメリカが

『アサドは化学兵器を使った!』と主張しても信じられるか!」と
いいたいのでしょうね。


もちろんロシアはロシアでプロパガンダしているので、丸ごと信じ
る必要はありません。


しかし、日本、ベトナムイラクなどは、すでに「確定している」とい
ってもよいのではないでしょうか?


▼日本は・・・


日本には「アメリカは正義の味方で、自由と民主主義の守護神だ
!」と信じている人がたくさんいます。


一方で、「世界で起こっている悪は、すべてアメリカが原因だ!」
と信じている人もいます。


そういう人たちがいうに、中国は本音では平和を願っていて、尖
閣を狙っていないのだそうです。



しかし、どっちもナイーブすぎますね。


いくらアメリカが日本の同盟国だからといって、子供ではないので
すから、アメリカが「聖人のような国」と信じるのは愚かです。


アメリカにも光と深い闇があることは知っておく必要がある。


しかし、それで「中国やロシアが善の国だ」ということにもなりま
せん。


左翼の人たちは、中国が100万人のチベット人を大虐殺した事実。

新疆ウイグル自治区核兵器実験を繰り返していたことなどを、
完璧に無視しています。


私は何がいいたいのか。


私たちは、大国の光と影を両方理解し、その上で日本の国益
沿った決断を下さなければいけないということです。

たとえば、あの男がそうしているように・・・。






「もし、プーチンが日本の首相だったら?」




【4刷決まりました!】

【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)



↓「危機克服本」コーナーへ
================================================================








【株やってる人必見!】

●第3の投資法とは?(上がっても、下がっても儲かる?!)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

株式市場、乱高下がすごいですね。

皆さんの心も、株につられて暴騰したり、暴落したりしていま
せんか?

今回は、株が「暴騰しても暴落しても」「どっちも儲かる」という
驚きの投資法をご紹介します。



「ファンダメンタル」でも「テクニカル」でもない、【第3の投資法】。

なんと以下のような、驚きの特徴があります。

・相場は上がっても、下がっても、どっちでもいい(!)
・売買タイミングは、いつでもいい(!)
・テクニカル指標は、いらない(!)
・トレード時間は週30分(!)
・年利は、〜50%程度
・トレード手法を身につける時間 = たったの1〜2日!!!

この【第3の投資法】を知る方法。

概要を知るために500円かかります。

とはいえ、たった500円なのに【90日の完全返金保証】がつい
ている。

ですから、迷うなく申し込んでごらんになってみてください。

ちなみに解説をされている江崎先生は、3万3000人の投資家
をサポートしていて、絶大な信用をほこる方です。

私も早速見ましたが、本当に参考になりました。

まじめな個人投資家の方は、いますぐごらんになってください。

詳細は

http://tinyurl.com/b7xsjbf









↓「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


★「バビロンの大富豪」ジョージ・S・クレイソン キングベアー出版

(詳細は→ http://tinyurl.com/5w3l68 )


昔の北野「金欠っす。。。」

某大富豪「それはよかったね!」

昔の北野「・・・・・・・・・・・・・・・全然よくないですよ!
先月なんて、ついに家賃滞納しちゃったんですよ〜。
大家さんも貧乏なのに申し訳ない。」

某大富豪「・・・よかったってのはね、君がお金のことを
真面目に考えるきっかけができたってことさ。今まで君は、
お金儲けのこと、お金を守る方法、増やし方のこと、
全然考えてこなかっただろう?」

昔の北野「・・・・・・・・・・・・・・・そういえば。。。」

某大富豪「人ってのは愚かだからね、病気になって初めて
健康のありがたさがわかる、別れ際になって初めて愛する人の
尊さがわかる。で、貧乏になって初めてお金のありがたさがわかる」


昔の北野「でも、自分お金のことホントに考えたことないんですよ。
どうしたら復活できるのか全然わかりません。
なにかヒントだけでも教えてくれませんか?」

某大富豪「・・・・・・・・・・・・・君にいい本をあげるよ。
ここにはお金持ちになるための基本原則が全て書いてある」

昔の北野「・・・・・・・・・・・・・!!!」


本を開けた瞬間、私の目は点になりました。



<「重力の原則」同様、これらの「原則」は普遍的であり、いつの時代、
どこの国でも変わらない。これまでたくさんの人々が、この「原則」が
真実であることを身をもって証明している。>


<あなたも同様に、この「原則」によって財布をふくらませ、
預金残高を増やし、経済的に前進してゆけるように、と祈る。>


<「財布の中身がいつも空」という病は、我慢するより治すほうがやさしい>


「人生お金じゃないよ〜」「やっぱ愛が全てさ!」

そんなキレイ事を言えていた、「高度成長期」「バブル時代」は
とっくの昔に終わっています。


今は、勝ち組・負け組がくっきりわかれ、
貧富の差がどんどん拡がっている時代。


「しかし、給料もらってそれを使ってというサイクルの中で生きて
いるので、 金のことなんか考えたことありません」


そんな人にこの本はお薦めです。


<本書は現代ビジネスの極意を分かりやすく説き明かした名著
であり、あらゆる人にとって重要な一冊である>

デール・カーネギー研究所副所長 パーシー・H・ホワイティング)


<本書に記されているバビロンの知恵は現代においても、
そして誰にとっても役立つものだ。人生で成功を成し遂げようという
志を持つすべての人におすすめする。>

(シカゴ・ディリーニュース ヴァン・アレン・ブラッドリー)


●内容紹介

むか〜しむかし、繁栄を極めた黄金の都市バビロン。

腕のいい戦車職人のバンシアには大きな悩みがありました。

そう、「朝から晩まで働いてるのに、ちっとも金が残らない」とい
う悩み。(涙)

バンシアは、同じ悩みを抱える楽士コッビとどうしたらいいかを
話し合います。

すると、二人の頭に妙案が浮かびました。

ふたりの幼なじみで、今はバビロン一の大富豪になっている
アルカドをたずねて、お金持ちになる秘訣を聞き出そうという
ことになったのです。


アルカドは昔からの友人に語ります。


「おぬしたちが若い頃からこれまでの間に、ぎりぎり生活できる以
上の金を手に入れることがなかったとすれば、それはおぬしたち
が、


”富を増やす法則”


を学ぶことを怠ったか、学んでもそれを守らなかったか、のどちら
かであるのだよ。」


そしてアルカドは、まだ貧しかった時代、
大富豪のアルガミシュから伝授された

お金もちになる秘密を語り始めたのです。


この本は、お金持ちになりたい人の出発点です。

この本を読んで実践すれば、
平凡なサラリーマンでも、
自動的に幸せな小金もちにはなれるでしょう。


この本を読んで、「大富豪になりたい!」と決意し、
さらに勉強を続ければ大富豪になれるでしょう。



<富とは、手に入れるための単純な法則を理解し、
それを守りさえすれば、いくらでも手にすることができるものであ
る。>


ちなみにこの本は、潜在意識とかには全然関係ありません。

誰でも今日から始められる具体的方法についての本です。


★「バビロンの大富豪」ジョージ・S・クレイソン キングベアー出版

(詳細は→ http://tinyurl.com/5w3l68 )


★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


↓おたよりコーナーへ
================================================================






【無料】

●106歳まで生きた男の超簡単健康法


100歳で元気に講演をし、106歳になる10日前
に亡くなった塩谷信男医学博士の作り上げた、健康も富
も栄光も、全て思いのままになる秘法を簡単に紹介します。


【無料】ダウンロードは↓
http://mailzou.com/get.php?R=48999&M=22753

●106歳まで元気だった人の健康法・成功法ですから、
説得力あります。

そして、何よりも「簡単」な方法です。(北野)








↓おたよりコーナーへ
================================================================

★天野さまからおたより


北野様

天野統康です。

いつも素晴らしい情報を発信して頂きありがとうございます。

東京オリンピック決まりましたね。

ところで、ご存知かもしれませんがロシアの英語放送であるロシアトゥデイが
911テロの特集をしています。

ほぼ自作自演といっているようです。

The Truthseeker: 9/11 & Operation Gladio (E23)
http://www.youtube.com/watch?v=vka7Da6e9LY

日本では絶対に放送できない内容です。

動画の評価は物凄い高いです。(イイネ!の数)

ロシアとアメリカの対立は本格的ですね。

取り急ぎ情報提供まで。



●北野より 天野さんの超高品質ブログも是非ご一読
ください。

ブロマガ 
「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

http://ch.nicovideo.jp/amanomotoyasu




↓編集後記へ
================================================================







【無料】

●北野、相当はまりました


先日、イギリスの起業家ピーター・セージさんの本を読んで
かなりはまっていました。

皆さん、「豊かさマインドを身につければ、お金が洪水のよ
うに流れこんでくる?」という話聞いたことありますか?

でも、「豊かさマインドってなに?」ときかれたら、なかなか
答えられなくないですか?

この本にバッチリ答えが出ていました。


皆さん「初期資金がないからビジネス立ち上げれない」と
思っていませんか?

ピーターセージは22社立ち上げたのですが、なんと21社は
資金ほぼゼロからはじめたのだそうです。

どうすればそんなことができるのでしょうか?


等々、ホント目からウロコがバンバン落ちました。

そうそう、私が読んだピーターセージさんの本は、

【完全無料】です。

とはいえ、そんなに長く公開されていないと思いますので、いま
すぐゲットしてください。↓

【完全無料】ダウンロードはいますぐ↓
http://mailzou.com/get.php?R=29012&M=22753









↓編集後記へ
================================================================

★編集後記


犬飼様から教えていただきました。

大東亜戦争に関して、私たちはネガティブなことばかり教えられて
きました。

もちろん戦争なんで、いろいろ悪いこともあったに違いありません。

しかし、日本についてまったく別の意見もあることを知っておいて
もよいのではないでしょうか?


大東亜戦争、世界の声↓
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=pJ9AH6zgd-o#t=27



RPEジャーナル
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。


================================================================


メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================
◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが? "マネー/不動産/その他"ジャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●大家MASAの世界まるごと不動産投資
http://www.mag2.com/w/0001546250.html  週刊

普通のサラリーマンがMBAの知識を駆使して不動産投資をスタート。フィナ
ンシャルフリーダム達成のための国内・海外ハイブリッド不動産投資法を展開
中。多くの皆様に参考になる情報、投資手法をご提供します。

★発行者webもご覧ください↓
http://ameblo.jp/masacb2001/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

┏┛ ̄ ̄┗┓
┣┳┳┏┻┃今なら!まぐポイント 【100億円】相当 プレゼント中!
┃┃┃┗┳┛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┗┻┻┫┃ イマナラ!
…… ┃┃ 新規の有料メルマガ購読に使える【まぐポイント】を
…… ┃┃ 全ユーザ様にもれなく 【1000pt】 プレゼント!
…… ┗┛ 詳しくはURLへ!!
http://a.mag2.jp/FrB1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【広告するなら、まぐまぐ!】━
大量に配信、確実な登録。メルマガ広告はクリック先のユーザー登録に強い!
30種類以上のメニューから、お客様に最適なプランをご提案いたします!
☆広告のお問い合わせはこちらから⇒ http://a.mag2.jp/iIks
☆低予算でご検討の方はこちらから⇒http://www.mag2.com/ad5/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━