日韓が五輪で「全面協力」の報道

日韓が五輪で「全面協力」の報道、18年冬季と20年夏季 ネットでは「ふざけるな!」と大荒れ「祭り」に
J-CASTニュース 9月10日(火)18時30分配信

 日本と韓国が2018年に韓国の平昌(ピョンチャン)で開催される冬季五輪と、20年の東京オリンピックで成功に向け「全面協力」を行うと2013年9月10日に報道された。

 ネットではこの報道に対し批判が渦巻いていて、掲示板「2ちゃんねる」では「ふざけるな!」「韓国に食い物にされるだけ!」などといった書き込みが大量にあふれ盛大な「祭り」に発展している。

冬季オリンピック2度開催の日本は韓国にノウハウを提供

 共同通信などによれば、日本オリンピック委員会JOC)の竹田恒和会長と韓国オリンピック委員会(KOC)の金正幸会長が13年9月9日にブエノスアイレスで会談し、18年の冬季五輪と20年の夏季五輪を成功させるため全面的に協力することで合意した、と報道した。日本は冬季オリンピックを2度開催しているためそのノウハウを韓国に提供。韓国は12年のロンドン五輪で日本の倍近い金メダルを獲得した実績があり、両国の選手の交流を進めることで日本選手の実力アップを図ることなどが狙いだと書いている。

 両国の政治的関係がしっくりいっていない現状はあるが、スポーツは別で、むしろこうした協力は、

  「両国の関係を好転させることができると確信する」

と韓国の金正幸会長が述べているのだ。

 朝日新聞も同日付の社説で、五輪は「平和の祭典」だから外交関係が揺れる中国や韓国ともわだかまりなく交流できる雰囲気作りは欠かせないし、18年には平昌で冬季五輪があるからこの好機を逃さずに官民挙げての友好をめざしたい、と手を取り合って互いのオリンピックを成功させようと呼びかけている。

 ところがネットでは、朝日新聞の社説とJOCとKOCの「全面協力」の記事について大反発が起こっていて、掲示板「2ちゃんねる」の「祭り」に発展。JOC共同通信東京都庁文部科学省の電話番号やついったーアカウントを晒して「抗議をしよう」など大荒れの状況だ。

韓国では今も「東京五輪は中止させるべき」と言っていると反発
 ネットには、

  「日韓戦で日本人が韓国人から暴行受け続けている。今回も五輪招致で妨害受け、いままでの借金もかえさない連中に、なに媚売ってんだ!」
  「韓国は東京五輪をボイコットするんじゃなかったの?あれだけ妨害活動しておいて、今でもクサしているじゃないか」
  「竹田会長はバカですか?後ろからバットで殴ってきた国となに協力なの?? 」
  「また金を融資してもらい、ほとぼりが冷めたら反日を繰り返すだけの連中。その前に仏像を返せ」

などといった書き込みが出ている。

 また、東京オリンピック開催が決まった13年9月8日から韓国内で「東京五輪は中止させるべき」「世界各国にボイコットさせよう」などといった呼びかけが起こり、福島第一原発の汚染問題を皮肉った東京五輪を蔑むようなパロディポスターが作られているとネットで取りざたされ、いくつもの写真がアップされている。夏季オリンピック開催地の決定直前に韓国は、東京電力福島第1原発の汚染水漏洩問題を理由にし、日本の8県から水産物輸入を全面的に禁止すると発表したことなども、「全面協力」を否定する感情を生んでいるようだ。

 もっとも韓国政府は東京開催の決定を受け、劉震竜(ユ・ジンリョン)文化体育観光相が下村博文文部科学相に祝電を送り、また、李丙ギ(イ・ビョンギ)駐日韓国大使も岸田文雄外相に五輪開催決定を祝うメッセージを送ったと報道されている。


ポリ銀の感想

中韓を無視せよと教えてくれたのが、実は福澤諭吉先生だったのですが、このことを意外と知らない人が多いんですね。日本が中韓を無視することが出来ていれば、アメリカとの戦争もなかったのですが。

いやもっと時をさかのぼれば、一切朝鮮半島を無視して富国強兵策に邁進し、日英同盟・日米同盟を主軸に海洋国家戦略をとっておけば、アメリカに満蒙を侵略させて利害衝突を回避できたのです。たしかにアジアの解放は100年遅れたでしょうけれど、日清戦争日露戦争も回避できたのです。いや、日中戦争大東亜戦争もなかったのです。

戦後の日本は、戦前とは反対のベクトルで亡国の道を進んでいます。協力しましょうと口だけで言っておいたらいいんです。協力はしますがお金は出しませんよ。それでいいんです。ノウハウは教えてやりゃあいい。日本は東京五輪の開催を抱えているんだから、冬季の二年後はアンニョンハセヨ!でいいんです。

中韓がボイコットしてもいちいち騒がない精神力を持てばいい。