★「NO!」といえるロシア。なぜプーチンは、スノーデン引渡し要求を一蹴できるのか???

== RPE Journal===================================================

 
       ロシア政治経済ジャーナル No.952

                         2013/8/5

================================================================

北野です。


スノーデンさんが、ロシアに一時亡命しました。

それにしてもプーチンは、アメリカの引渡し要求をなぜ
完無視できるのでしょうか?



詳細は、【本文】で!↓


(●すぐ下のおいしい話も注意してごらんください。)











【投資家必見!】

●世界3大投資家ジム・ロジャースは、今どの国に
投資している???


答えは、ミャンマーです。


そういえば、産経新聞8月4日には、


民主化が進むミャンマーで、大手商社などが空港や火力発電所
などのインフラ整備事業を獲得しようと、しのぎを削っている。

ミャンマーは、安価な労働力と人口6200万人の消費市場を抱える

「最後のフロンティア」。>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とあります。

ジム・ロジャースはいいます。


ミャンマーに投資できれば、今は他には必要ない」


「うお!伝説の投資家がそういうのなら俺も!」


そう思っても、「・・・・・・ミャンマーって・・・」


イメージわきませんね。

しかしチャンスも逃したくない。


そんな進んだ投資家の皆さんは、

ミャンマーに特化した」メルマガを読まれることをお勧め
します。

詳細はいますぐこちら。

http://tinyurl.com/k74bgex













【無料】

●神と王の秘密


バリバリバリューに出演の映像。

http://www.youtube.com/watch?v=FcyGNM-WgGk


・年収2億(10年連続)

・資産30億円

・労働時間1日30分


本田健さんに紹介され、一躍有名になった若き大富豪・
神王さんが、

「どうやったら誰でも億万長者になれるのか?」

を教えてくれるそうです。

しかも【無料】で。

こんな機会はメッタにありませんので、いますぐゲットして
ください。↓

http://tinyurl.com/n7mnmep

■私(北野)が見た感想は↓の本文をご一読ください。
http://archive.mag2.com/0001606599/20130803134600000.html













【無料】

●副業しても会社にバレない方法【2013年最新版】


現役税理士があかす


「副業が会社にバレない方法」


2013年最新対応版です。全

ての副業家必見!

スレスレのテクニック

【無料】↓
http://tinyurl.com/knpkhbk













【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」「リーマン・ショック

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等『多極主義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料・証拠つきで、真実を暴露していきます。


おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

2012、13年Eブック大賞・優秀賞連続受賞することができました。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://mailzou.com/get.php?R=48689&M=22753

==============================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1ー、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
================================================================

★「NO!」といえるロシア。なぜプーチンは、スノーデン引渡し
要求を一蹴できるのか???


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●忍者が東京で殺し合いをしました。
詳細は【編集後記】で!)



アメリカの機密情報を暴露して世界を驚愕させた男、

元CIA職員のスノーデンさん。


ロシアへの「一時亡命」が決まりました。



< 【モスクワ】ロシアは1日、米国家安全保障局(NSA)の元
契約職員で米が訴追しているエドワード・スノーデン容疑者が
申請していた一時亡命を認めた。>

(ウォールストリートジャーナル8月2日)



それでアメリカは激怒しています。


スノーデンさんの経歴や、何を暴露したのか、なぜ中国・ロシ
アは彼を守るのか?

等々は、以前のメルマガで詳述しました。

まだ読んでいない方は、是非こちらをご一読ください。

http://archive.mag2.com/0000012950/20130702212646000.html
2013/07/02★なぜプーチンは、元CIA職員スノーデンを守るの?



そして、スノーデン暴露が世界に与えた影響については、こちら。

http://archive.mag2.com/0000012950/20130710134512000.html
2013/07/10★世界を分断させるスノーデン(=元CIA職員)



今回は、なぜロシアは、アメリカの脅迫を「一蹴できるのか?」に
ついて考えます。



▼怒るアメリカ、動じないロシア


さて、ロシアの決定にアメリカは激怒しています。



<カーニー米大統領報道官は「われわれが明確で合法的な要請をし
たにもかかわらず、ロシア政府がこうした措置を取ることに深く失望し
ている」とし、

「スノーデン氏は内部告発者ではない。彼は機密情報の漏えいで訴
追されている」と述べた。

同報道官は、ロシアの決定はまた、両国政府の以前からの法執行協
力をも損なうと強調した。>(同上)



↑怒ってますね。



<ロシアの決定は、9月にモスクワで予定されているオバマ米、プー
チン・ロシアの両大統領の首脳会談に影響する恐れもある。>

(同上)




これも脅しですが、ロシアは知らん顔です。


実をいうと、「シリア問題」「イラン問題」でロシアの協力を
必要としているのはアメリカ。

ロシアとしては、「別に会わなくても損しないし〜」ということ
なのです。



ちなみにスノーデンさんですが、ロシアでは


「他国に人権保護を求めるアメリカ自身が、実は究極の人権
侵害国家だったことを暴露した英雄!」

になっています。


スノーデンの弁護士クチェレナさんは、スノーデンの父親と電
話で話した際、



「息子さんを、『正直な』人間に育ててくれて、ありがとうござい
ます!」


とお礼をいってました。


それが国営テレビRTRで大々的に放送された。


そう、ロシアでスノーデンは、「英雄」なのです。



(もし、あるロシア人がロシアの汚職を暴露すれば、もちろん
国賊扱い」になります。

見る立場によって、「英雄」が「国賊」に、「国賊」が「英雄」にな
るのですね。

例、伊藤博文を殺した安重根

日本ではテロリスト、韓国では英雄。)



それで、美人すぎる女スパイとして有名になった
アンナ・チャップマンさんは、「私と結婚しない?」といって
るとか?


そして、「就職のオファー」も来ているそうです。



<スノーデン容疑者を雇用も=ロシア版「フェイスブック」創設者

時事通信 8月2日(金)7時13分配信

 【モスクワ時事】ロシア版「フェイスブック」とも称される同国最
大のインターネット交流サイト(SNS)「フコンタクチェ」の創設者パ
ーベル・ドゥロフ氏(28)は1日、ロシアに一時亡命が認められた
元米中央情報局(CIA)職員エドワード・スノーデン容疑者(30)
をIT技術者としてスカウトしたい考えを明らかにした。

 ドゥロフ氏はSNS上で「フコンタクチェ以上に人気のあるネット
企業は欧州にない」とアピール。米国家安全保障局(NSA)による
情報監視活動を告発したスノーデン容疑者は「数百万人の利用
者の個人情報保護に取り組めるのではないか」と期待を示した。

同容疑者は長期滞在を視野に「ロシアで働きたい」と話している。>



結構な高給で雇ってもらえる可能性もでてきました。

ちなみに、スノーデンを雇いたいロシアSNSのサイトはこちら。

http://vk.com/

ロシア人の中には、「フェイスブックより、こっちの方がいい」と
いう人が結構います。


▼自立国家ロシア


独裁者プーチンには、いろいろ欠点があります。


言論の自由もありませんし、「反プーチンデモ」の首謀者は次
々と逮捕されている。


いろいろいろいろ、日本人には理解しがたい面があることを
強調した上で、一つ「尊敬」していることもあります。


それは、ロシアを「自立国家」にしたこと。


しかも、メチャクチャ短期間で。


私はすんでたから知ってますが、ロシアは90年代、日本と
同じ「アメリカの属国」でした。


しかし、プーチンは最初の二期(2000〜08年)で、ロシアを
アメリカから独立させた。


どうやって?


ロシアといえば、石油です。


そして90年代、石油業界は、ユダヤ系新興財閥

(例、ベレゾフスキー、アブラモービッチ、ホドルコフスキー
など)

に牛耳られていた。


プーチンは、彼らから石油会社を国家に取り戻したのです。


当然欧米の反発は大きかった。


特に、「ユコス事件」のときは大変でした。

ユコス社長のホドルコフスキーは、当時国内最大手だった
同社を、エクソンに売ろうとしていた。)


ロスチャイルド家を筆頭とする欧州エリート、チェイニーア
メリカ副大統領(当時)等がいっせいにプーチンバッシングを
開始しました。


しかし、KGB軍団をバックにもつプーチンはひるむことがなか
った。


この争いは、

03年ユコス問題、グルジア革命

04年ウクライナ革命

05年キルギス革命

とつづき、最終的には08年8月のロシアーグルジア戦争に
発展していきました。

ついに冷たい戦争が、「熱い戦争」になったのです。


もし08年9月に、リーマンショックが起こらなければ、さらに紛
争は拡大したでしょう。


こうして、ロシアは、アメリカ幕府からの独立を果たしたのです。


ちなみにここまでの話、新しい読者さんは、「トンデモ系?」
と思ったことでしょう。


しかし、この話が真実である証拠は山のようにそろえてありま
す。

興味がある方は、いますぐこちらをチェックしてみてください。


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )



▼「NO!」といえるロシアと日本の違い


日本人は、アメリカからの「自立」をあまくみています。


なんか、「自立派の首相が出れば、すぐ成し遂げられる」みたい
に思っているのです。


しかし、戦後の歴史において、「自立派」の首相はたくさんいまし
た。

でも、ことごとくつぶされてきた。(例、田中角栄橋本龍太郎



つまり、「自立派の首相がでれば一夜にして自立できる」という
は「幻想」にすぎないわけです。


では、自立国家ロシアと、隷属国家日本の違いはなんでしょう
か?



1、エネルギーの自立

まず、ロシアは、原油・天然ガス生産で、共に世界1〜2につけ
ています。

世界一の石油・ガス輸出国で、完全にエネルギーの自立をな
しとげています。


一方、日本の自給率はたったの4%。

ABCD包囲網」の時代から、状況は全然変わっていない。

というわけで、日本がロシアのように自立したければ、「エネル
ギー自給率100%」を目指すべきです。


「絶対不可能だ!」という人もいいますが、

メタンハイドレート、藻油、太陽光、太陽熱、洋上風力、地熱、
小型水力、バイオ、潮力

などなどをドンドン普及させていけば、必ず100%は可能です。

詳細は↓

http://archive.mag2.com/0000012950/20130122160814000.html
日本が【エネルギー超大国】になれる【4つ】の理由



2、食糧の自立

ロシアは、穀物自給率ほぼ100%。

お店には輸入品もたくさんありますが、輸入がとまっても国民が
飢えることはありません。


日本の自給率は、カロリーベースで約40%、生産額で約66%。

現時点でそれほど問題はありません。

しかし、TPPで、自給率がさらに下がる可能性もあります。


「供給元を多角化しておけば問題ない!

輸出国が輸出を止めることはない!」


とウソをいう人も多いですが、08年の食糧危機時、主要コメ
生産国の多くがコメ輸出を厳しく制限しました。


ウィキから↓


<中国やブラジル、インド、インドネシアベトナムカンボジア
エジプトなど主要なコメ輸出国は国内の需要を満たすためコメ
の輸出に厳しい規制を課した。

[67]逆にアルゼンチン、ウクライナ、ロシアとセルビアを含むい
くつかの国では小麦や他の食料の輸出に対し高い関税を課し
たりブロックするなど市場の孤立化に努めたため、輸入国はさ
らなる食料価格の上昇に見舞われた。>



3、軍事の自立

やはり、これも大きいです。

ロシアは、いまだにアメリカに次ぐ「核兵器大国」である。

また、武器輸出大国でもあり、アメリカについで世界2位である。
(2012年)



こう考えると、ロシアは日本と違い、


・エネルギーの自立

・食糧の自立

・軍事の自立



を成し遂げている。

つまり、アメリカは


・「ABCD包囲網」のように、エネルギーをとめることができない

兵糧攻めもできない

・核大国なので全面戦争にも持ち込めない


つまり、プーチンがアメリカをあしらっても、アメリカは実質どう
することもできない。


唯一有効な手段は、「原油価格を大暴落させること」です。

ちなみに原油価格が30ドル台まで下がった09年、ロシアのGD
Pはマイナス7.9%でした。

それで、この方法は、「有効である」ことが証明されています。



もう一つ重要なポイントをあげれば、

FSB(旧KGB)という強力な諜報機関が、プーチンを守っている。


(だからなかなか暗殺できない。

仮に暗殺したらFSBは、その指令を出した人物と家族に報復
するであろう。

「やられたらやり返す!10倍返しだ!」(半沢直樹



というわけで、日本が「自立国家」になろうとすれば、ロシアの
ように、


・エネルギーの自立

・食糧の自立

・軍事の自立


をはたさなければならない。

さらに、


・精神の自立

・経済の自立


も必要。


「日本自立への道のり」は、まだまだ長いのです。

しかし、「千里の道も一歩から」。


最初の一歩を歩み始めることが一番大事です。



「もし、プーチンが日本の首相だったら?」




【4刷決まりました!】

【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)



↓「危機克服本」コーナーへ
================================================================








【株やってる人必見!】

●第3の投資法とは?(上がっても、下がっても儲かる?!)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

株式市場、乱高下がすごいですね。

皆さんの心も、株につられて暴騰したり、暴落したりしていま
せんか?

今回は、株が「暴騰しても暴落しても」「どっちも儲かる」という
驚きの投資法をご紹介します。



「ファンダメンタル」でも「テクニカル」でもない、【第3の投資法】。

なんと以下のような、驚きの特徴があります。

・相場は上がっても、下がっても、どっちでもいい(!)
・売買タイミングは、いつでもいい(!)
・テクニカル指標は、いらない(!)
・トレード時間は週30分(!)
・年利は、〜50%程度
・トレード手法を身につける時間 = たったの1〜2日!!!

この【第3の投資法】を知る方法。

概要を知るために500円かかります。

とはいえ、たった500円なのに【90日の完全返金保証】がつい
ている。

ですから、迷うなく申し込んでごらんになってみてください。

ちなみに解説をされている江崎先生は、3万3000人の投資家
をサポートしていて、絶大な信用をほこる方です。

私も早速見ましたが、本当に参考になりました。

まじめな個人投資家の方は、いますぐごらんになってください。

詳細は

http://tinyurl.com/b7xsjbf









↓「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 



●「面白いほど成功する ツキの大原則」西田文郎

(詳細は→ http://tinyurl.com/lcghwr )


この本にはなんと、日本一の大金持ち・斎藤一人さんの推薦文
がついています!

斎藤一人さんいわく


<人生で成功するには、運もいるし、実力もいるものです。

それと、しっかりした目標。

この3つは、絶対に必要です。

「しかし自分には、そのどれひとつ備わっていないが、何とか成功
者の仲間に入りたい!」

と思う人は、ぜひこの本を読んでください。>

斎藤一人 〜 日本一の大金持ち)



この本は、西田先生の真骨頂といえるでしょう。

「ツイてる人」と「ツイてない人」の違いが、徹底的に記されてい
ます。

もちろん、ツイない人がツイてる人になるための具体的方法も
ばっちりでています。

目次を見てみましょう。


1、どう頑張っても失敗してしまうドツボの大原則

2、悪い予感がよい予感に変わるツキの大原則

3、イヤでも金持ちになってしまうツキの大原則

4、ビジネスで面白いほど成功するツキの大原則

5、恋愛・家庭・子育てがうまくいくツキの大原則

6、いとも簡単に自己変革ができるツキの大原則



要するに、金がなく、出世できない、家庭が崩壊した、自己変革が
できない人が

この本を読み、ツキを手に入れることで、

金はありあまるようになり、

出世し、

家庭が円満になり、

自己実現も成し遂げてしまう、

すごい本と呼ぶことができるでしょう。


さすが、斎藤一人さんが推薦されているだけのことはあります。

皆さんにも必ず役にたつことを確信しています。

迷わずゲットしてください。

●「面白いほど成功する ツキの大原則」西田文郎

(詳細は→ http://tinyurl.com/lcghwr )



★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


↓おたよりコーナーへ
================================================================






【無料】

●106歳まで生きた男の超簡単健康法


100歳で元気に講演をし、106歳になる10日前
に亡くなった塩谷信男医学博士の作り上げた、健康も富
も栄光も、全て思いのままになる秘法を簡単に紹介します。


【無料】ダウンロードは↓
http://mailzou.com/get.php?R=48999&M=22753

●106歳まで元気だった人の健康法・成功法ですから、
説得力あります。

そして、何よりも「簡単」な方法です。(北野)








↓おたよりコーナーへ
================================================================

★Oさまからおたより


北野様

いつもありがとうございます。


マルクスケインズ新自由主義の欠点】の整理、
とても分かりやすかったです。


そのなかでも、
一番心配なのは、新自由主義ですね。。。

TPPにしても、
左から右まで、賛成が多いところが、
恐いところです。

そんな思いを込めて、
拙ブログでも紹介させて頂きました。


■【新自由主義者】は【国家否定】で左を、【愛国心】で右を手玉に取る?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3766.html


まずは、標的を竹中平蔵さんにしました。笑

これからもよろしくお願いいたします。



●北野から

Oさんのメルマガはかなり面白いです。

Oさんは、「日本のよき伝統、歴史、文化を重んじる」
真正保守

しかし、「日本は全然悪くないのだから、どんどんやっち
まえ!」という、情緒保守ではありません。

理想を求める現実主義者で、しかも保守。

是非ごちらをのぞいてみてください。


−−
メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信・無料)
http://melma.com/backnumber_190011/
−−





↓編集後記へ
================================================================







【無料】

●北野、相当はまりました


先日、イギリスの起業家ピーター・セージさんの本を読んで
かなりはまっていました。

皆さん、「豊かさマインドを身につければ、お金が洪水のよ
うに流れこんでくる?」という話聞いたことありますか?

でも、「豊かさマインドってなに?」ときかれたら、なかなか
答えられなくないですか?

この本にバッチリ答えが出ていました。


皆さん「初期資金がないからビジネス立ち上げれない」と
思っていませんか?

ピーターセージは22社立ち上げたのですが、なんと21社は
資金ほぼゼロからはじめたのだそうです。

どうすればそんなことができるのでしょうか?


等々、ホント目からウロコがバンバン落ちました。

そうそう、私が読んだピーターセージさんの本は、

【完全無料】です。

とはいえ、そんなに長く公開されていないと思いますので、いま
すぐゲットしてください。↓

【完全無料】ダウンロードはいますぐ↓
http://mailzou.com/get.php?R=29012&M=22753









↓編集後記へ
================================================================

★編集後記


ウルヴァリン: SAMURAIを見ました。

今回は、「鉄の爪をもつ不死身の男」ローガンが、日本にやって
きます。


話は長崎からはじまりました。

ローガンは、なんと第2次大戦中、長崎で捕虜になっていたので
す。

(あの男を捕まえるなんてすごいぞ、日本軍!)


彼は、なんとそこで、「原爆投下」に遭遇します。

そのとき、矢志田という兵士を救いました。


それから、68年。

矢志田は、日本最大級の財閥の総帥になっていました。

しかし、年老いて、死にそうになっていた。

矢志田は、命の恩人ローガンを日本によびよせます。

そして、ローガンと会ったその日に亡くなったのでした。


矢志田、葬式の日。

やくざ軍団は、孫娘のマリコを誘拐しようとします。

ローガンは、マリコを守り、一緒に逃亡するのでした。


いったい、マリコを狙っている黒幕は誰なのか????


とまあ、こんなストーリー。


日本人から見ると、驚愕のシーンがたくさんたくさんありま
す。


まず、ヤクザが東京のど真ん中でバンバン撃ちまくる。

忍者の大部隊が、マリコをさらいにくる。

新幹線の上で、ローガンとヤクザが死闘を演じる。



外国人が見たい日本って、やっぱこれなのね、という感じ。

でも、外国人になりきってみれば、結構面白いです。


ストーリーも意外で、どんでん返しがたくさんありました。


予告はこちら。

http://www.youtube.com/watch?v=NDAJz4rF_1M



RPEジャーナル
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。


================================================================


メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================

◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが? "ネットマーケティング"ジャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●天野友二【金持ち塾】
http://www.mag2.com/w/0001150394.html  日刊

美人とブサイク秘書、実際どっちが有能なの?が分かるマガジン
社長ブログランキング2位、ツイッターフォロアー数60万人を越え、世界をま
たにかける、アノミニティ・マーケティング集団と共に、世界中の経営者、投
資家、著名人をプロデュースし、総顧客数74万人の観客にノウハウを広め、さ
らに、世界的有名なインターネットマーケティング・インテリジェンス・コン
ベンションで講師を務めた天野友ニが描く、ディーブな大人向けビジネス界斜
め読みメルマガ

★発行者webもご覧ください↓
http://amanoyuuzi.com/magmag.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

┏┛ ̄ ̄┗┓
┣┳┳┏┻┃今なら!まぐポイント 【100億円】相当 プレゼント中!
┃┃┃┗┳┛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┗┻┻┫┃ イマナラ!
…… ┃┃ 新規の有料メルマガ購読に使える【まぐポイント】を
…… ┃┃ 全ユーザ様にもれなく 【1000pt】 プレゼント!
…… ┗┛ 詳しくはURLへ!!
http://a.mag2.jp/FrB1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【広告するなら、まぐまぐ!】━
大量に配信、確実な登録。メルマガ広告はクリック先のユーザー登録に強い!
30種類以上のメニューから、お客様に最適なプランをご提案いたします!
☆広告のお問い合わせはこちらから⇒ http://a.mag2.jp/iIks
☆低予算でご検討の方はこちらから⇒http://www.mag2.com/ad5/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━