朝の唱題会に参加してきましたよ

明日はいよいよ父の四九日法要なので、事前に墓参してきれいにしてきました。今までの七日ごとの法要で建立していただいた御塔婆も、御墓に建ててきました。

この猛暑は凄すぎですね。9時半くらいに御墓に行きましたが、汗が噴き出てきました。息子も来てくれて二人で明日の準備を完了。

10時からの唱題会にも参詣しました。

父が死んでからの法要・墓参のすべてに付き添ってくれた息子には、本当に感謝しています。高校の成績も学年で常に3番以内ですし、将来は考古学者になりたいそうですが、ぜひ本山に御僧侶として御奉公できる人材になってほしいなというのが、周りの気持ちです。執事様からもお誘いを受けました。

法華講の皆様も愚息のことをお褒め下さり、本当に恐縮しています。先輩から「信心ではお父さんを抜いてしまいましたね。お父さんも息子さんを見習って下さいよ。」と、言われてしまいました。うれしい限りです。

報恩感謝の大事というのは、本当に絶大なのですね。私は葬儀から七日ごとの法要を、日蓮正宗の御僧侶にしていただいただけなのですが、この一月で環境が大きく変わったように感じます。

今では父も救われたと確信しています。

功徳が欲しいという気持ちが消えてしまいました。

功徳を積ませていただきたいと思うようになりました。

この気持ちをなんとか、創価学会顕正会で騙されている人達に伝えてあげたいというのが、今の切なる願いです。


メール porigin@yahoo.co.jp
ライン porigin