野口英世、黄熱病との戦い

■■ Japan On the Globe(806) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■

人物探訪 : 野口英世、黄熱病との戦い

 黄熱病が流行する赤道直下の港町に野口英世は乗り込んでいった。

■転送歓迎■ H25.07.07 ■ 42,640 Copies ■ 3,710,478 Views■
無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/

__________
ステップメールコース JOG Step 「教育再生」開講

 JOG Stepは個別分野毎に、週2回、順次メールを配信し、体系的にその分野を学べるコースです。お申し込みいただいた時点から、読者毎に第1号から配信していきます。第一弾のテーマは、「教育再生」です。もちろん無料です。

 すでに2600名を超える申し込みをいただいています。本号巻末におたよりの一部を掲載しています。申し込みは以下のページから。
http://bit.ly/11ZGeng
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■1.ノグチ博士来る

 1918(大正7)年7月15日、南米大陸の北端、ほぼ赤道直下にあるエクアドルの港町グアヤキル野口英世は上陸した。助手として看護婦たち、医療機器の技術者、薬剤師などを従えていた。同時に臨床医学機器11箱、薬品類4箱、実験用のウサギやモルモットなどが陸揚げされた。

 すでに米国ロックフェラー医学研究所の代表的な医学者として名をなしていた野口のことは、到着以前からグアヤキルの新聞で報道されていたので、出迎えで黒山の人だかりとなった。

 騒ぎを大きくしたもう一つの理由は、同じ船に乗っていたオペラ歌手のマリア・エバントス一行が、グアヤキルで黄熱病が流行し、町の通りで死ぬ者がいると聞いて、上陸を拒否し、出演契約を破棄すると言い出したことだった。

 グアヤキルはほぼ赤道直下にあり、海抜5メートル。高温多湿で、黄熱病の他にマラリア、ペスト、赤痢、腸チフスなどの感染症の温床で「蚊が多く汚い港町」と言われていた。公衆衛生対策も整わず、オペラ歌手たちが怖がるのも無理からぬことであった。

 身長わずか153センチの野口は、当時の東洋人としても小柄だった。その野口が真っ白のスーツ姿にゲートルを巻いた猛獣ハンターのような奇抜な格好をして現れた。翌日の現地の新聞の第一面には、その写真が大きく掲載された。新聞記者には「ゲートルを巻けば蚊が防げるから、足の方には神経を使わないで研究に専念できるでしょう」と答えている。

 さらに新聞は「ノグチが他の博士たちと異なるのはスペイン語を話すことだ」とも報じた。野口は上陸第一声を現地の人々に直接伝わるようスペイン語で語ったことが、彼等の興味をさらにそそった。
 その一週間前に米国ロックフェラー財団が組織した黄熱病委員会調査団の野口以外のメンバーが到着していたが、彼ら米国人はスペイン語を学ぶことなど、念頭になかっただろう。

 もっとも野口がスペイン語を勉強し始めたのは、わずか1年ほど前に過ぎない。英語、ドイツ語、フランス語、デンマーク語を話す野口は、外国に溶け込むには、その国の言葉を学ばなければならない、と考えていた。ロックフェラー医学研究所でも、「野口英世は眠らない」との伝説を生むほど研究に打ち込んでいたが、その勢いでスペイン語も習得したのだろう。


■2.「優秀でファイトのある医者はいないか」

 野口がグアヤキルに来たきっかけは、その4年前の1914年8月に開通したパナマ運河だった。パナマ運河建設に最初に取り組んだのはフランスのパナマ運河会社だったが、その足を掬ったのが黄熱病だった。

 通常、黄熱病は突然、発症し、頭と腰が痛む。発病の日から吐き気を催し、白眼が黄色みを帯び、黄疸(おうだん)は身体中に広まる。発病後5、6日で死亡するのが普通だが、7日目になっても死ななければ助かるチャンスもある。この黄熱病で、大勢の建設労働者やフランス人工事関係者が死んでいった。それが一因となって、同社は破産して、工事は頓挫する。

 運河建設事業を引き継いだアメリカは黄熱病対策に取り組んだ。「黄熱病は蚊が媒介する」という説に基づいて、4千人もの人員を投入して、近隣地区のゴミを焼却し、ドブをさらって徹底的に清掃を行った。これが奏功して、黄熱病発症の数も減少し、運河建設は成功した。

 しかし、運河を通る船が寄港するグアヤキルなどで黄熱病対策を講じなければ、パナマもすぐ元の状態に戻ると考えられた。そして、この地から黄熱病を一掃できれば、メキシコ、ブラジル、ペルーなどの保健衛生問題は容易だろうと米国は考えた。米西戦争でスペインを破ったアメリカは、中南米諸国に覇権を伸ばそうと狙っており、その一環として「黄熱病撲滅」が必要だった。

 まずはエクアドルの黄熱病を叩かねばならない。危険な現地に赴いて、その病原菌を解明できるような優秀でファイトのある医者はいないか、との問い合わせに浮かび上がったのが、ロックフェラー医学研究所のドクター・ヒデヨ・ノグチだった。


■3.自分達を苦しめている伝染病と戦ってくれる「義人」

 エクアドルに来る時点で、「ドクター・ヒデヨ・ノグチ」の名前は梅毒スピロヘータの純粋培養、小児麻痺と狂犬病の病原体の発見などの業績で、世界的に広まっていた。ロックフェラー医学研究所の4人しかいない正式メンバーの一人であり、血清学会の会長にも選出されていた。

 その「医学界への貢献」に対して、スペイン、デンマークスウェーデン政府から、勲章を授与されていた。1914年にはノーベル医学生理学賞の候補にも挙げられたが、第一次大戦の勃発で受賞そのものが中止となった。

 グアヤキルの人々から見れば、世界的に著名な医学者が危険をものともせずに熱帯の僻地までやってきて、自分達を苦しめている病気と闘ってくれる。しかも、自分達の言葉まで覚えて。そんな野口の姿は現地の人々には「義人」と映ったようだ。

 野口が現地に滞在した約3ヶ月半の間にグアヤキルのエル・テレグラホ紙は43日間、平均すれば週に3回ほどのペースで、ドクトル・ノグチと黄熱病関連の記事を掲載し続けた。


■4.「人間発電機」

 到着の翌日から黄熱病検疫所の2階の1室を借りて仕事を開始し、深夜まで研究室に留まって実験を繰り返す野口は、現地の人々から「人間発電機」と呼ばれた。

 野口を中心とするロックフェラー医学研究所の黄熱病委員会調査団のアーサー・ケンダル団長は、野口の仕事ぶりについて、次のように手紙に書いている。

__________
 彼の熱意たるや恐るべきもので、今日まで彼の要求には全然ついていけたことがない。・・・ 野口は思いつくとすぐに指示を発する。私はありとあらゆるかたちの要望を受けた。・・・そのため私は寸秒も落ち着くひまがなかった。私の扱っている会計はめちゃくちゃになった。[1,p40]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 野口の研究を助けたのは、検疫医師のレオポルト・イスキエタ・ペレスとウォンセスラオ・パレハ博士の二人であった。彼らも野口に猛烈に鍛えられたのだろう。やがてエクアドル医学界の指導者になった。

 野口が研究のためにエクアドルの小動物について知りたがっているという噂が広まると、子供たちがイモリやヒキガエル、亀などを持って研究所にやってくるようになった。そのたびに野口は仕事の手を休めて、子供たちの相手をした。小動物のどれかが黄熱病の病原体を保有しているかもしれない、と考えていたのである。


■5.「ロックフェラー黄熱病委員会 黄熱病の病原体を発見」

 パレハ博士は、黄熱病の疑いのある患者を毎日診察して、その結果を野口に報告していた。彼が診察した先住民の娘は、まもなく死亡したが、その血液の培養結果を見た野口は、「やったぞ。これは黄熱病の病原体に違いない」と小躍りして喜んで、臨床実験を夜遅くまで続けた。

 グアヤキルに到着してわずか9日目のことだった。そして黄熱病と診断された27名の患者のうち、6名から同じ微生物が発見された。

 7月27日付けのエル・テレグラホ紙の第一面に「ロックフェラー黄熱病委員会 黄熱病の病原体を発見」という大見出しの記事が掲載された。最終的な検証が行われる前に新聞に公表されたのは、ロックフェラー医学研究所が、その成果をいち早く国際的にアピールしようとした思惑からだった。

 アーサー・ケンダル団長は、エクアドルの首都キトに赴き、厚生大臣(後の大統領)イシドロ・アヨラに報告した。エクアドル政府が彼の報告を受け入れたので、調査団は9月10日に帰国することにした。業績のPRさえできれば、あとは一日も早くアメリカに帰りたいと願っていたかのようである。

 しかし、野口は一人残って、黄熱病のワクチンを開発しようとした。病原菌の発見だけでは学問的成果ではあっても、人々は救われない。ワクチンを作って成果をあげてこそ、人を救う医学である。


■6.ワクチンで多くの陸軍兵士が救われた

 野口はロックフェラー医学研究所の所長サイモン・フレキシナー博士に次のように報告している。

__________
 動物実験をしたところワクチンに効果があったようです。私の実験は秘密にしておくことはできずにおります。段階を追った臨床実験の正式の公表はありませんが、当地の医者たちにはわかっています。パケリソ大統領の要請で山岳地帯の兵士に予防注射をうちに首都のキトに赴きました。[1,p41]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 9月16日、パレハ博士に伴われて野口は汽車で首都キト市を訪れた。そこには山岳地帯の陸軍の兵士たちが、ワクチンの実験のために集められていた。9月19日付けのエル・テレグラホ紙は、野口と陸軍兵士を登場させた風刺漫画で、次のような会話を載せた。

__________
 私のワクチンがよい結果を出すためには注射の前に石鹸を用いて入浴する必要がある。

 えっ! やめてください。黄熱の方がましです。[1,p42]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 熱の出るワクチンを恐れ、慣れない入浴を兵士がいやがっていた様子が風刺されている。それはともかく、野口の製造したワクチンで多くの陸軍兵士の命が救われた。


■7.「グラシアス、ドクトル・ノグチ!(野口博士、ありがとう)」

 野口の開発したワクチンが効果を発揮したことを知ったエクアドル国民は大喜びした。グアヤキル大学では教授会で「ドクトル・ノグチに医学部名誉教授の称号を授与し、肖像をメダルに彫って大学の会議室に飾ること」を満場一致で決議した。

 その後、首都のキト大学、クエンカ大学も名誉教授の称号を贈った。エクアドル陸軍は、野口を陸軍名誉大佐ならびに名誉軍医総監とし、軍服一式と剣を贈呈した。これらは現在、福島県猪苗代町野口英世記念館に陳列されている。

 10月23日の夜、帰国を前にした野口のための謝恩送別会がグアヤキル市のオルメド劇場で開催された。政府、軍、市、医学界などの代表者が集まり、円形のオペラハウスは3階まで満席となった。エル・テレグラホ紙の社主が次のような演説をしたことが、翌日の同紙第一面で報じられている。

__________
 なにとぞ全国民の感謝の声をお聴き下さい。これは過去の悲劇のために恐怖のうちに生活を営んでいた国民の声であります。あなたの業績のおかでで平野は沃土(よくど)となり、国は富み栄えることでしょう。・・・「ドクトル・ヒデヨ・ノグチ」の名がエクアドルから消えることは断じてありません。[1,p43]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 野口は英語とスペイン語で答辞を述べた。そして、その最後に「もし、お国が私を必要とするとき、私は誰よりも先に馳せ参じましょう」と結んだ。会場を埋めた人々は立ち上がって、「グラシアス、ドクトル・ノグチ!(野口博士、ありがとう)」と叫びながら拍手を送った。

 10月27日、野口は中央桟橋からランチに乗り、英国船に乗り込んだ。大勢の人々がランチで見送る。汽笛一声、船が動き出すと、人々は「ビバ、ドクトル・ノグチ(野口博士万歳)」とランチから叫び、帽子やハンカチを大きく振った。


■8.「エスクエラ・フィスカル・ヒデヨ・ノグチ(野口英世小学校)」

 グアヤキルは今や人口5百万人の大都市に変貌し、野口が研究した黄熱病検疫所は国立公衆衛生研究所となり、文化財建築に指定されている。そこには野口の肖像付きのプレートが飾られ、ここで「野口英世が黄熱病の病原体を発見した」という碑文が掲げられている。

 その右側にもう一枚のプレートがあり、「左に記した野口の発見は誤りであり、のちに修正が加えられた」ことを告げている。野口が発見したのは、黄熱病と良く似た症状を起こすワイル氏病の病原体であったようだ。黄熱病の病原体はウィルスであり、野口が使っていた光学顕微鏡では見ることができなかった。その発見にはこの15年ほど後の電機顕微鏡の発達を待たなければならなかった。

 学問的に野口の発見が黄熱病の病原体ではなく、ワイルス病であったとしても、彼が危険を冒して現地に乗り込み、その地の多くの人々を救い、またそこで後の医学界のリーダーを育てたという功績に対する人々の感謝は変わらない。グアヤキルの2枚のプレートは同地の人々の自然な気持ちだろう。

 野口を首都キトで迎えた厚生大臣イシドロ・アヨラは後に大統領となってから、キトの北東にある野口が立ち寄った小学校を「エスクエラ・フィスカル・ヒデヨ・ノグチ(野口英世小学校)」と命名した。あちこちに野口の写真が飾られ、学校行事のある時にはエクアドル国旗、キト市の旗とともに、日章旗が飾られる。

 野口はエクアドルの後も、黄熱病の研究でメキシコ、ペルー、ブラジルと10年間、中南米を回って、各地で後継者を育成し、同様に胸像、レリーフ、あるいは「ノグチ通り」という名称で顕彰された。そして最後は、1928(昭和3)年5月21日、アフリカ・ガーナのアクラで、自ら黄熱病にかかって亡くなった。最後まで、危険をものともせず、医学で人々を救おう、という志は変わらなかった。

 千円札を見ていただきたい。そこに使われている野口英世の肖像は、エクアドルに出かけた時のものだという。気負いも衒いもなく、おだやかにまっすぐに見つめる眼差しは、ただ人々に対する慈愛が籠もっているように感じられる。

(文責:伊勢雅臣)

■リンク■

a. JOG(463) 北里柴三郎 〜 大医は国を治(ち)す
 医の真道は人民の健康を保ち、その業を務めしめ、もって国家を興起富強ならしむるにあり。
http://www2s.biglobe.ne.jp/%257enippon/jogdb_h18/jog463.html

b. JOG(383) サムライ化学者、高峰譲吉(上)
 大勢の飢えた人々を一度に救える道として、譲吉は化学を志した。
http://www2s.biglobe.ne.jp/%257enippon/jogbd_h17/jog383.html

384 サムライ化学者、高峰譲吉(下)
「日本は偉大な国民の一人を喪ったとともに、米国は得難き友人を、世界は最高の化学者を喪った」
http://www2s.biglobe.ne.jp/%257enippon/jogbd_h17/jog384.html


■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 山本厚子『野口英世は眠らない』★★★、集英社、H16
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4777710025/japanontheg01-22/


■前号「教育者は聖職者 〜 勇志国際高校の挑戦」に寄せられたおたより

■T-OGURAさんより

 感動的な記事をありがとうございました。

「教師は聖職者」、大学生時代にはその様に思っていましたし、世間もそういう目で教師を観、教師は信頼される存在であったように思います。自分も悪いことはできないなと気を引き締めていました。

 その様なよき時代から今にいたるまでの教育思想の流れに合わせて生徒たちが悪くなっていくのを観ていると、自分もその中の一員として関わってきたので、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 現場からも遙か昔に遠ざかってしまいましたが、何か自分にできることはないかと実語教、教育勅語を学び直しています。その中から一つでも後輩たちに伝えられたらとの思いからです。

■編集長・伊勢雅臣より

 教育は現役の教師だけの仕事ではありません。国民一人ひとりが自分の周囲で何事かをできる分野です。

 読者からのご意見をお待ちします。
 本誌への返信、またはTwitterで、@ise_masaomi あて、お送り下さい。

====================
Mail: ise.masaomi@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/#!/ise_masaomi
または本メールへの返信で
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing
http://blog.jog-net.jp/
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
====================
◎Japan on the Globe−国際派日本人養成講座
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000000699/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが? "マネー/各種金融商品/為替"ジャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●FX(外国為替証拠金取引)で儲けようby羊飼い
http://www.mag2.com/m/0000169712.html  週3回

お小遣いから資産運用まで。口座開設キャンペーンで現金GETできる情報も配信。
為替相場予想、注目の重要指標まで、話題盛りだくさんの外国為替証拠金取引
(FX)で儲けるメルマガ!

★発行者webもご覧ください↓
http://fxforex.seesaa.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

┏┛ ̄ ̄┗┓
┣┳┳┏┻┃今なら!まぐポイント 【100億円】相当 プレゼント中!
┃┃┃┗┳┛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┗┻┻┫┃ イマナラ!
…… ┃┃ 新規の有料メルマガ購読に使える【まぐポイント】を
…… ┃┃ 全ユーザ様にもれなく 【1000pt】 プレゼント!
…… ┗┛ 詳しくはURLへ!!
http://a.mag2.jp/FrB1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【広告するなら、まぐまぐ!】━
大量に配信、確実な登録。メルマガ広告はクリック先のユーザー登録に強い!
30種類以上のメニューから、お客様に最適なプランをご提案いたします!
☆広告のお問い合わせはこちらから⇒ http://a.mag2.jp/iIks
☆低予算でご検討の方はこちらから⇒http://www.mag2.com/ad5/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━