使えてナンボの「戦略論」

┠──────────────────────────────────
┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2013年08月12日 使えてナンボの「戦略論」
┠──────────────────────────────────

おくやまです。

今回は少し根本的なことについて書いてみたいとおもいます。

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、
私は今年の四月から都内の某大学でクラスを一つ担当しております。

そこで教えているのは、
主に国際関係論から見た安全保障問題。
しかも、授業で学生たちが読んでいるのは、
かなりバリバリの理論系のものばかり。

もちろん私も翻訳で国際関係の理論系の本を
少なくとも三冊(ミアシャイマー、ウォルト、レイン)やったおかげで、
この分野の理論には抵抗なく、
むしろ好んで研究しているところがあるわけですが、
最近気づいたことが一つあります。

それは、国際関係の理論を習っただけでは駄目だということです。
何が駄目なのかというと、それが実際の「自分」の人生に役立たせることが
(かなり本気で応用する気にならないと)不可能であるからです。

もちろん国際関係の理論というのは、
それを習得できると驚くほど(本当に「驚くほど」です)
国際政治の現象を大きな面から理解できるようになりますし、
思考の幅も圧倒的に広がります。

そういう意味では、本当に興味のある人には、
私はことあるごとに国際関係論の分野の勉強を勧めております。

ところが、私自身はどうかというと、どうも戦略学というか、
戦略研究(strategic studies)に毒されてしまった人間なので(苦笑)、
どうも理論が実際に自分の行動に使えないと面白くないわけです。

ようするに何を言いたいかといえば、国際関係論の理論と戦略論を比べると、
実際に自分の行動に役に立つのは戦略論のほうだ、ということです。

たとえば戦略学のほうで有名な人物に
バーナード・ブロディ(Bernard Brodie)という人がいます。

この人は晩年に書いた『戦争と政治』(War and Politcs: 1973年)
という分厚い名著の中で、「結局のところ、戦略は実践・実行のための理論だ」
という有名な言葉を残しているのですが、
これこそがまさに戦略論のエッセンスをあらわしております。

戦略論というのは、使えてナンボの世界なのです。

  • :-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-

では、実際に戦略論の知見として
本当に役立つものはどのようなものなのでしょうか?

私が翻訳した先生の本である『戦略の格言』の中に、
いくつか「使える」ものがあるので、ここで簡単にご紹介しておきます。

たとえば私が好きなのは、

「サプライズは避けられないが、それが及ぼす影響は防げる」

というものです。

プライズというのは、
軍事的には「奇襲」という意味合いが強いわけですが、
この概念は戦争だけでなく、
人生や仕事などにおいても十分応用の効く、優れもの。

これと似たようなことを、
私は最近になってイギリスの諜報機関の元トップや
某国への日本大使の方から別々に聞いたのですが、
彼らは異口同音に「国際政治では何が起こるかわからない」
ということを後輩たちに向かって説いておりました。

これは危機管理の言葉としてもそのまま使えるものですが、
日本の場合はどうも「サプライズがある」ということを
念頭に置いてはいけないような文化的な風潮があることが、
やや気がかりな点でしょうか。

日本が現在行なっている一連の外交交渉や、
周辺国との紛争の可能性など、
プライズがいつ起こってもおかしくない状態が続いております。

そこで問われているのは、
われわれは「サプライズが及ぼす影響」を防ぐ努力をしているのか?
ということなのです。

これは国際関係の「分析の仕方」を教える理論のものよりも、
戦略論ではイザという時にどう考えればいいのか
ということを教えているという点で、
やはり「自分の行動に役に立つ」理論なのです。

===

ちなみにグレイの『戦略の格言』ですが、
これは私が今まで翻訳したものの中で、
個人的には最も勉強になった本のうちの一つです。

▼『戦略の格言─戦略家のための40の議論』
 http://goo.gl/LKHQ5T

ただし難点は、「戦略の階層」の概念や
最低限の戦略学の知識がないと、
そもそも書かれていることの重要性そのものがわからない・・・
ということですが・・・・

今さらですが、「戦略の格言」はオススメです。

( おくやま )

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

米国発の中国分析について知りたくないですか?

世界覇権国アメリカにはたくさんの中国レポートがあり、
そのため、またさまざまな立場の中国対策があります。

日本国内にある中国情報と全く違う視点であるため
非常に視野が広がります。

パンダハガー(親中、媚中)とドラゴンスレイヤー(反中)
という2つの立場から中国問題を切り込んでいます。

・資源含めた経済面からと中国包囲網という戦略からの視点も加わります。

米国の三大戦略家の1人、ルトワックと
ジム・ロジャーズも絶賛する商品相場分析のモヨ。

奥山真司最新翻訳書から米国の対中政策や対中分析を読む。


詳しくは以下のURLをクリックして下さい。
http://www.realist.jp/china.html

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

(編集後記)

管理人です。

今日はやけに電車が空いているな、
と思っていたのですが、世の中はお盆休み、だったのですね・・・。

それはともかく、最近管理人が読んで面白かった本がありまして、

日本国憲法はどう生まれたか?
 原典から読み解く日米交渉の舞台裏
 http://goo.gl/pM7roL

今、何かと話題の「日本国憲法」ですが、
いままであまりなかったような切り口で、
管理人は非常に楽しめました。

内容は、本屋さんでご確認頂くとして、
管理人が印象に残ったエピソードをご紹介致します。

唐突ですが、

"If you stuty a liitle harder
,you will improve your English."

「もっと勉強すれば、あなたももっと英語がうまくなりますよ。」
といった意味でしょうか。

これは、ある日本人が、ある外国人から
「君の英語はうまいねえ」と言われたときの返答です。

日本人が外国人に対して答えた返事が上記の英文です。

この日本人、誰だと思いますか?
ご存知のかたも多いと思いますが、あの白洲次郎です。
で、その外国人は、GHQ民政局のケーディスです。

白洲次郎とケーディスがこんなやりとりもしていたようです。

日本国憲法制定時のお話に詳しい方なら、
思わずにやりとしてしまうかと思いますが、
この辺りの詳細をあまり知らない
管理人もこの本を読みつつ、にやりとしました。(笑)

白洲次郎といえば、「プリンシプルが・・・」という言葉がお馴染みですが、
あの時代の日本人は凄かったのだな…と。

憲法の件だけでなく、集団的自衛の問題など、
国家の在り方に関わる重要案件が一気に押し寄せておりますが、
こういうときこそ、白洲次郎のような「気概」に学びたい、
そんなことも想ったのでした。

( 管理人 )

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

GHQマッカーサーが日本に上陸したとき、あまりに何もない
貧しい国であることに驚きました。

なぜ、日本だけが、イギリスもドイツもできなかった機動部隊をつくり
米国と太平洋上で戦争ができたのか?

それは日本人の精神や積み上がった学問だと悟ったマッカーサー
日本にある有益な図書7,000冊以上を焚書します。
指定図書の研究、回収は、静かに、極秘に行われました。

そこには、日本人の精神をささえてきた歴史の本の数々から、
アメリカ研究や資源研究の本、そして、
戦略にかかわる本、地政学の書籍もありました。

戦後日本では地政学は勉強できません。
大学で専攻できる学部、学科はありません。

今回、英国で学んできた地政学を奥山真司先生が
禁断の学問・地政学を復活させるつもりで、語り尽くします。
ついにやります。

「奥山真司の地政学講座」
詳しくはこちらから
http://www.realist.jp/geopolitics.html

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

▼『管理人Twitter
https://twitter.com/media_otb

▼FacebookPage:リアリスト評議会「アメリカ通信」
 https://www.facebook.com/realist.jp

★奥山真司への講演依頼・執筆依頼は、
【webmaster@realist.jp】までお問合せ下さい。

┠──────────────────────────────────
┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000110606/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが? "生活情報/住宅/その他"ジャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●全国田舎暮らし個人売買不動産物件情報
http://www.mag2.com/m/0000154741.html  不定期

全国田舎暮らし個人売買不動産物件情報は北海道から東北、関東、伊勢志摩
四国、九州、沖縄まで不動産業者の仲介を介さない手数料不要の個人売買不動
産の物件情報掲示板に掲載された新着物件をお届けするメールマガジンです。

★発行者webもご覧ください↓
http://www.ecolife.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

┏┛ ̄ ̄┗┓
┣┳┳┏┻┃今なら!まぐポイント 【100億円】相当 プレゼント中!
┃┃┃┗┳┛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┗┻┻┫┃ イマナラ!
…… ┃┃ 新規の有料メルマガ購読に使える【まぐポイント】を
…… ┃┃ 全ユーザ様にもれなく 【1000pt】 プレゼント!
…… ┗┛ 詳しくはURLへ!!
http://a.mag2.jp/FrB1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【広告するなら、まぐまぐ!】━
大量に配信、確実な登録。メルマガ広告はクリック先のユーザー登録に強い!
30種類以上のメニューから、お客様に最適なプランをご提案いたします!
☆広告のお問い合わせはこちらから⇒ http://a.mag2.jp/iIks
☆低予算でご検討の方はこちらから⇒http://www.mag2.com/ad5/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━