チャイナ:ミャンマー 〜パイプラインの地政学〜

┠──────────────────────────────────
┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2013年07月29日 チャイナ:ミャンマー 〜パイプライン地政学
┠──────────────────────────────────

おくやまです。

久々に私の本業である「地政学」について、
国際政治でひとつ目立った動きがありましたで、簡単に分析したいと思います。

まずはサンケイBizの新聞記事の引用から。

===
安全保障に微妙な影響? 中国に陸路エネルギールート 
ミャンマー、ガス・石油パイプラインで輸出開始

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130714/mcb1307142111007-n1.htm

 【ヤンゴン=青木伸行】ミャンマーで14日までに、中国への天然ガス・石油パイプラインが完成し、
政府は対中輸出を開始した。これで中国は、中東やベンガル湾で生産される天然ガスや石油を、
マラッカ海峡などを迂回(うかい)せず、陸路で搬入するルートを構築したことになる。
軍事利用が可能な、パイプラインに沿う高速鉄道の建設計画と合わせ、
アジア・太平洋地域の安全保障に微妙な影響を与えそうだ。

 パイプラインは中国・雲南省と、ミャンマーラカイン州チャウピュとを結んでいる。

 ミャンマー政府筋によると、天然ガスの年間供給量は120億立方メートル。
これは、中国の天然ガス輸入量425億立方メートル(2012年)の約4分の1に相当する。
当面は52億立方メートルを供給する。石油の年間供給量は220万トンだという。
ミャンマー側の“取り分”は天然ガス20億立方メートル、石油2トンで、ほとんどが中国向けだ。

 政府筋によると、パイプラインによる対中輸出は、今月に入り始まった。
試験運用の段階で、パイプラインからの漏れが見つかり修復に追われた。
政府筋は「中国にとり陸路のルートを確保する重要性は、米国がアジア・太平洋地域へ回帰し、
中国が南シナ海尖閣諸島沖縄県石垣市)の問題を抱える状況下で、いっそう増している」
との見方を示す。

 陸路での輸送により、海路に比べて時間短縮のメリットを得られるだけではない。
米軍がアジア・太平洋地域でプレゼンスを強化している中で、中国のタンカーの航行が万が一、
妨げられる事態が生じても、陸路で担保できるというわけだ。

 また、ミャンマー、中国両政府は高速鉄道の建設を計画しており、
東南アジア軍事筋は「中国には有事の際に鉄道を使い、武器や装備、兵員を輸送する狙いがある」
と指摘する。

 一方、ミャンマーからすれば「ガス生産量の大半をタイに輸出しているなど、
大量の資源を輸出に振り向けており、パイプラインによる対中輸出もその一環だ」(政府筋)という。

 そのあおりで国内は供給不足だ。電力不足などの要因でもある。
このため、とりわけ対中輸出に対する国民の不満は強い。
ラカイン州関係者も「天然ガスと石油は州内を通過し中国へ行くだけで、
州には何ら恩恵がなく州民は怒っている」と打ち明ける。
===

この記事の内容は、以下のようなポイントにまとめられます。

1,パイプラインが、ミャンマーと中国の間で開通。

2,新しいエネルギーのルート、しかも運搬される量も膨大。

3,陸路によってマラッカ海峡のエネルギールートが迂回できるようになる?

4,それに沿って鉄道も計画されている。

5、ミャンマーの地元にはあまり恩恵がない。

ということになります。

この記事では多少なりとも「地政学的」な分析がされておりますが、
私はまだまだ踏み込みが弱いと感じました。なぜなのでしょうか。

まず確認しておかなければならないのは、
現在一般的になされている大戦略レベルの
いわゆる「英米系」の古典地政学の本質は、

「資源の場所とその通り道、そしてそれが消費される場所」

という(陸上・海上)交通線のロケーション(地理)が
決定的に重要になってきます。
どこに通り道があるか?が、
安全保障の脅威や脆弱性がどこにあるのかを教えてくれるからです。

その次に、その物資の流れにどのような「テクノロジー」が関わっていて、
さらにはそれが国家間のパワーバランスや「世界観」(脅威の認識)に
どういった変化を与えるのか、という点を見ていかなければなりません。

これについて私は色々なところで「古典地政学の三位一体」ということで、
地政学には「地理」、「テクノロジー」、「世界観」という
三つ要素のダイナミックな関係があると論じていることは、
すでに私の著書や地政学講座などに触れているかたには当然の知識かと。

そこで、この関係性を踏まえたところで上の記事をもう一度を見直してみますと、

【地理】:中国とミャンマーをつなぐ陸路、そしてマラッカ海峡
【テクノロジー】:パイプラインと鉄道
【世界観】:マラッカ海峡の航行に不安を感じている中国、不満なミャンマー

という構図が見えてきます。

ここでわれわれが忘れてはならない大事なことは、
これが「テクノロジー」によって変化している、
「動きのある地政学」というイメージです。

地政学というと、どうも"固定化した地理"の中で展開される
安全保障の学問というイメージがありますし、
それはある程度までは間違いではないのですが、
実はこのような変化を起こす「テクノロジー」
(この場合はパイプラインと鉄道)によって、
その地理環境における戦略面での意味が変わってくるのです。

これについて、アメリカの地政学者である
ニコラス・スパイクマンが非常に鋭いことを言っております。

「通信・交通のスピードや、産業界の技術の発展は、
必然的に特定の国々のパワーポジションを変動させることになる。
つまり地理的な事実は変化しないが、
それらが対外政策に与える意味は変化するのだ」

結論をいえば、ミャンマーパイプライン(と鉄道)の完成によって、
中国には大戦略における選択肢が一つ増えて、
安全保障に影響を与えたということになります。

そしてこれは、中東から原油をタンカーで運搬している
われわれにとっても見逃せない話であるということは言うまでもありません。

これについてさらに詳しく勉強したいという方は、ぜひ地政学講座のCDを。
http://www.realist.jp/geopolitics.html

( おくやま )

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

GHQ,マッカーサーが日本に上陸したとき、あまりに何もない
貧しい国であることに驚きました。

なぜ、日本だけが、イギリスもドイツもできなかった機動部隊をつくり
米国と太平洋上で戦争ができたのか?

それは日本人の精神や積み上がった学問だと悟ったマッカーサー
日本にある有益な図書7,000冊以上を焚書します。
指定図書の研究、回収は、静かに、極秘に行われました。

そこには、日本人の精神をささえてきた歴史の本の数々から、
アメリカ研究や資源研究の本、そして、
戦略にかかわる本、地政学の書籍もありました。

戦後日本では地政学は勉強できません。
大学で専攻できる学部、学科はありません。

今回、英国で学んできた地政学を奥山真司先生が
禁断の学問・地政学を復活させるつもりで、語り尽くします。
ついにやります。

「奥山真司の地政学講座」
詳しくはこちらから
http://www.realist.jp/geopolitics.html

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

米国発の中国分析について知りたくないですか?

世界覇権国アメリカにはたくさんの中国レポートがあり、
そのため、またさまざまな立場の中国対策があります。

日本国内にある中国情報と全く違う視点であるため
非常に視野が広がります。

パンダハガー(親中、媚中)とドラゴンスレイヤー(反中)
という2つの立場から中国問題を切り込んでいます。

・資源含めた経済面からと中国包囲網という戦略からの視点も加わります。

詳しくは以下のURLをクリックして下さい。
http://www.realist.jp/china.html

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

(編集後記)

管理人です。

今回のおくやまさんのお話ですが、
おもしろいですね〜。
これぞ、まさにおくやまさんの真骨頂。

現在、おくやまさんは多忙を極めておりまして、
なかなか執筆の時間が取れないようなのですが、
ここは、読者の皆様に成り代わり、
おくやまさんに、さらに執筆して頂けるよう、
タフに交渉してみます・・・(笑)

さて、週末、管理人は、

▼自滅する中国: なぜ世界帝国になれないのか
http://goo.gl/RDoyP2

を読み始めたのですが、これは面白いです!
ルトワック氏の本はいままで読んだ事がなかったのですが、
これは文体も非常に読みやすく、かつ、
これまで、おくやまさんが提唱している、「戦略の階層」などの
概念を知っている方にとっては、
「おぉ!なるほど!」と思わず膝を打ってしまうような記述が多々あります。

これは、管理人からも強くオススメです。
ぜひぜひ、お手にとってお読みになってみて下さい。

「いや・・・、そんな時間がとれないよ・・・」
という方には・・・

▼「中国の地政学と大戦略の失敗」CD
http://www.realist.jp/china.html

もございますので・・・(笑)

( 管理人 )

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

▼『管理人Twitter
https://twitter.com/media_otb

▼FacebookPage:リアリスト評議会「アメリカ通信」
 https://www.facebook.com/realist.jp

★奥山真司への講演依頼・執筆依頼は、
【webmaster@realist.jp】までお問合せ下さい。

┠──────────────────────────────────
┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000110606/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが? "生活情報"ジャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●最短距離で世界的貴族になろう
http://www.mag2.com/w/0000265668.html  日刊

独立起業から、わずか4年で馬主になり、世界的貴族たちとの交流をする著者
があなたを最短距離で上流社会にご案内いたします。

・総発行部数4万部。
・現役馬主で、唯一のメルマガ発行者です。(たぶん)
紀伊国屋ブックファーストジュンク堂など

全国主要書店売り上げ1位獲得!「群れない力」の著者。

★発行者webもご覧ください↓
http://archive.mag2.com/0000265668/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

┏┛ ̄ ̄┗┓
┣┳┳┏┻┃今なら!まぐポイント 【100億円】相当 プレゼント中!
┃┃┃┗┳┛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┗┻┻┫┃ イマナラ!
…… ┃┃ 新規の有料メルマガ購読に使える【まぐポイント】を
…… ┃┃ 全ユーザ様にもれなく 【1000pt】 プレゼント!
…… ┗┛ 詳しくはURLへ!!
http://a.mag2.jp/FrB1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【広告するなら、まぐまぐ!】━
大量に配信、確実な登録。メルマガ広告はクリック先のユーザー登録に強い!
30種類以上のメニューから、お客様に最適なプランをご提案いたします!
☆広告のお問い合わせはこちらから⇒ http://a.mag2.jp/iIks
☆低予算でご検討の方はこちらから⇒http://www.mag2.com/ad5/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━