人生に意味はあるのか

人生には何の意味があるのでしょうか。

そんなことを考えてみた事はありますか。

僕は考えてみた事はありました。

いくら哲学書を読んでも分かりませんでした。

なぜかというと、賢い哲学者でも結局はこの一生しか分からないからです。

本有常住の事の一念三千というものには到達し得ないからです。

死ねば終わりの世界ならば人生には意味はありません。

歴史に名を残そうが、富と名声を手に入れようが死ねば終わりです。

そこに意味を感ずるのは自己満足以外に何もありません。

しかし、無始無終の世界が存在し、その世界と同等の存在として我々が永遠に存在しているとするならば事情は異なってきます。

ゴキブリでも死ぬのが嫌で逃げまくるのはなぜか?

生きることが仏縁を結ぶ最大のチャンスだと命が知っているからです。

染浄の二法。

本当に不可思議なことですが、法性(悟り)も無明(地獄)も同じ一念三千の当体の、変化した姿に過ぎないからなのです。

この不可思議。いまだ僕には理解できませんが、そうして存在するこの十法界に外側はありません。ならば仏界に至る道を歩きたいと願うばかりなのです。