★中国から逃げる日本企業、この先どうなる?

== RPE Journal===================================================

 
       ロシア政治経済ジャーナル No.954

                         2013/8/12

================================================================

北野です。


中国から日本企業が逃げています。

あの国は、これからどうなるのでしょうか?


詳細は、【本文】で!↓


(●すぐ下のおいしい話も注意してごらんください。)








【無料】

●サラリーマンがノーリスクで起業する方法とは?


初めまして。

シーサイドレーベル株式会社代表取締役の藤田です。

もし、あなたが以下の項目に1つでも当てはまるのであれば、
この【無料】動画セミナーはおおいに役立つはずです。


・何のスキルも経験もないので、起業できるどうか不安だ。

・サラリーマンがリスクなく起業する方法を知りたい。

・会社にしがみつかずに自由な生活を手に入れる方法を知りたい。

・会社を辞めずに起業できる方法を知りたい。

・起業したいが、どんなビジネスがしたいのか全くイメージできない。

・家族や子供に自慢できるステイタスが高いビジネスで起業したい。

・起業するからには年収1000万円は確実に達成したい。

・起業したいが、自分の実力で10年も20年も稼ぎ続けられるかど
うか不安だ。

・起業したいが、自分には何が向いているのか分からない。

・雇われない生き方にあこがれているが、最初に何をすべきか分
からない。

・1年以内に起業して大きく儲けられるようになりたいと本気で思っ
ている。

【無料】↓
http://tinyurl.com/msbd5ts









【悪用厳禁】

カルト教団の洗脳技術


あなたは不思議に思ったことがありませんか?

なぜ、聡明かつ知的である人がカルト教団に簡単に操作されてしま
うのか?

なぜ、彼らは洗脳されていることにいつまでも気付かないのか?

そして…なぜ、彼らは「自らすすんでその道を選んだのだ」と思い込
んでいるのか?

この本の著者、デイブ・ラクハニは7歳のころからカルト教団で過ご
した経験から

カルト教団の洗脳や操作のプロセスを徹底的に分析し、それをビ
ジネスや生活の場での説得に応用する方法を長年研究してきま
した。

そして、ついに時間をかけずに人を説得する


「説得の方程式」


見つけたのです。

悪用すれば大変危険な本ですがamazon.comのレビュー4.5の
実用的且つ、非常にオススメできる一冊です。

仕事で人を動かすことがある人は是非、一度チェックしてみて
ください

詳細は↓
http://tinyurl.com/q7jgslr










【無料】

●『犬の手作り食事と健康管理』(超プロが伝授!)

ドックアドバイザー・肥満予防健康管理士監修。

犬の手づくり食と健康管理についてわかりやすくまとめた
レポートです。


【無料】↓
http://tinyurl.com/khrg8hv










【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」「リーマン・ショック

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等『多極主義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料・証拠つきで、真実を暴露していきます。


おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

2012、13年Eブック大賞・優秀賞連続受賞することができました。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://mailzou.com/get.php?R=48689&M=22753

==============================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1ー、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
================================================================

★中国から逃げる日本企業、この先どうなる?


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●「鉄の男」を目撃しました。
詳細は、【編集後記】で!)



中国から、日本企業が逃げ出しているそうです。

これからどうなるのでしょうか?



▼中国から逃げる日本企業


まずは、こちらの記事から。



<日本企業の上期直接投資 脱中国くっきり ASEANに軸足

産経新聞 8月9日(金)7時55分配信

 日本貿易振興機構ジェトロ)が8日発表した「世界貿易投資
報告」によると、今年上期(1〜6月)の日本企業の対外直接投
資額は、

東南アジア諸国連合ASEAN)向けが前年同期比55・4%増
の102億ドル(約9800億円)で過去最高を記録、

対中国向けの2倍超に膨らんだ。>




アセアン投資が、1年でなんと55.4%(!)も増加。

額で、対中国の2倍になったと。

すごいことです。



<昨秋以降の日中関係の悪化や人件費の高騰を背景に、中国向け直
接投資は31・1%減の49億ドルまで落ち込み、生産拠点の「脱中国」
が鮮明になった。>(同上)




31.1%減少(!)。

深刻ですね。

では、中国にかわって増えている国はどこなのでしょうか?



ジェトロの現地調査では、ASEANのうち、上期の日本による
対外直接投資が1位だったインドネシアは、自動車メーカーの新
工場建設や拡張ラッシュに伴い、部品や素材メーカーの進出が
加速している。>(同上)




55%強増えているアセアンのうち、一位はインドネシア



< 上期投資額で2位のベトナムは、チャイナ・プラス・ワンの有
力候補で、現地の日系事務機器メーカーの生産台数が中国を
上回ったという。

 ジェトロは「昨年後半からのASEAN投資の勢いは当面続く」
(梶田朗・国際経済研究課長)と分析する。>(同上)




2位はベトナムであると。

さて、中国ですが、これからどうなっていくのでしょうか?


▼予想された中国経済成長の鈍化


昔からの読者の皆さんは、「なんかRPEで書いてあったとおり
になってきたぞ!」と思われていることでしょう。


RPEでは、05年発売の「ボロボロになった覇権国家」以降、一
貫して同じ主張を書いています。


07年発売「中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日」から引用
してみましょう。


【転載ここから▼】


<では、現在の中国はライフサイクルのどこにいるのでしょうか?

私は、成長期の半ばにいると考えています。(●註、07年時点)

理由を挙げます。

 
1、中国は日本より30年遅れている

清は1912年に滅びました。

その後、中華人民共和国が成立したのは1949年。
 
しかし、毛沢東の政策は、「大躍進」とか「文化大革命」とか、誇
大妄想的。

彼は移行期の政治家といえるでしょう。
 
中国が成長期に入ったのは、1976年に毛沢東が亡くなり、?
小平が実権を握った1978年。
 
?小平が開放政策を宣言したのは78年12月ですから、実質的
には79年からといえるでしょう。

 
日本は第2次大戦に敗れ、1950年の朝鮮戦争で復活のきっ
かけをつかみました。

日本と中国が成長期に入った時期は29年、約30年ズレがある。
 

日本は1960年代、特に後半に急成長しています。

それから30年後の90年代。

中国は急成長をつづけ、90年代後半に世界から注目を集めるよう
になりました。
 

70年代、日本は「世界の工場」の地位を確立。
 
30年後の2000年代、中国は相変わらず急成長をつづけ、「世界
の工場」になりました。
 

日本の全盛期は80年代後半、90年代の初めにバブルが崩壊し成
熟期に入った。
 
ということは、中国の成長期は2020年までつづき、その後成熟
期に入るということになります。>


【▲転載ここまで】



この「国家ライフサイクル論」が、私の予測のベースにあります。


それで、RPEは、「08年のオリンピック、10年の万博前後、バブ
ルが崩壊する、中国の体制も崩壊する」


という「中国崩壊論」に与しませんでした。


バブル崩壊は不可避だが、立ち直りははやい」と予測していた。


実際08年、アメリカ発「100年に1度の大不況」が起こった時、中
国は「一人勝ち」の状態になりました。


それで、「世界はG2(米中)の時代だ」と騒がれたのです。


では、ライフサイクルでみると、中国はいまどこにいるのでしょう
か?


答えは、「成長期後期3〜4年目」となります。

で、これからどうなるの?


▼ライフサイクルと「賃金」


「ライフサイクル」というと、なんだかボンヤリしていますね。


しかし、ライフサイクルを動かす原動力の話をすればもっ
とすっきりするでしょう。


まず、混乱期(=前の体制からの移行期)。


一番重要なのは、「政治の安定」です。

そして、「正しい経済政策」が実施されること。


政治が安定し、正しい経済政策が実施されれば、国は

「混乱期」から「成長期」に入っていきます。


次、成長期前期。

この時期は、「賃金水準の安さ」を武器に急成長していきます。

二桁成長もバリバリありえる。


次、成長期後期。

この時期は、「賃金水準」があがってきて、国内企業や外国企
業が、

他の賃金水準の低い国々に出て行ってしまう。


「空洞化」のはじまりです。



そして、アメリカも日本も、「賃金水準上昇による空洞化」を防
ぐことはできませんでした。


中国にもできないでしょう。。


もう少し、具体的に。

中国と、アセアンで一番投資がのびているインドネシア、ベト
ナム。

一人当たりGDPで比較してみましょう。


・日本=36179ドル

・中国=9146ドル

インドネシア=3986ドル

ベトナム=2783ドル


こうみると、中国はインドネシアより約2.3倍高い。

ベトナムより3.3倍高い。


ですから、中国からインドネシアベトナムに行くのは、
当然の流れでしょう。


さらに、中国の「反日」が拍車をかけます。


一方、日本とインドネシアは9倍、ベトナムとは13倍も差が
ある。


ビジネスの観点から見ると、中国から逃げて、日本にかえる
という選択が難しいことがわかります。


中国から逃げて、インドネシアベトナムに移っていく。


▼中国は、日本を追うが・・・


こうみると、中国は、アメリカや日本が通過した道をそのまま
歩んでいることがわかります。


中国の賃金上昇の流れは今後もつづき、外国企業も中国企
業も、どんどん(安い労働力の)他国に逃げていくことでしょう。


そして、2018〜2020年には、日本の「バブル崩壊」に匹敵す
るできごとが起こると予想されます。


「いや、中国経済はもっとはやくダメになるますよ」という意見も
たくさんあることでしょう。


いま、「シャドーバンキング問題」などがクローズアップされてい
ますね。


また、欧州財政危機が、中国経済に悪影響を与えている。


確かに、2018〜2020年より前に、中国で大きな問題が起こる可
能性もあります。


しかしライフサイクルでいうと、いまだ中国は「成長期後期3〜4
年目」ということで、

「破滅的なできごと」は、すぐには起こらないと思います。


むしろ、「賃金が上がって、外資が逃げていく」「中国企業も逃
げていく」

という現象が、ジワリジワリとこの国の経済を蝕んでいく。


経済成長も鈍化していく。


私はそう思います。


こうして、アメリカ、日本を追う中国。

しかし、日米と中国には違いがあります。


それが、「政治体制」の違い。


バブル崩壊後、日本は「政治が不安定」になりました。

つまり、「長期政権がメッタにでなくなった」。

バブル崩壊後、長期政権だったのは小泉さんだけです。

その前も後も、平均1年くらいの内閣がつづいていた。


これは日本の弱さですが、強さともいえます。


ダメ内閣でも「革命」が起こらない。


一方、中国の場合、経済がダメになれば、すべて共産党の責任。


他の誰かに責任をおしつけることはできません。

(日本のせいにする可能性は高いが・・・・)


そして、選挙による「政権交代」ができないので、どうするの?と
いうこと。


中国の場合、同じく一党独裁だったソ連がそうだったように、「革
命」以外に政権交代の道はないのです。


中国は、2020年前後に、大きな経済的、政治的危機に直面する
ことでしょう。


そして、「共産党一党独裁体制」が崩壊する可能性は高いと思
います。





「もし、プーチンが日本の首相だったら?」




【4刷決まりました!】

【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)



↓「危機克服本」コーナーへ
================================================================








【株やってる人必見!】

●第3の投資法とは?(上がっても、下がっても儲かる?!)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

株式市場、乱高下がすごいですね。

皆さんの心も、株につられて暴騰したり、暴落したりしていま
せんか?

今回は、株が「暴騰しても暴落しても」「どっちも儲かる」という
驚きの投資法をご紹介します。



「ファンダメンタル」でも「テクニカル」でもない、【第3の投資法】。

なんと以下のような、驚きの特徴があります。

・相場は上がっても、下がっても、どっちでもいい(!)
・売買タイミングは、いつでもいい(!)
・テクニカル指標は、いらない(!)
・トレード時間は週30分(!)
・年利は、〜50%程度
・トレード手法を身につける時間 = たったの1〜2日!!!

この【第3の投資法】を知る方法。

概要を知るために500円かかります。

とはいえ、たった500円なのに【90日の完全返金保証】がつい
ている。

ですから、迷うなく申し込んでごらんになってみてください。

ちなみに解説をされている江崎先生は、3万3000人の投資家
をサポートしていて、絶大な信用をほこる方です。

私も早速見ましたが、本当に参考になりました。

まじめな個人投資家の方は、いますぐごらんになってください。

詳細は

http://tinyurl.com/b7xsjbf









↓「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


●「人生の目的が見つかる 魔法の杖」

(詳細は→ http://tinyurl.com/mxflcn )


この本は、こんな人々のために書かれています。


・やりたいことがない

・何かむなしい

・やる気がでない

・何のために働いているのかわからない

・稼いでも充実感がない

・成功する気がしない

・夢がない

・打ち込めるものがない

・仕事にやりがいがない

・人生の目的が見つからない


↑「え?俺のことだ?」

でもご心配なく。

バブル崩壊後、こういう人々が増加しているのは、当然の現象とい
うべきでしょう。

バブル崩壊前は、終身雇用・年功序列

国と社会が敷いたレールに乗ってさえいればよかった。

つまり、学校卒業してどこかの会社に入れば、死ぬまで安泰だった。

「人生の目的」なんて小難しいこと考える必要がなかったのです。

しかし、現在は終身雇用も年功序列もありません。

自分の人生は自分で切り開いていくしかない。

それで、国民一人一人が「自分探し」をしている状態なのです。


西田先生はこの本で、「どうすれば人生の目的が見つけられるか?」
を解説されています。

それと、人生の目的でも、達成して「幸せになる目的」と達成したの
に「不幸になる目的」があるんです。


大金持ちの社長さんで、奥さんは若くて美人。

大豪邸に住んで高級外車を10台もっている。

ところが、家庭は崩壊し、本人は「誰も信じられない」と嘆いている。


こんな人もゴロゴロいます。


西田先生は、「どうすれば成功し、なおかつ幸せになる目的をみつ
けられるか?」を語っておられます。

要するに「幸せな成功者」になるための本といえるでしょう。


今、上記のように「目的がわからない」「やる気がでない」という方も
「成功街道驀進中」の人もぜひご一読ください。

この本は、あなたが毎日テレビで見かける「見かけだけの成功者」
「実は不幸な成功者」にならないための羅針盤です。


●「人生の目的が見つかる 魔法の杖」

(詳細は→ http://tinyurl.com/mxflcn )


★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


↓おたよりコーナーへ
================================================================






【無料】

●106歳まで生きた男の超簡単健康法


100歳で元気に講演をし、106歳になる10日前
に亡くなった塩谷信男医学博士の作り上げた、健康も富
も栄光も、全て思いのままになる秘法を簡単に紹介します。


【無料】ダウンロードは↓
http://mailzou.com/get.php?R=48999&M=22753

●106歳まで元気だった人の健康法・成功法ですから、
説得力あります。

そして、何よりも「簡単」な方法です。(北野)








↓おたよりコーナーへ
================================================================

★菅井さまからおたより


北野さま

お久しぶりです。

菅井です。


(●北野註

菅井英明先生は、

元香港理工大学副教授です。

「チャイナウォッチャーを30年近く続け、最近ウォッチだけでなく
行動重視に転換された」そうです。  

動機は↓ )


(中略)


ところで、北野様もご関心がおありだと思いますが、麻生氏の発
言が問題になっていますが、いろいろ状況証拠を勘案してパブ
リックスピーキングの立場で検討した、「真相はこうだ」というブロ
グ記事を書いたところ、一日半で1300名が読んでくれました。


麻生氏発言 真相はこうだ↓
http://www.futoikijuku.com/?p=220



どういうわけか宮台真司氏も読んでくれてツイートしてくれたおか
げで広まりました。

もしよろしければお読みになっていただけると幸いです。


それから私のほうは長年のチャイナウォッチャーをやめて、もの
をいうことにしました。

チベットが独立するまで言い続けることにします。


メルマガ『景気循環・バブル・恐慌本をナナメ読む』というもので、
今中国が覇権を取れるか占う、三つの観点の分析をしています。

http://www.mag2.com/m/0001553470.html


それから、毛沢東の矛盾論、古典の六韜韓非子をまとめて「中
国の先を制す三つの古典」という本の出版を企画しています。

今後松本さんと戦略論の研究部会を立ち上げたいとお誘いして
いるところです。

できましたらまたお送りさせていただきます。

それではこれからもよろしくお願い申し上げます。

ロシアも異常気象などが伝えられていますが、どうぞご自愛なさ
りご活躍くださいませ。




↓編集後記へ
================================================================







【無料】

●北野、相当はまりました


先日、イギリスの起業家ピーター・セージさんの本を読んで
かなりはまっていました。

皆さん、「豊かさマインドを身につければ、お金が洪水のよ
うに流れこんでくる?」という話聞いたことありますか?

でも、「豊かさマインドってなに?」ときかれたら、なかなか
答えられなくないですか?

この本にバッチリ答えが出ていました。


皆さん「初期資金がないからビジネス立ち上げれない」と
思っていませんか?

ピーターセージは22社立ち上げたのですが、なんと21社は
資金ほぼゼロからはじめたのだそうです。

どうすればそんなことができるのでしょうか?


等々、ホント目からウロコがバンバン落ちました。

そうそう、私が読んだピーターセージさんの本は、

【完全無料】です。

とはいえ、そんなに長く公開されていないと思いますので、いま
すぐゲットしてください。↓

【完全無料】ダウンロードはいますぐ↓
http://mailzou.com/get.php?R=29012&M=22753









↓編集後記へ
================================================================

★編集後記


「マン・オブ・スティール」(=スーパーマンの新作)
をみました。


私とスーパーマンの付き合いは、かなり長いです。

子供のころ、クリストファー・リーヴのスーパーマン
はまりました。

予告↓
http://www.youtube.com/watch?v=bCIs694jp3k

スーパーマンのテーマが印象的でした。

そして映像のすごさに仰天したことを覚えています。



次にスーパーマンにあったのは、

子供時代を描いたドラマ「ヤングスーパーマン

をみたこと。

これもはまって、全部みました。

特に、スーパーマンの初恋が面白かったです。

予告はこちら。↓
http://www.youtube.com/watch?v=k8I-dLa7Hrw


次は06年のスーパーマン・リターンズ


そして、「マン・オブ・スティール」。


それにしてもアメリカって、スーパーマンバットマン
スパイダーマンは、

主役をかえて何回も何回も同じような話して、

毎回売れるのですね。


ていうか、私も見てますし・・・。


今回も、故郷の星が爆発し、地球に送られたスーパーマン
話。

実の父親役=ラッセル・クロウ

育ての父親役=ケビン・コスナー

育ての母親=ダイアン・レイン


と有名俳優がたくさんでています。


内容は、クリプトン星で反逆を起こした男、ゾッド将軍が
地球に攻めてきた。


スーパーマンがこれと戦うという話。


いままでのスーパーマンと比べると、戦いのシーンが圧倒的
に多くなっています。

映像は、そうとうすごいです。

予告はこちら。

http://www.youtube.com/watch?v=OAVuKPFKrNo



RPEジャーナル
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。


================================================================


メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================

◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが? "生活情報/住宅/その他"ジャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●全国田舎暮らし個人売買不動産物件情報
http://www.mag2.com/m/0000154741.html  不定期

全国田舎暮らし個人売買不動産物件情報は北海道から東北、関東、伊勢志摩
四国、九州、沖縄まで不動産業者の仲介を介さない手数料不要の個人売買不動
産の物件情報掲示板に掲載された新着物件をお届けするメールマガジンです。

★発行者webもご覧ください↓
http://www.ecolife.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

┏┛ ̄ ̄┗┓
┣┳┳┏┻┃今なら!まぐポイント 【100億円】相当 プレゼント中!
┃┃┃┗┳┛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┗┻┻┫┃ イマナラ!
…… ┃┃ 新規の有料メルマガ購読に使える【まぐポイント】を
…… ┃┃ 全ユーザ様にもれなく 【1000pt】 プレゼント!
…… ┗┛ 詳しくはURLへ!!
http://a.mag2.jp/FrB1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【広告するなら、まぐまぐ!】━
大量に配信、確実な登録。メルマガ広告はクリック先のユーザー登録に強い!
30種類以上のメニューから、お客様に最適なプランをご提案いたします!
☆広告のお問い合わせはこちらから⇒ http://a.mag2.jp/iIks
☆低予算でご検討の方はこちらから⇒http://www.mag2.com/ad5/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━