★習近平は●の操り人形なの???

== RPE Journal===================================================

 
       ロシア政治経済ジャーナル No.945

                         2013/7/12

================================================================

北野です。


中国の習近平さんは、かなりやばい人みたいです。


詳細は、【本文】で!↓


(●すぐ下のおいしい話も注意してごらんください。)













【無料】

●再現性100%の「送料ビジネス」とは?


須見一さんは、18歳から30歳までトラックの運転手でした。

1日20時間労働の日もあり、まさに「地獄の日々」だったそ
うです。

そんな須見さん、あるビジネスに出会うことで、人生がいっ
ぺん。

33歳になった今は、マンションやフェラーリを現金一括購入
するほど収入が増えました。


「ウソだ!そんなビジネスあるはずがない!世間をなめる
な!」


怒りたくなる気持ちもわかります。

しかし、億万長者の与沢翼さんも

「再現性100%。アホでもバカでも誰でもできる!」

と太鼓判をおしています。

是非のぞいてみてください。

http://tinyurl.com/ou9558v











【極秘】

孫正義の秘密


北野です。

最近「世界的に活躍している日本の経営者」がすっかり
減ってしまいました。

唯一がんばっているのが、孫正義さんです。


若い起業家で、「孫さんが目標」「孫さん成功の秘密を知りたい」
という方も多いと思います。

しかし、孫さんが「今」なにをいっているか知っても、意味があり
ません。


「若いころに何を考えていたのか?」知る必要がある。


だって、私たちが知りたいのは、孫さんが、「大成功する前にな
にを考えていたのか?」なのですから。

そんな孫正義さんの【お宝】CDが公開されました。

なんと【15年前】の対談です。

孫さんの成功の秘密を知りたい方は、いますぐこのページ
を上から下まで熟読し、

この超レアなCDをゲットしてください。

すぐ在庫切れになると思いますので、お急ぎあれ。

詳細は↓
http://tinyurl.com/kanecbm












【無料】

●長寿遺伝子のスイッチをオンにする方法

サーチュイン遺伝子」は、【長寿遺伝子】とも呼ばれ、

その活性化により寿命が延びるとされています。

その活性化の方法をお伝えします。 

詳細は↓
http://tinyurl.com/ng5cedt













【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」「リーマン・ショック

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等『多極主義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料・証拠つきで、真実を暴露していきます。


おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

2012、13年Eブック大賞・優秀賞連続受賞することができました。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://mailzou.com/get.php?R=48689&M=22753

==============================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1ー、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
================================================================

習近平は●の操り人形なの???


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●フェイスブックはホントにありがたいと思いました。
詳細は【編集後記】で! )



最近、習近平について、いろいろな情報が入ってきます。


▼習さんは、●の操り人形???


まず、6月7日、8日に行われた米中首脳会談について。


私が非常に尊敬している青山繁晴先生が、6月26日のアンカー
で面白い話をされています。

いわく、



<会談中、習主席は、一度もオバマ大統領の目を見なかった。

習主席は、背後の官僚群が用意した紙を、読み上げるだけだった。>



↑首脳会談8時間やって、「一度も目を見ない」ってなかなかでき
るもんじゃありません。



<そして実際の会談は、まずオバマさんがたとえば尖閣諸島問題に
ついて、当然英語で、だいたい3分から4分ぐらい、ま、短くもなく、長
くもなく、こうアメリカの立場説明しますね。

そうすると、そのオバマさんの前に習近平さんこう座ってますよね。

それがこう、うつむき加減になっていって、後ろに膨大の数の、中国
側の官僚や、本当は軍の当局者もいてですね、

で、その前に、ものすごい(量の)紙が積み上げられていて、オバマ
さんが発言してる最中からその紙をですね、

ざーっとこう後ろで大騒ぎして探して、で、

はい、これですっていうふうに習近平さんに後ろから渡して、習近平
さんがそれを受け取ったら、もう目を落としたまま、ずっと読み上げる
と>




なんだか、晩年の「ブレジネフ」(笑)です。

自分じゃ答えられないのか!?


しかも、その原稿読みが、長いときには1時間もぶっ続けだったとい
うのです。

しかも中国語で。

そりゃあ、「8時間」なんて「アッという間」だったことでしょう。


オバマさんも聞きながら、鼻ほじったり、貧乏ゆすりしたくなったか
もしれません。

それについて青山先生は、



<もう一回言いますがそれ中国語でやられるから、で、オバマさん
って、

ま、アメリカの大統領ってみんなそうですけどけっこう人間的だから、

あの、だんだんイライラしてきてですね>



で、今回の首脳会談で、アメリカ側は習さんについて、こんな印象
をもった。

それは・・・。



オバマ大統領の習主席への印象は、『操り人形』」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


<うん。

これは、この、米中首脳会談の冒頭で、習さん、習主席がですね、
その中国の軍部の長年の夢を、そのまま語りましたよね。

この『アンカー』でやりましたけど。

太平洋を2分割して、西側は中国、東側はアメリカで分けません
かって話をしたので、

それと相まって、習近平国家主席という人は、実は軍部の、操り
人形に過ぎないという印象を深めてしまって、

簡単に言うと、これは中国にとっては、大きな失敗だったわけで
すね。>




なるほど〜。

習さんは、「軍の操り人形」なのですか?!?!?!


青山先生の話はこの後もつづきます。


「操り人形」と長話して気分悪くなったオバマさん。


安倍総理に電話して、愚痴を延々としゃべったそうです。


やっぱ、人形と8時間もしゃべったら、「人間」と話したくなるので
しょう。


本題と関係ないので、ここでとめますが、興味がある方はこちら
の動画をごらんください。

http://ameblo.jp/blogdetox/entry-11561146697.html


私にこの情報を教えてくださった方は、こちらです。

http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3695.html


ちなみに青山先生は、メタンハイドレートの開発に命をかけて
取り組んでおられます。

日本の救世主みたいな方ですので、是非フォローしてください。

興味のある方はこちらも。


●希望の現場メタンハイドレート

(詳細は→ http://tinyurl.com/nla69sf )




習近平毛沢東になりたがっている?


次は産経新聞7月10日付から。



<習氏の“左旋回”鮮明 文革スタイル「本人は大まじめ

産経新聞 7月10日(水)8時30分配信

 中国共産党習近平総書記への批判が強まってきた。

父の習仲勲元副首相が改革派の旗手、胡耀邦総書記の盟友だった
ため、政権発足前後には政治改革への期待もあった。

しかし、現在では「自分こそが



毛沢東の真の後継者と考えているようだ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


(北京の有力ジャーナリスト)といった失望と警戒の声が聞かれる。

先月後半、胡耀邦三男の胡徳華氏が習総書記の発言を批判した
スピーチがインターネット上で流れ、2日間で「400万以上の爆発
的ヒットを集めた」(同)。

習氏への不満の高まりを示すものとみられる。>(同上)




毛沢東の真の後継者!

毛沢東といえば、1000万人(!)が虐殺されたという「文化大
革命」が有名ですね。



<習氏は党総書記就任当初、トウ小平の改革・開放路線や胡錦濤前政
権の科学的発展観を継承すると表明していた。

しかし今年に入ると毛沢東の発言をしきりに引用し、改革を求める雑誌
や新聞を弾圧するなど“左旋回”を鮮明にしている。>(同上)




これなんですが、私が思うに、

結局、中国は成長期の後期に入って、今までのモデルでは「経済成
長」できないということでしょう。


成長期の前期は日本もそうでしたが、安い人件費=安い製品を武器
に急成長していく。

しかし、成長期の後期になると、人件費が高騰し、安い製品がつくれ
なくなり、成長が鈍化していく。


中国の人件費も高くなり、外資がドンドン逃げています。

そして、もはや「世界の工場」の地位が危うくなっている。


で、歴史を見ると、アメリカも日本もそうですが、「人件費の高騰」
問題を根本的に解決できた国はない。

結局どこの企業も、安い労働力を求めて、外国に出ていってしま
う。


習近平が「言論弾圧」するのは、言論の自由を与えたら、「政権批
判だけになってしまうから」でしょう。



< 習氏は腐敗撲滅や官僚主義打破の「整風運動」を展開する計画
だが、これも毛が政敵打倒に用いた常套策だ。

毛の文革スタイルが通用する時代とは到底思えないが、「本人は大
まじめ」なのだそうだ。(山本勲)>(同上)




これも結局、「経済成長が鈍化しているのは、汚職官僚のせいだ!」
と国民をだまくらかすためなのでしょう。


中国軍、インドに侵入!


次は読売新聞7月11日。



中国軍、インド支配地域に侵入…監視カメラ奪う

読売新聞 7月11日(木)13時58分配信

 【ニューデリー=田原徳容】インド外務省幹部は10日、インドと中
国が領有権を争うカシミール地方で6月17日、中国軍部隊がイン
ド側支配地域に侵入、インド軍の監視用施設を破壊し、監視カメラ
を持ち去ったことを明らかにした。

 両国軍は今年4〜5月に同地方でにらみ合い、5月に首相間の
協議で事態を沈静化した経緯があるだけに、インド側は中国の意
図に警戒感を強めている。

 外務省幹部によると、中国軍は6月の侵入時に、地域住民に中
国の領有権を主張し、退去を求めた後、同日中に中国側支配地
域に引いた。>




メチャクチャっすね。


南シナ海で、ベトナムやフィリピンとケンカし。

東シナ海で日本とケンカし。

カシミールでインドとケンカし。


これは、もはや「戦略的」云々とか全然いえない、非合理的
な動きです。


以前何度もご紹介しましたが、中国には、きちんとした戦略
がありました。


1、中国は、同じく反米のロシアと組み、「多極主義陣営」を
構築する

2、陣営の核となる「上海協力機構」(SCO)を拡大、強化して
いく

3、中ロ以外のブリックスとも組み、多極主義陣営を拡大して
いく

4、多極主義陣営は、ドルの利用を徐々に減らし、アメリカの
経済支配から脱却していく

等々。


最終目標は「アメリカ一極世界を崩壊させ、多極世界をつくり
、中国が真ん中にすわって覇権国家になる」こと。


その一方で、「対日本」については、「アメリカと組もう」という
したたかさもあります。


それは、


1、「日本は右傾化している」「軍国主義化している」とプロパガ
ンダする

2、「日本は『歴史の見直し』を狙っているので、戦勝国=中国、
アメリカ、ロシア、(戦勝国ではないが)韓国は

「一体化して日本をつぶさなければならない」とプロパガンダす

3、中米ロ韓で日本をつぶし、その後ゆっくりアメリカを料理する

4、そして、世界の覇権国家になる


とまあ、こんな感じ。

反日統一戦線」について詳しく知りたい方はこちら↓

http://archive.mag2.com/0000012950/20121118015324000.html
中国、【反日統一戦線】を【アメリカ】、ロシア、韓国によびかける )



しかし、今の動きは、どう見ても「戦略的」とか「理性的」とは思え
ません。

だって普通、日本とインド両方同時に敵にまわさないでしょう?

(インドは、多極陣営の中核SCOのオブザーバーでもある。)



▼凶暴な習さん、日本にとってはどうなの?


「そんな軍の操り人形」で「アグレッシブ」な習さん。

隣国のこんな指導者は日本にとってどうなのでしょうか?


これは、「とてもよい」(^▽^)となります。


既述のように、アメリカは、「中国が変なことになってるぞ」と気が
つきはじめている。

中国とインドは領土問題をめぐってもめている。


中国は、まわりの国々と対立し、どんどん孤立していきます。


後は、プーチンが中国から離れれば、味方は


北朝鮮、韓国、カンボジアぐらいしかいなくなる。


(韓国は、もはやアメリカを裏切り、中国についたとみなす。)


日本は、「中国は尖閣のみならず、沖縄も自国領と主張
している!」ことを理由に、

どんどん軍事的自立を進めてしまいましょう。


というわけで、アグレッシブな習さんは、日本にとって最良
国家主席なのです。




「もし、プーチンが日本の首相だったら?」




【3刷決まりました!】

【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)



↓「危機克服本」コーナーへ
================================================================








【株やってる人必見!】

●第3の投資法とは?(上げっても、下がっても儲かる?!)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

株式市場、乱高下がすごいですね。

皆さんの心も、株につられて暴騰したり、暴落したりしていま
せんか?

今回は、株が「暴騰しても暴落しても」「どっちも儲かる」という
驚きの投資法をご紹介します。



「ファンダメンタル」でも「テクニカル」でもない、【第3の投資法】。

なんと以下のような、驚きの特徴があります。

・相場は上がっても、下がっても、どっちでもいい(!)
・売買タイミングは、いつでもいい(!)
・テクニカル指標は、いらない(!)
・トレード時間は週30分(!)
・年利は、〜50%程度
・トレード手法を身につける時間 = たったの1〜2日!!!

この【第3の投資法】を知る方法。

概要を知るために500円かかります。

とはいえ、たった500円なのに【90日の完全返金保証】がつい
ている。

ですから、迷うなく申し込んでごらんになってみてください。

ちなみに解説をされている江崎先生は、3万3000人の投資家
をサポートしていて、絶大な信用をほこる方です。

私も早速見ましたが、本当に参考になりました。

まじめな個人投資家の方は、いますぐごらんになってください。

詳細は

http://tinyurl.com/b7xsjbf









↓「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 




今回ご紹介するのは、世界一の親日
パルバースさんの




●「もし、日本という国がなかったら」

(詳細は→ http://tinyurl.com/7vaukyh  )



です。

HPのほうに超詳細は解説を載せてありますので、



自虐史観から永遠におさらばしたい

・子供たちに日本のいいところを伝えたい

アイデンティティーを見つけたい

・日本の課題、行くべき道を知りたい


という方は、ぜひごちらをご一読ください。

http://rpejournal.com/hon_sekainosinjituwosiru_nihon_mosinihon.html




★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


↓おたよりコーナーへ
================================================================






【無料】

●106歳まで生きた男の超簡単健康法


100歳で元気に講演をし、106歳になる10日前
に亡くなった塩谷信男医学博士の作り上げた、健康も富
も栄光も、全て思いのままになる秘法を簡単に紹介します。


【無料】ダウンロードは↓
http://mailzou.com/get.php?R=48999&M=22753

●106歳まで元気だった人の健康法・成功法ですから、
説得力あります。

そして、何よりも「簡単」な方法です。(北野)








↓おたよりコーナーへ
================================================================

★Yさまからのおたより


北野様

こんにちは。

日本は梅雨が明けて大変な猛暑です。

モスクワはいかがですか。

スノーデン事件、本当に大事になってきましたね。

北野さんの解説は、とても分かりやすくて、納得できます。

日本に普通に住んでいると、スカイプを使う事はあまりないですが、
海外だとよく使いますよね。

私のニューヨークの友人は、香港にいる義理の姉とスカイプすると、
途中で必ず何度も途切れるって言ってました。

特に政治の話しをすると絶対途切れるって。

今の私の場合だと、日本(福岡)から、北京に住むアメリカ人とスカ
イプする時が、一番接続状況が良くないです。

よく途切れます。

私達は、中国政府は絶対盗聴している、やっぱ中国だよねって話
していたのですが、どうも中国だけではなさそうですね。

ホント、世界は恐ろしいです。


新メルマガも含め、PREも楽しみにしています。

くれぐれもお身体にお気をつけ下さい。


ちなみに「ホワイトカラー」、私は第4シーズンまで全部見てます
(笑)。

モデルばりの超美男子のマットが主人公で、どちらかというと
女性好みのドラマかと思っていたのですが、北野さんも気に入
られているようで、とても嬉しく思います。

では、これからもご活躍を期待しております。




↓編集後記へ
================================================================







【無料】

●北野、相当はまりました


先日、イギリスの起業家ピーター・セージさんの本を読んで
かなりはまっていました。

皆さん、「豊かさマインドを身につければ、お金が洪水のよ
うに流れこんでくる?」という話聞いたことありますか?

でも、「豊かさマインドってなに?」ときかれたら、なかなか
答えられなくないですか?

この本にバッチリ答えが出ていました。


皆さん「初期資金がないからビジネス立ち上げれない」と
思っていませんか?

ピーターセージは22社立ち上げたのですが、なんと21社は
資金ほぼゼロからはじめたのだそうです。

どうすればそんなことができるのでしょうか?


等々、ホント目からウロコがバンバン落ちました。

そうそう、私が読んだピーターセージさんの本は、

【完全無料】です。

とはいえ、そんなに長く公開されていないと思いますので、いま
すぐゲットしてください。↓

【完全無料】ダウンロードはいますぐ↓
http://mailzou.com/get.php?R=29012&M=22753









↓編集後記へ
================================================================

★編集後記


フェイスブックってホントにありがたいな」と思いました。


というのも、大学時代親友だったカンボジア人からメール
が届いたからです。

実に17年ぶり。

二児の父だそうです。

奥さんは3人目妊娠中とか。


フェイスブックのおかげで、中学校から大学まで、ホント
に多くの友人とのつながりが復活しました。


大学時代にかぎっていえば、ポーランド人の親友は、

「スポーツショップチェーン」のオーナーになっていました。


カザフ人の女の子は、有名なデザイナーになっています。


友人がどんどん成功しているのを知る。

これが本当の喜びですね。



RPEジャーナル
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。


================================================================


メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================



◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが? "生活情報/こころ"ジャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●最短距離で世界的貴族になろう
http://www.mag2.com/w/0000265668.html  日刊

独立起業からわずか4年で馬主になり、世界的貴族たちとの交流をする著者が
あなたを最短距離で上流社会にご案内いたします。
総発行部数4万部。現役馬主で、唯一のメルマガ発行者です。(たぶん)
紀伊国屋ブックファーストジュンク堂など、全国主要書店売り上げ1位獲
得!「群れない力」の著者。

★発行者webもご覧ください↓
http://archive.mag2.com/0000265668/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

┏┛ ̄ ̄┗┓
┣┳┳┏┻┃今なら!まぐポイント 【100億円】相当 プレゼント中!
┃┃┃┗┳┛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┗┻┻┫┃ イマナラ!
…… ┃┃ 新規の有料メルマガ購読に使える【まぐポイント】を
…… ┃┃ 全ユーザ様にもれなく 【1000pt】 プレゼント!
…… ┗┛ 詳しくはURLへ!!
http://a.mag2.jp/FrB1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【広告するなら、まぐまぐ!】━
大量に配信、確実な登録。メルマガ広告はクリック先のユーザー登録に強い!
30種類以上のメニューから、お客様に最適なプランをご提案いたします!
☆広告のお問い合わせはこちらから⇒ http://a.mag2.jp/iIks
☆低予算でご検討の方はこちらから⇒http://www.mag2.com/ad5/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━