本当は教学の勉強ほど楽しいものはない

信・行・学は仏法実践の全てです。

信じることが第一で、第二が行じる事。そして第三が学び。優劣はあるかもしれませんが、欠けることは許されません。僕の課題も教学にあると思っています。

教学の勉強はとても難しいですが、自分の信心で学んで行くほかありません。

学会流の解釈が全て間違いとは言い切れませんが、戸田さんに始まる学会教学に違和感を感じるようになりました。

何かが違うと。

池田さんに教学力があったかなかったか、それはもう今となっては分かりません。しかし、西洋哲学とか科学の知見で説明していることは、分かりやすいけれども的を外してしているように思います。

貎下様の御指南を根本に、指導教師たる御僧侶のお話を真剣に拝聴し、その上で自己研鑽に励むほかありません。

御書・六巻抄・御書文段・法華経…在家の独学でどこまで理解できるかは分かりませんが、自分の信心に応じて読めるようになると思います。

人には説明できなくても、信心が深まれば得心できるようになります。

皆さん、頑張ってまいりましょう。僕は死ぬまでに御書・六巻抄・御書文段・法華経を読みたいと願っております。