安倍首相はほんとうに新自由主義者なのか?

┠──────────────────────────────────
┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2013年08月09日 安倍首相はほんとうに新自由主義者なのか?
┠──────────────────────────────────

和田です。

奥山さんは「セオリーはウソだ」という話をよくしています。

その意図するところは、
「セオリーは、規格、その枠に相手をはめ込むものである」
といった意味合いです。

しかし、同時に奥山さんは、

「あの〇〇〇のコラムが面白いんですよ。すごい情報がいっぱいある。
 でも、その人の情報は整理されていなくて、
 意図がわからなくて、残念な感じがします。
 要するに、"セオリー"がない人なんです・・・。」

なるほど。

そのコラムは私も読んでいたので、全く同じように思いました。
作者に「セオリー」がないから読みづらいのです。
その書き手は、目の付け所自体は鋭いのに、
もっとエキサイトな情報に変えられるはずなのに・・・
と、いつも思っています。

「セオリーはウソ」でありつつ、
思考を構築する上で必要なものなのです。

少し分かりづらいかもしれませんが、
今回は、このエピソードを念頭に置いて、
以下の話を聞いて下さい。

  • :-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:


「安倍首相は新自由主義者だ」と思っている人は多いと思います。
マスコミなどをみていると、そう言っている評論家の人などがたくさんいますし、
ネットでもそのような意見はよく目にします。

また、アメリカからの報道などをみると、
いわゆる「リベラル」派の人からは、
安倍首相はすっかり右翼扱いされています。

しかし、あのリベラル派の"総本山"である『NYタイムズ』紙は、
安倍首相の経済政策を絶賛しているのです。
ノーベル賞を受賞した、経済学者ポール・クルーグマン教授
などがその代表格です。

クルーグマン教授は、民主党系の経済理論を推しているわけですが、
彼らは"新自由主義者"ではなく、"ニュー・ケインズ主義者"です。
つまり、"新自由主義者"と戦っている側なのです。

このまま、日本が今の経済状況を維持して、
不況を脱することができれば、安倍首相の勝ちであり、
それは、クルーグマン教授達にとっても、自らの理論の勝利となるわけです。

クルーグマン教授の理論というのは、端的に言ってしまえば、

マネーを供給し、社会保障をし、もっと増税して、財政出動して・・・
つまり、"大きな政府"をつくることを推奨しているのです。

お察しの通り、この政策はまさにアベノミクスです。
アベノミクスの理論的支柱と言われている、
浜田宏一氏などは"ニューケイジアン"です。

  • :-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:

この例をみれば、すぐわかるように、
そもそも、議論の「前提」となる、「定義」付けからして、
既に間違っているわけです。

日本国内の多くのメディアでは、
いわゆる「B層」と呼ばれる人達をターゲットとして、
新自由主義者は悪」的な印象操作を行なっているかの如くです。

新自由主義」についての定義の理解も曖昧のままで、
実のところ、新自由主義どころか、ニューケイジアン政策をとる
安倍首相のことを「新自由主義者」と称して、
(意図的に?)ミスリードをしています。

国民が望んでいるのは、
大きい政府」なのか?それとも「小さい政府」なのか?
そうではなくて、「その中間」、第三の道的な進み方がいいのか?
それぞれの道でどこまでそれを詰めてゆくのか?

などなど政治家は有権者の意図を汲んで、
「戦略の階層」でいうところの、最上位概念である、
「世界観」を国民と共有することが重要です。
政府の大きさは、自由と義務の大きさに影響します。

一般には政治家や官僚に任せればいいし、
特に階層でいうと下の概念になる、経済政策などはむずかしいので、
専門家に任せて頑張ってもらえばよいのです。

一般の有権者はこれでよいのですが、
マスコミに従事する人、大きな組織の経営者などは、
ある程度、国の方針を語り合い、
政治家や役人達を厳しい目で監視しなければならないのではないか?
と思っています。

そして、そういう自覚がある人こそ、
「前提」や「定義」、つまり、
奥山さんが言うところの「セオリー」の"型"を、
自分勝手に解釈するのではなく、
いったん正確に理解することが重要ではないでしょうか?

  • :-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:

「日本人の中には、外国から見たらエリート層の人達が、
 公共の政策(国防など)にあまりにも無関心だ」

と、アメリカ人から言われたことがあります。

私たち日本人は、今回お話してきたような話題に、
「興味がない」ので、必然的に「セオリー」がない・・・、
という状態なのです。

奥山さんのミッションは、
「戦略を日本人に広める」というものです。
「戦略」や「セオリー」を語る日本人をもっと増やし、
日本に戦略文化を根付かせることです。

日本を巡る情勢の激変のせいもあり、
「アメ通」がずっと主張してきたことが、
多くの方に賛同して頂けるようになってきました。
できるだけ平易に、分かりやすく、この「セオリー」を多くに人に紹介したい。
そう思っています。

引き続き、国防や戦略(のセオリー)に興味を持って頂き、
一緒に考えてゆきましょう。

( 和田 )

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

米国発の中国分析について知りたくないですか?

世界覇権国アメリカにはたくさんの中国レポートがあり、
そのため、またさまざまな立場の中国対策があります。

日本国内にある中国情報と全く違う視点であるため
非常に視野が広がります。

パンダハガー(親中、媚中)とドラゴンスレイヤー(反中)
という2つの立場から中国問題を切り込んでいます。

・資源含めた経済面からと中国包囲網という戦略からの視点も加わります。

米国の三大戦略家の1人、ルトワックと
ジム・ロジャーズも絶賛する商品相場分析のモヨ。

奥山真司最新翻訳書から米国の対中政策や対中分析を読む。


詳しくは以下のURLをクリックして下さい。
http://www.realist.jp/china.html

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

GHQマッカーサーが日本に上陸したとき、あまりに何もない
貧しい国であることに驚きました。

なぜ、日本だけが、イギリスもドイツもできなかった機動部隊をつくり
米国と太平洋上で戦争ができたのか?

それは日本人の精神や積み上がった学問だと悟ったマッカーサー
日本にある有益な図書7,000冊以上を焚書します。
指定図書の研究、回収は、静かに、極秘に行われました。

そこには、日本人の精神をささえてきた歴史の本の数々から、
アメリカ研究や資源研究の本、そして、
戦略にかかわる本、地政学の書籍もありました。

戦後日本では地政学は勉強できません。
大学で専攻できる学部、学科はありません。

今回、英国で学んできた地政学を奥山真司先生が
禁断の学問・地政学を復活させるつもりで、語り尽くします。
ついにやります。

「奥山真司の地政学講座」
詳しくはこちらから
http://www.realist.jp/geopolitics.html

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

▼『管理人Twitter
https://twitter.com/media_otb

▼FacebookPage:リアリスト評議会「アメリカ通信」
 https://www.facebook.com/realist.jp

★奥山真司への講演依頼・執筆依頼は、
【webmaster@realist.jp】までお問合せ下さい。

┠──────────────────────────────────
┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000110606/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが? "生活情報/住宅/その他"ジャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●全国田舎暮らし個人売買不動産物件情報
http://www.mag2.com/m/0000154741.html  不定期

全国田舎暮らし個人売買不動産物件情報は北海道から東北、関東、伊勢志摩
四国、九州、沖縄まで不動産業者の仲介を介さない手数料不要の個人売買不動
産の物件情報掲示板に掲載された新着物件をお届けするメールマガジンです。

★発行者webもご覧ください↓
http://www.ecolife.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

┏┛ ̄ ̄┗┓
┣┳┳┏┻┃今なら!まぐポイント 【100億円】相当 プレゼント中!
┃┃┃┗┳┛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┗┻┻┫┃ イマナラ!
…… ┃┃ 新規の有料メルマガ購読に使える【まぐポイント】を
…… ┃┃ 全ユーザ様にもれなく 【1000pt】 プレゼント!
…… ┗┛ 詳しくはURLへ!!
http://a.mag2.jp/FrB1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【広告するなら、まぐまぐ!】━
大量に配信、確実な登録。メルマガ広告はクリック先のユーザー登録に強い!
30種類以上のメニューから、お客様に最適なプランをご提案いたします!
☆広告のお問い合わせはこちらから⇒ http://a.mag2.jp/iIks
☆低予算でご検討の方はこちらから⇒http://www.mag2.com/ad5/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━