苦しい時こそ唱題をしっかりとしよう

まずは朝夕の勤行をしっかりしよう。

朝も少しガンバって早起きしよう。

夜も少しお酒を控えて、お風呂に早く入って仏壇の前に座ろう。

そして、心行くまで五座三座の後にお題目を唱えよう。

どんな娯楽より充実感があって、明日への活力に繋がるから。

日蓮正宗の御本尊様に南無しよう。

必ず仏界になれるから。

仕事や勉強で疲れてもテレビに座る時間はある。

漫画を読む暇もある。

ネットをする気力もある。

それならしっかりとお題目を唱えよう。

元気が湧いてきたら、自分が変わったってことだよ。

自分が変われば居場所は同じでも、周囲が変わってくるんだ。

お題目を唱えよう。

日蓮正宗で唱題の功徳を知りたい方はご連絡ください。

メール porigin@yahoo.co.jp
ライン porigin