アメリカはバチカンが動かしていて、日本を操っているって本当ですか?(笑)

┠──────────────────────────────────
┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2013年06月11日 アメリカはバチカンが動かしていて、日本を操っているって本当ですか?(笑)
┠──────────────────────────────────

共同管理人の和田です。

先日、私はある保守系?団体の会合に参加しました。
主催者側は20名、その日、新規で参加してみた
という人が30名ほどだったでしょうか?

主催者側から会の方針や政策についてのビデオ紹介があり、
その後、新規の参加者が意見を言うという、スタイルでした。

その会が提唱している政策は以下のようなものでした。

・経済を立て直す。
・歴史教育の見直し。
・エネルギーのベストミックスを目指し、原発の廃止を目標とする。
・女性の活用と社会進出による経済活性化。
・外交、軍事の見直し

原発の廃止以外は、どのような方向なのか
具体的には書いていませんでしたが、
少なくともサヨク的ではない様子でした。

その会に主張に、基本的には、皆さん賛同し、

「ぜひ日本を変えていきたい」
「これからどんどん勉強していきたい」

という人がほとんどでした。

そんな参加者の中に、

南京大虐殺や百人斬り事件など、日本側に問題がある。
ロビー予算も足りないし外国に勝つにはもっとこの点を強調してはどうか?」

と言う、私からすると、非常にもっともな意見をいう人(Aさん)がいました。

この人は、日本の政治に「プロパガンダ」の発想がない
ということをしっかり認識している点で、すごいなと思いました。

しかし、このAさんの発言を受けて、主催者側の一人(Bさん)が、

「それは全部バチカンがやっていることだ。日本は仏教国だから勝てないんだよ」

と断言してきたのです。
そのあとさらに主催者側の一人(Cさん)が

「今はそういう議論(南京問題など)やらない」

と言って、この件はそのまま終わりとなりました。

日本の現状に対して何らかの"憤り"を感じて
こういう機会に参加しているであろう
このAさんの意見が封じられたわけなのですが、
Cさんは、会の方向が狂うといけないので制したのでしょう。

  • :-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:

そのあとAさんに話を聞くと、

「色々と言われているけど、結局、この歴史観が狂ったのが
 根本なんだからそこが原点じゃない、
 なんでそこをちゃんと説明しないんだろうね。

 その発信を政府が国民にも外国にもしないでいたから
 現状、日本はこうなったんだ。

 単に”歴史を見直す”っていう政策じゃ、どういう方向かわからないし、
 ましてや、賛同なんてできないじゃない」

 と、再び、非常に真っ当なご意見でした。

さらに、私は興味が尽きなかったので、
主催者側のBさんの話を聞きました。

和田:
「アメリカはバチカンが動かしていて、日本を操っているって本当ですか?」

Bさん:
「本当だよ。全部バチカンだよ」

和田:
バチカンってカトリックですよね、
 アメリカはプロテスタントの国じゃないんですか?
 (カトリックの大統領はケネディ一人)」

Bさん:
「うん?、結局つながっているよ。
 キリスト教連合だから、全部動かしているのはバチカンなんだよ」

和田:
「それほど繋がっていると。それってどこに書いてあるんですか?」

Bさん:
「そんなの調べりゃぁ書いてあるよ。いっぱいあるよ」

和田:
「どの本ですか?知りたいんですが」

Bさん:
「調ベりゃでてくるって。キリスト教は仏教に勝てないんだよ。
 仏教は4000年あってこっちの方が上だっていうことを
 奴らは知っているから攻撃してくるんだよ。
 日本は仏教国だからやつらはそうしているんだ」

和田:
「そうなんですか」

Bさん:
キリスト教ってのはユダヤ教からわかれたんだし。
 だからイスラムは怖くないんだよ。
 ユダヤ教キリスト教も一緒だから仏教を抑えにくるんだよ。」

和田:
「・・・。」

そこで会話は終わりました。

  • :-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:

キリスト教が仏教に勝てないのであれば、
日本はキリスト教国に押さえつけられている現状なら
日本が仏教国だというもの辻褄が合いません。

主催者側にこういう人がいるなると、
どうにもその会の行く末が心配になります。
ユダヤ陰謀論の枠組みのような話ですね。

奥山さんが、ご自身のブログにて、
▼「陰謀論が好きな人たちの傾向」
http://goo.gl/RReje 
というエントリーを書いています。

(引用はじめ)

何度もいいますが、私はいわゆる「上」の人たちが、
社会や世界をコントロールしたいという
動機や衝動を持っていることは否定しません。

しかしそれが現実にできるかどうかは別問題。

そしてこれが「できる」と考えてしまいがちな人たちというのは、
どうやら「自分はうまくコントロールできないけど、
誰かにはうまくコントロールしていて欲しい」
という隠れた願望を持っているんだと考えています。

(引用おわり)

遠く離れた国を動かすのは最高の「複雑系」です。

個人においては、会社のスタッフや奥さんですら
思い通りにならないわけですから、
ましてや国家を裏で糸引くも限界があり、
上手くいった場合もあるし、そうでない場合もある
くらいに思うしかないのが現実だといえます。

国際政治や戦略を語る上で
""陰謀論""が出てくるようですと、
そこから先はもはやお話にはなりません・・・。

ちなみに、前回、私がご紹介した『B層の研究』の適菜収氏は、
やはり「B層陰謀論が好き」と書いておりました。

よく「地政学陰謀論」とサヨクからプロパガンダを言われていますが、
日本の隣には朝鮮半島があり、シナ大陸もある。
これら地理的概念をもとに考え、
さらにテクノロジーの発達、役割が人間の地理観にどういう
影響力を及ぼすかを考えるのが地政学です。

戦後この感覚が著しく欠如していたから
領土問題にも疎くなってしまっていたのです。
地政学に興味を持つ人が増えてもらえたら幸甚です。

※追記※--

「アメ通」読者の方から、
以下のようなご意見を頂きました。

>アメリカ通信の一読者です。6/6 のプロパガンダの件で
>「クリスチャンで民主的な中国」という話がありましたが、
>現在中国ではクリスチャン人口がかなり増えているようで、
>欧州のそれを凌駕する勢いのようです。

いつも「アメ通」をお読み頂き、ありがとうございます。

そうですね。増えているようですね。

今回のコンクラーベで初の黒人選出かというほど
アフリカ勢も増えているようでしたから、
中国人がバチカンを抑えるときがくるかもしれませんね。

                • -

( 共同管理人 和田 )

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

GHQ,マッカーサーが日本に上陸したとき、あまりに何もない
貧しい国であることに驚きました。

なぜ、日本だけが、イギリスもドイツもできなかった機動部隊をつくり
米国と太平洋上で戦争ができたのか?

それは日本人の精神や積み上がった学問だと悟ったマッカーサー
日本にある有益な図書7,000冊以上を焚書します。
指定図書の研究、回収は、静かに、極秘に行われました。

そこには、日本人の精神をささえてきた歴史の本の数々から、
アメリカ研究や資源研究の本、そして、
戦略にかかわる本、地政学の書籍もありました。

戦後日本では地政学は勉強できません。
大学で専攻できる学部、学科はありません。

今回、英国で学んできた地政学を奥山真司先生が
禁断の学問・地政学を復活させるつもりで、語り尽くします。
ついにやります。

「奥山真司の地政学講座」
詳しくはこちらから
http://www.realist.jp/geopolitics.html

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

(編集後記)

管理人です。

前回のこのコーナーでご紹介した「アメ通」読者のS様より、
さらに嬉しいメールを頂きました。

>>この本はどちらかと言うとテクニック的な本でしたので、
>>(中略)でも、私自身、奥山さんが常々仰っている
>>質問の意義がより良く理解できたので、伝えずにはいられませんでした

管理人も、まったくそのように想ったので、
より広く「アメ通」読者の皆さまに伝えずにはいられませんでした。(笑)

>>この本には、質問はレンズである、は流石に出て来ませんが
>>「偉大な成果は、偉大な質問から始まる」も
>>答えを求めがちな日本人にとてもいい格言と思います。

「戦略の階層」など、いつも、おくやまさんが仰っている、
諸々の概念のツボをしっかりと掴んで頂いておられるので、
管理人も本当に嬉しい限りです。

今回のS様のように、最近、「アメ通」読者の方から、
多くの反響を頂き、我々アメ通チーム一同、励みになっております。

読者の皆さま、いつも「アメ通」をお読み頂き、
本当にありがとうございます。


おくやまさんにも、もっと原稿を書いて頂けるよう、
管理人からもしっかりと(無慈悲に(笑))伝えておきますね。(笑)

( 管理人 )

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

第二次大戦時、米国と日本は世界一と二位の宿命の対決を演じました。

結果は日本の完敗。
戦史を振り返るに洋上戦での「たら、れば」論争などもあり、
日本が米国に勝てないまで、引き分けまでには持ち込めたはずだ、
という話もあります。

その戦史を振り返った時、最終的に米国の大勝利をもたらした、
その影には、恐るべき米国の「累積戦略」があった、
ということはあまり知られていません。

日本を奈落の底に突き落とした米国の「累積戦略」を、
個人に置き換えて発想するとどうなるのか?
ということを徹底解説しました。

▼目標設定して段階的に表からアタックしていく見える戦略「順次戦略」

▼いつ結果がでるかわからないが、黙々と実行を重ねる見えない戦略「累積戦略」

この2つの戦略をどう使うべきか?

詳細は、下記URLをご覧下さい。

▼「累積戦略と順次戦略」を徹底解説!
「Cumulative & Sequential Strategy」
〜クワイエットを読み解く:引きこもりが勝利する時代〜

→ → http://www.realist.jp/cumseq.html

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

あなたには、
自分が理想と考える政策がすべて一致する
そんな政治家はいるだろうか?

公明党に対する創価学会員や、
共産党に対する赤旗読者以外には、
正直なところ、なかなかいないというのが実態だろう。

自由社会である日本において、国民みんなの価値観が違う。
では、どこで判断するか?

その点は、「戦略の階層」で考えていただきたい。
自分の「戦略の階層」と近い「階層」をもつ政治家は誰か?
そしてその政治家の実行力はどうか?
その点から考えていただきたい。

→ → → http://www.realist.jp/strata.html

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

▼『管理人Twitter
https://twitter.com/media_otb

▼FacebookPage:リアリスト評議会「アメリカ通信」
 https://www.facebook.com/realist.jp

★奥山真司への講演依頼・執筆依頼は、
【webmaster@realist.jp】までお問合せ下さい。

┠──────────────────────────────────
┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000110606/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが? "英語/TOEIC/TOEFL"ジャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)
http://www.mag2.com/m/0001162214.html  日刊

365日最新の経済英語ニュースを無料でお届けするのはこのメルマガだけ!
全ての文に日本語訳、英語解説がついているため、分からないはあり得ません。
読み続けることでTOEIC700点以上が期待できます。
TOEICが200点上がった」などのメールが続々と届いています。
ワンクリックで簡単に無料登録できます。

★発行者webもご覧ください↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

┏┛ ̄ ̄┗┓
┣┳┳┏┻┃今なら!まぐポイント 【100億円】相当 プレゼント中!
┃┃┃┗┳┛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┗┻┻┫┃ イマナラ!
…… ┃┃ 新規の有料メルマガ購読に使える【まぐポイント】を
…… ┃┃ 全ユーザ様にもれなく 【1000pt】 プレゼント!
…… ┗┛ 詳しくはURLへ!!
http://a.mag2.jp/FrB1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【広告するなら、まぐまぐ!】━
大量に配信、確実な登録。メルマガ広告はクリック先のユーザー登録に強い!
30種類以上のメニューから、お客様に最適なプランをご提案いたします!
☆広告のお問い合わせはこちらから⇒ http://a.mag2.jp/iIks
☆低予算でご検討の方はこちらから⇒http://www.mag2.com/ad5/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━