★なぜ日本人には、アメリカの対中国政策が理解できないのか?

== RPE Journal===================================================

 
       ロシア政治経済ジャーナル No.958

                         2013/8/20

================================================================

北野です。


皆さん、「アメリカは親日なのでしょうか、親中なのでしょうか?」

ホントのところ知りたい方は、ご一読ください。


詳細は、【本文】で!↓


(●すぐ下のおいしい話も注意してごらんください。)









【無料】

                                                    • -

●ついに今日、封印になります

                                                    • -

証明済み


1日わずか【30分】の労働で、

10年連続年収【2億】以上!

30代前半にして、すでに資産【30億円】!


本田健さんの本で紹介され、世に知られ、


「バリバリバリュー」に出演し、世間を仰天させた男。


バリバリバリューに出演の映像。

http://www.youtube.com/watch?v=FcyGNM-WgGk


若き億万長者・神王リョウが、その秘密を暴露。


「なぜあなたも幸せな億万長者になれるのか?」


知りたい方は、いますぐこの情報をゲットしてください。

【無料】↓

http://tinyurl.com/n7mnmep
(●本日封印です。お急ぎあれ)









【無料】

●サラリーマンがノーリスクで起業する方法とは?


初めまして。

シーサイドレーベル株式会社代表取締役の藤田です。

もし、あなたが以下の項目に1つでも当てはまるのであれば、
この【無料】動画セミナーはおおいに役立つはずです。


・何のスキルも経験もないので、起業できるどうか不安だ。

・サラリーマンがリスクなく起業する方法を知りたい。

・会社にしがみつかずに自由な生活を手に入れる方法を知りたい。

・会社を辞めずに起業できる方法を知りたい。

・起業したいが、どんなビジネスがしたいのか全くイメージできない。

・家族や子供に自慢できるステイタスが高いビジネスで起業したい。

・起業するからには年収1000万円は確実に達成したい。

・起業したいが、自分の実力で10年も20年も稼ぎ続けられるかど
うか不安だ。

・起業したいが、自分には何が向いているのか分からない。

・雇われない生き方にあこがれているが、最初に何をすべきか分
からない。

・1年以内に起業して大きく儲けられるようになりたいと本気で思っ
ている。

【無料】↓
http://tinyurl.com/msbd5ts










【*メタボ必見】

                                                              • -

●食べる順番を変えるだけで痩せる!

                                                              • -

●●を最初に食べるだけで、痩せます。

簡単な方法ですのですぐできます。

痩せるばかりでなく、若返り効果も!


メタボでお悩みの方は、いますぐこちらの情報
を入手してください。

【無料】↓
http://tinyurl.com/lmgjocm










【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」「リーマン・ショック

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等『多極主義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料・証拠つきで、真実を暴露していきます。


おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

2012、13年Eブック大賞・優秀賞連続受賞することができました。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://mailzou.com/get.php?R=48689&M=22753

==============================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1ー、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
================================================================

★なぜ日本人には、アメリカの対中国政策が理解できないのか?


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●北野の悩みとは?
詳細は【編集後記】で! )



現在、日本の現実的脅威は、中国一国です。

なんといっても、「尖閣・沖縄は中国固有の領土である!」と
主張し、

現実的アクションも起こしているのですから。


それで、安倍さんは、「中国封じ込め外交」を展開しています。


そして、今の日本にもっとも重要なこと。


いうまでもなく、「アメリカの動向」を知ることです。


具体的には、アメリカは、「日本の味方」なのか「中国の味方」
なのかを知ること。


実際、日本の「自主派保守」の中には、「米中は組んで、日本
をたたきつぶすことで合意した」という人までいます。


(本当にそうであれば、日本に勝ち目は全然ない。)



逆に、「アメリカは、『中国包囲網』をつくっている」という人もい
る。

とにかく、アメリカは「親日」なのか「親中」なのか、「反日」なの
か「反中」なのか、

フラフラしていてよくわからない。


今回は、「なんでそうなのか?」を知りましょう。


▼「自滅する中国」


先日、再臨の諸葛孔明、日本一・世界有数の地政学者・


奥山真司先生


から、先生の監訳本「自滅する中国」という本をプレゼント
してもらいました。



●自滅する中国

(詳細は→ http://tinyurl.com/l2f87d6 )



著者は、「世界3大戦略家」とよばれる、

エドワード・ルトワックさん。


ルトワックさんは現在、戦略国際問題研究所CSIS)の上級
アドバイザー。


CSISは、キッシンジャーさんやブレジンスキーさんが理事を
つとめている。


陰謀論にもよく登場する、アメリカの政治に大きな影響力をも
保守系シンクタンクです。


つまり、ルトワックさんの本も、アメリカの国策に少なからず影
響を与えるということ。



そんな人が、「なぜ中国は自滅するのか?」を詳述しているの
は、とても興味深いです。


「中国の行方」。


これは、日本人にとっても重大問題。


RPEを読んでおられるスーパーエリート読者さんには、必ず有
益な内容です。


ぜひともご一読ください。


●自滅する中国

(詳細は→ http://tinyurl.com/l2f87d6 )



さて、この大著の内容をすべて書き出すことは不可能です。


今回は、一つのテーマだけ触れておきましょう。


それが、「なぜ日本人にはアメリカの対中政策が理解できない
のか?」です。


▼アメリカ親中派の正体


まず、知らなければいけないこと。


アメリカには、「三つの対中国政策」がある。


そして、対中政策が「正反対」のベクトルを向いている。


考えてみれば、日本にも、「親米」「反米」「親中」「反中」がいるの
で、アメリカがそうであってもおかしくありません。


しかし、他国のことになると、そこまで考えがおよばないのですね。


まず、「親中勢力」をみてみましょう。



<アメリカの対中政策の一つ目は、


「中国の経済成長の力強い促進」


である。

アメリカの対中国政策のなかでこれに最も近いのは


財務省
~~~~~~~

のものである。

それは、アメリカの公共財政の番人として、そしてアメリカ
政府内での民間ファイナンスの擁護者である、

財務省自身のためでもある。

あるいは、最低でも国際的に活動している


ウォール街」の大企業のためである。>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(自滅する中国)




なるほど〜。

なんとなくわかりますね。

日本でも、経済界に親中が多い。


彼らは、中国での「金儲け」を第1に考えているので、親中に
なる。

アメリカも同じということです。


では、アメリカ財務省ウォール街 と 中国はどのような利
益を共有しているのでしょうか?


まず中国は、対アメリカで膨大な貿易黒字を抱えています。

それで、資金がたまっていく。


しかし、中国はその資金で、ドル、アメリカ国債、その他ドル
建て債券を買うのです。


これが、アメリカ財務省ウォール街の利益。


では、なぜ中国はそれをするのか?


ドルを買えば、ドルは高くなり、人民元は安くなります。


そして、人民元が安ければ、中国製品の競争力は保たれ、
中国は「世界の工場」でありつづけることができる。


このように、


アメリカ財務省ウォール街 と 中国


は「利害共同体」になっている。


ルトワックさんは、財務省が「金融」にしか関心をもたず、

彼らのせいで、アメリカ製造業が凋落したと非難しています。


国務省は反中(だった?)


二つ目の対中政策について、ルトワックさんは。



<アメリカの二つ目の対中政策は、「国務省の中国との対決路
線」である。>



としています。


この政策を主導していたのが、ヒラリー・クリントンさん。


彼女が、「反中」だった例として、ルトワックさんはいろいろ
例をあげています。


・ヒラリーは、「南沙諸島の紛争は、二国間ではなく、多国間協議
で解決されなければならない」と主張

(二国間では、大国中国のほうが有利になるため)


・ヒラリーは、「尖閣諸島日米安保の適用範囲に完全に含まれ
ている」と宣言し、

中国の主張を退け、日本を守った


クリントンは、ミャンマーを味方につけることに成功した


クリントンは、インドとの協力を拡大することで、中国をけん制し


・アメリカ国務省は、日本、フィリピン、インドネシアベトナム、シ
ンガポール、インドとの関係を強化し、

反中「真珠の首飾り」を構築している



等々。


このようにヒラリーさんは、「反中」だったのですが、すでに

「前」国務長官である。

時代の移り変わりの速さを感じますね。


現在のケリー国務長官は、「より親中」といわれています。


実際国務省は、「行ったりきたり」ということでしょう。


▼「国防総省」は、中国「封じ込め」をサポートする


三つ目の対中政策。



<アメリカの三つ目の対中政策は「国防総省」である。

(中略)

2010年以降のアメリカ国防総省全体と陸・海・空・海兵隊の四
軍は、

段々と明確になってきた国務省の対中政策全般の「封じ込め」
政策を支援するという意味で、

非常に大きな効果をあげてきた。>




国務省の「封じ込め政策」を「国防総省」が強力に支援してきた
と。


のみならず、



国防総省全体、そしてアメリカ空軍および海軍にとって、中
国は少なくとも計画・調達の目的の上ではさらに決定的な形で、


明らかに将来の「主敵」になっている。>




頼もしいですね。

国防総省にとって中国は「主敵」だそうです。



▼なぜ日本人には、アメリカの対中国政策が理解できないのか?


こう見ると、「なぜ日本人にはアメリカの対中政策が理解できない
のか?」がすっきりわかります。


まとめると、


財務省ウォール街は。親中である

国務省は、親中と反中の間をゆれる

国防総省は、反中である


ということなのですね。


で、日本の専門家は、一つの勢力の動きだけ見て、アメリカは

「親中だ!」「反中だ!」という。



実をいうと、「三つの主体」について理解しなければいけないの
です。


ちなみに、このルトワックさんの「自滅する中国」。


さすが、「世界3大戦略家」といわれるだけのことはあります。


中国が自滅してしまう、「歴史的理由」から、

(*孫子が中国を邪魔する???)


現在着々と構築されつつある、「中国包囲網」の詳細まで

(日本、オーストラリア、ベトナム、モンゴル、インドネシア
フィリピン、ノルウェーの動向)


350p、多角的かつ深い分析がなされています。


(しかも、結論が日本人好みでうれしい!)


RPEのスーパーエリート読者さんの、知的好奇心を絶対的に
満たすだけでなく、


日本と米中、そして世界の未来を知るためにもとても有益で
す。


北野絶対お勧め。

迷わずご一読ください。



●自滅する中国

(詳細は→ http://tinyurl.com/l2f87d6 )





「もし、プーチンが日本の首相だったら?」




【4刷決まりました!】

【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)



↓「危機克服本」コーナーへ
================================================================








【株やってる人必見!】

●第3の投資法とは?(上がっても、下がっても儲かる?!)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

株式市場、乱高下がすごいですね。

皆さんの心も、株につられて暴騰したり、暴落したりしていま
せんか?

今回は、株が「暴騰しても暴落しても」「どっちも儲かる」という
驚きの投資法をご紹介します。



「ファンダメンタル」でも「テクニカル」でもない、【第3の投資法】。

なんと以下のような、驚きの特徴があります。

・相場は上がっても、下がっても、どっちでもいい(!)
・売買タイミングは、いつでもいい(!)
・テクニカル指標は、いらない(!)
・トレード時間は週30分(!)
・年利は、〜50%程度
・トレード手法を身につける時間 = たったの1〜2日!!!

この【第3の投資法】を知る方法。

概要を知るために500円かかります。

とはいえ、たった500円なのに【90日の完全返金保証】がつい
ている。

ですから、迷うなく申し込んでごらんになってみてください。

ちなみに解説をされている江崎先生は、3万3000人の投資家
をサポートしていて、絶大な信用をほこる方です。

私も早速見ましたが、本当に参考になりました。

まじめな個人投資家の方は、いますぐごらんになってください。

詳細は

http://tinyurl.com/b7xsjbf









↓「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 



●「『ツキ』の法則!」

(詳細は→ http://tinyurl.com/yj3ww7q )


皆さん、自分のこと「ツイてる人間だ!」と思っていますか?

それとも「ツイテない人間だ」と思っていますか?

もしあなたが今「ツイテない人間」であっても問題ありません。


医学博士・理学博士・農学博士の佐藤富雄先生が

「科学的に」「ツイてる人間」になる方法を教えてくださいます。



<さあ、これから、あなたが強運体質に生まれ変わるための確実な
方法をお教えします。

「確実な」というからには、きちんとした根拠があります。

進化論、大脳生理学、生科学といった「サイエンス」に立脚して「ツキ」

を分析し、ツキを呼び込むための科学的方法を具体的に提示して
いきます。>(まえがきより)


内容は、

・言葉を使ってツキを呼び込む方法

・快楽ホルモン・ときめきホルモンを出すことでツキを呼び込む
方法

・自動目的達成装置を起動させる方法

・勝ち組遺伝子をオンにする方法

・77歳になってもスキーができる超健康法

・ツキを呼び込む3つの法則

・人生を書きかえる15分のイメージング

・確実にツキを呼び込む7つの習慣とは?


等々、盛りだくさんです。

佐藤先生の本の特徴は、


・説明が科学的で、万人が納得できること

・抽象論・精神論がなく具体的であること

・方法が誰でもできること

でしょう。

もしあなたが今、「俺ってツキないよね〜」とゲンナリしているの
なら、今すぐこの本をゲットし、方法を試してください。

効果はすぐでるはずです。

あなたが人生を激変させるお値段はたったの560円です。



●「『ツキ』の法則!」

(詳細は→ http://tinyurl.com/yj3ww7q )



★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


↓おたよりコーナーへ
================================================================






【無料】

●106歳まで生きた男の超簡単健康法


100歳で元気に講演をし、106歳になる10日前
に亡くなった塩谷信男医学博士の作り上げた、健康も富
も栄光も、全て思いのままになる秘法を簡単に紹介します。


【無料】ダウンロードは↓
http://mailzou.com/get.php?R=48999&M=22753

●106歳まで元気だった人の健康法・成功法ですから、
説得力あります。

そして、何よりも「簡単」な方法です。(北野)








↓おたよりコーナーへ
================================================================

★Mさまからおたより


はじめまして、Mと申します

このメールは北野さんの励みになればと言う思いと日頃のお礼を兼
ねてを形にしたものです、

北野さんのメルマガを読み始めてどれぐらいたったか正確には調べ
てないのですが、2年か3年そんな感じです 

2年と3年は1年の開きがありますが、調べる前に兎に角メールを打
ちたくなったのです、


情報の洪水の中にもかかわらず、50誌ぐらいのメルマガを読んで
います

読んでいますと言っても全部を見ているわけではありません

自然とより分けがされている感じです

その中で北野さんのメルマガは興味深いものです

今の私にとって強い感心のあるものです


なぜメールを打ちたくなったのか、それは北野さんの夢を拝見した
からです

人類と自然の調和した地球  

まったくもって素晴らしいと思います

それと無料でメルマガを出し続ける理由です、

洞察力のあるメルマガ心より参考にさせていただき勉強させても
らいます


話は変わりますが、昨日 RPE世界を変えた日本を読んでいて

危機克服本の所を拝見してまして、はっと思ったのです

それは紹介されている本が読んだもの、買ったけど読んでないも
の、立ち読みして

買わなかった物でして、いやはやもったいない事をした、そして
ハットしたのです

何かと言うと私は成功哲学自己啓発、スピリチュアル、などの本
に強く惹かれた頃がありまして色々買い求めてはいました、

ところがやはりと言う感じで本に書いてある事を実際にやっていな
かった、

またはできるまでやっていなかった事に改めて気付かされたので
す、

北野さんのおかげです。


それと北野さんは本を読み込んでるな、私はそんなに何回も読んで
なかったなと気付かされました、

マスターの教えは本屋で見つけて強く惹かれた本ですが、

それでも7回か8回です、

100回には到底及ばない、私も読み込んでみることにします。



ここ4年ぐらいは稼ぐ為の本を物色していました、アフィリエイト
ドロップシッピング、など

そして踏み出したのが投機です、株、FXこれによって自立をし
ます

まずはここからです、まずは自らの経済を豊かにしなければと
夢中です

私はまずそこからです


北野さん私はあなたのメルマガは日本国民全員が目を通したらいい
と思うメルマガのひとつだと思いますよ、読むだけは読んでみて欲し
いメルマガです

これからも発展していってください

多くの人に読まれることを望んでいます

それでは失礼します。 




↓編集後記へ
================================================================







【無料】

●北野、相当はまりました


先日、イギリスの起業家ピーター・セージさんの本を読んで
かなりはまっていました。

皆さん、「豊かさマインドを身につければ、お金が洪水のよ
うに流れこんでくる?」という話聞いたことありますか?

でも、「豊かさマインドってなに?」ときかれたら、なかなか
答えられなくないですか?

この本にバッチリ答えが出ていました。


皆さん「初期資金がないからビジネス立ち上げれない」と
思っていませんか?

ピーターセージは22社立ち上げたのですが、なんと21社は
資金ほぼゼロからはじめたのだそうです。

どうすればそんなことができるのでしょうか?


等々、ホント目からウロコがバンバン落ちました。

そうそう、私が読んだピーターセージさんの本は、

【完全無料】です。

とはいえ、そんなに長く公開されていないと思いますので、いま
すぐゲットしてください。↓

【完全無料】ダウンロードはいますぐ↓
http://mailzou.com/get.php?R=29012&M=22753









↓編集後記へ
================================================================

★編集後記


私が住んでいる場所の近所に、広大な森があります。

リスもいるし、鹿もいる。

モスクワは、大都会なのに、大きな森が点在しているのですね。


それはいいのですが、蚊も結構いるのです。


で、私の深刻な悩み。


「ロシア蚊アレルギー」があるのです。


日本の蚊にさされたときはそれほどでもないのに、ロシアの蚊
にさされると、腫れがものすごい。


ロシア人が見ると、重病になったかと驚かれます。


それで、夏は森にあまり近づきません。

嗚呼、そういえば、春は花粉症で近づかない。


結局、広大な森の自然を満喫できるのは、秋だけなのです。(涙)



RPEジャーナル
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。


================================================================


メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================
◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが? "マナー・一般常識"ジャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
http://www.mag2.com/w/0000258149.html  平日刊

高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法
則を全て公開します。年収1000万円を超えるには、脳みそとこころの両方が進
化しなければなりません。そしてそんな進化は、人生すべての局面でプラスに
作用するのです。そんな進化とは何か?をお届けする、「まぐまぐ殿堂入りメ
ルマガ」です。
学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な
考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。

★発行者webもご覧ください↓
http://showon-sato.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

┏┛ ̄ ̄┗┓
┣┳┳┏┻┃今なら!まぐポイント 【100億円】相当 プレゼント中!
┃┃┃┗┳┛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┗┻┻┫┃ イマナラ!
…… ┃┃ 新規の有料メルマガ購読に使える【まぐポイント】を
…… ┃┃ 全ユーザ様にもれなく 【1000pt】 プレゼント!
…… ┗┛ 詳しくはURLへ!!
http://a.mag2.jp/FrB1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【広告するなら、まぐまぐ!】━
大量に配信、確実な登録。メルマガ広告はクリック先のユーザー登録に強い!
30種類以上のメニューから、お客様に最適なプランをご提案いたします!
☆広告のお問い合わせはこちらから⇒ http://a.mag2.jp/iIks
☆低予算でご検討の方はこちらから⇒http://www.mag2.com/ad5/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━