★日本は昔、野蛮で遅れた非文明国だったのでしょうか???

★日本は昔、野蛮で遅れた非文明国だったのでしょうか???


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●親戚がモスクワに来ました。
詳細は【編集後記】で!)



今日は、皆さんに「自虐史観」とおさらばしていただきましょう。

(とはいえ、RPE読者のみなさんは、とっくにおさらばしている
人が多いと思いますが・・・。)

皆さん、日本はいつから発展しはじめたと教わりましたか?

そう、「明治維新から」ですね。

その前の江戸時代は、まったく遅れていたと、多くの日本人が
考えている。

しかし、江戸時代の日本にも、「世界一」がたくさんあったので
す。

今日は、私が非常に尊敬する大川半左衛門先生の、


●誇れ!世界の奇跡、日本  大川半左衛門

(詳細は→ http://tinyurl.com/czav26g  )


を参考にさせていただきます。


▼世界一の大都市・江戸


江戸時代のころ、もっとも発展していたのは、欧州です。

当時、ロンドンやパリの人口は、約40万人でした。

さて、このとき、江戸の人口はどれくらいだったのでしょう?

答えは・・・。



100万人。
~~~~~~~~~~


なんと、江戸は、ロンドンやパリの2.5倍の人口を抱える巨大
都市だったのです。


そして、100万人を養う体制が、きちんと整備されていました。



<人々が便利で快適に暮らせるために幕府は努力しました。

まずは飲み水です。

水がなくては生きていけません。

幕府は生活用水を確保するために多摩川から水を引きました。

玉川上水と言います。

長さ四十キロメートルあります。

これを江戸の街の中に通しました。>

(誇れ!世界の奇跡、日本  39p)



水があっても、100万人分の食料が必要です。

これはどうしていたのでしょうか?

米は腐らないので、全国から集められていました。

しかし、腐る野菜は?



<江戸の周りの農家が、野菜を生産し提供していました。

これも高い農業技術を持っていたからできたことです。

また、生産したものが、人々に行きわたる仕組みも整ってい
たのです。>

(同上 40p)



しかも、江戸には、世界の大都市にはたいていどこにでもあ
るスラム街がなかったのだそうです。


▼平和な江戸時代


私たちは、江戸時代の欧州について、「世界一進んだ地域」
と考えています。

そして、その通りの点もあるでしょう。

だって、欧州列強は、世界のほとんどを植民地化するパワー
をもっていたのですから。

しかし、当時の欧州は、「戦争ばかりしていた野蛮な国々」と
もいえそうです。



で、日本にも誇れる点があります。

そう、「長い平和」。



<戦国時代が終わり、徳川家康江戸幕府を開いてから国
内では戦がなくなりました。

二百二十年間です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この記録は世界の歴史の中でもいちばん長い記録です。>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(同上40p)





すごいですね〜。

徳川幕府により戦がなくなると、どんどん治安がよくなっていき
ました。



<戦がなく世の中が安定してくると、当然、犯罪も少なくなります。

そうなれば、安心して旅に出ることができました。

松尾芭蕉はあれだけ長いこと旅をしたにもかかわらず、一度も
盗賊にあわなかったのです。

海外では考えられないことです。>(同上42p)



▼清潔だった江戸時代の日本


江戸時代の終わりころ、日本に来た外国人の多くが、あまりの
清潔さに驚いたそうです。

日本人は、毎日掃除をする、ちょくちょく洗濯する、風呂に入る。

なんだか「当たり前じゃん」という感じですが、欧州はそうでは
なかったのですね。



<一方、ロンドンや花の都パリはどうでしょう。

当時の人たちは、おまるに用を足していました。

桶のような物です。

普通はそれを川に捨てて流していたのです。

しかし、ふとどき者になると川まで行って捨てるのがめんどう
なので、道端に捨てました。

だから、道路にはいつもうんこが落ちていたのです。>

(同上 47p)




うぎゃあ〜〜〜〜!

皆さん、うんこだらけの道を想像してしまいましたね?

人々も大変ですわ。



<通行するレディーはたいへん。

うんこを踏んでも足が汚れないように、ハイヒールをはきました。

時には、二階からうんこが降ってくることもあるので、つばの広
い帽子をかぶりました。

ジェントルマンは、ステッキ持って、レディーのために、うんこを
どかしてあげたのです。>

(同上47p)




ジェントルマンになるのも大変ですね。

このように江戸時代の日本は、おそらく世界一清潔な国でした。

では、なぜ清潔だったのでしょうか?



<昔から日本人は、どんなところにも神様がいらっしゃるという
考えを持っていました。

山にも川にも、台所にも、便所にも、いたるところにです。

きれいにすれば、当然、神様が喜びます。>

(同上48p)



なるほど〜。

日本人は神様に喜んでいただこうと、せっせと掃除に励んだ
のですね。


▼世界一の教育水準


これも幕末に来た外国人の話。

彼らは、日本の教育水準の高さに驚愕しました。

武士ばかりか、一般市民も、女性も子供も、ほとんど「読み書き」
できる。

では、欧州では?



<このころロンドンの識字率は二十%。

パリは10%以下だったそうです。

それに対して、江戸はどのくらいだったと思いますか。



なんと、七十%以上だったそうです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


つまり、ロンドンでは十人中二人しか字を読める人がいなか
ったけれど、

江戸では十人中七人以上字が読めたのです。>

(同上 49p)




明治維新後、日本は奇跡の成長を成し遂げました。

そして非白人で唯一の近代国家をつくりあげた。

植民地化をまぬがれた。

日清戦争日露戦争、第1次大戦に連戦連勝した。



これらは、結局「もともと江戸時代に十分な成長の基盤が
築かれていたから」できたことなのでしょう。


▼誇れ!、世界の奇跡、ニッポン


今回は、大川先生の本から「江戸時代」の部分をご紹介さ
せていただきました。

しかし、この本には他にも


天皇陛下

・歴史を変えた日露戦争大東亜戦争

・武士道

・モノづくりと日本人

・恵まれた自然


と日本人が自国を誇ることができる話が満載。

この本を読めば、「自虐史観」から自然と脱却できること
でしょう。


ちなみに大川先生は、小学校の先生です。

そのため、非常に読みやすくまとまった本に仕上がっていま
す。

闘病されながら、日本のために、日本の未来のためにこの
本を執筆された大川先生。


日本を愛するすべての人の読んでいただきたい本です。


●誇れ!世界の奇跡、日本  大川半左衛門

(詳細は→ http://tinyurl.com/czav26g  )







「もし、プーチンが日本の首相だったら?」

【3刷決まりました!】

【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)



↓「危機克服本」コーナーへ
================================================================








【株やってる人必見!】

●第3の投資法とは?(上げっても、下がっても儲かる?!)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

アベノミクス相場」がすごいですね。

ところで、皆さん、うまく上昇相場に乗れましたか?

乗り遅れて、「こんなに急騰して、今から買うのはこわい!」と
いう方に面白い話があります。

「ファンダメンタル」でも「テクニカル」でもない、【第3の投資法】。

なんと以下のような、驚きの特徴があります。

・相場は上がっても、下がっても、どっちでもいい(!)
・売買タイミングは、いつでもいい(!)
・テクニカル指標は、いらない(!)
・トレード時間は週30分(!)
・年利は、〜50%程度
・トレード手法を身につける時間 = たったの1〜2日!!!

この【第3の投資法】を知る方法。

概要を知るために500円かかります。

とはいえ、たった500円なのに【90日の完全返金保証】がつい
ている。

ですから、迷うなく申し込んでごらんになってみてください。

ちなみに解説をされている江崎先生は、3万3000人の投資家
をサポートしていて、絶大な信用をほこる方です。

私も早速見ましたが、本当に参考になりました。

まじめな個人投資家の方は、いますぐごらんになってください。

詳細は

http://tinyurl.com/b7xsjbf









↓「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 



★「ストン!」 藤川清美 風雲舎

(詳細は→ http://tinyurl.com/asqur )


○井先生「潜在意識というのがあるんだよ」

男性A「どうしてそれがあるってわかるんですか?
まず論理的に説明してください」

○井先生「わかりました。ではまずフロイトの話から。。。」



○井先生「潜在意識というのがあるんだよ」

藤川さん「これは、私がずっと求めていたものではないかしら・・・」


これは、すごい本です。

藤川さん自身が潜在意識を使って実際に成し遂げたこと、
潜在意識の具体的な使い方が、延々と書かれているのです。


いい意味で、女性らしい本だと思います。

こういう本って男性には書けないのですよ。

なぜか?

1、男性は「バカじゃないの?」といわれたくない見栄があるので、
「潜在意識の科学的説明」を重視してしまう。

ところが、この本ではそういう説明は一切抜き。

「どうしてそんな不思議なことが起こるのでしょうか?
正直なところ、私にもよくわかりません。」(125p)


2、男性は自分の体験談を書きたがらない

男性は潜在意識で何かをしたとしても、周りから
「変な宗教に入ったんじゃないの?」とかいわれるの怖くて、
体験談を赤裸々に書きません。

また、自慢話をしないのが美徳の一つでもある。

ところが、この本では、藤川さんの不思議な体験談が
ず〜〜っと書かれていて、しかも嫌味じゃない。

そして、後から後から体験談が出てくるので、
ものすごい説得力があるのです。


中には、「そんなことに潜在意識使ってもいいの?」
というような話も出てきます。

(例、潜在意識を使って娘と彼氏を別れさせる。
潜在意識を使って旦那さんを単身赴任させる。等々)


●内容紹介

貧しい少女時代をすごした藤川さん。

あるときメンターの酒井先生と出会います。

酒井先生は、藤川さんに潜在意識の使い方を伝授してくれました。

藤川さんはその後、酒井先生に言われたことを忠実に実行して
いきます。

・まずは月収100万円
・自分で稼いだ金で子どもたち3人をアメリカ留学させる
・会社をつくり、オフィスを買う
・家を買う
・サロン用の建物を買う
・3億円の現金が欲しい

等々。

上の目標群を見ていて何か気がつきませんか?

そう、めちゃくちゃ具体的ですよね?
(本には何坪でいくら、立地条件まで書かれている)


女性は強いです。

女性の目標は具体的。
(例えば、ヴォトンのバックが欲しい〜〜ぃぃぃぃ!!!とか。)

それに比べて男性の目標はしばしば漠然としています。

(例、大きなことがしたい。世界を平和にしたい。等々)


また女性は、欲しくなったら(目標を定めたら)迷いがありません。

欲望にむかって一直線です。

男性は、目標を立てた後も「これが俺の人生のミッション
だろうか。。。」などとアホなことを考えてしまう。


とにかく、理論はいいから、
「潜在意識の使い方が知りたい!」
という方は必読の書です。


誰でも今日から始められる方法が書いてあります。


★「ストン!」 藤川清美 風雲舎

(詳細は→ http://tinyurl.com/asqur )



★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


↓おたよりコーナーへ
================================================================







【無料】

●北野、超衝撃でした


数年前、とても衝撃を受けたことがあります。

私の、わりと親しい知人が、【認知症】になったのです。

70代半ばでしたが、若い頃はバリバリビジネスしていた人。

それも、それこそ【アッという間】になったのです。

いろいろ目に見える症状がありました。

たとえば、

「北野、今度はいつ【ポーランド】に帰るんだい?」(私は日本人)

「そろそろ家に帰りたい」(彼は既に自宅にいる)

「俺の娘はどこにいる?」(と彼は、娘本人にきいている)


結局、最後の1年は寝たきりになり、一昨年亡くなりましたが・・。

元気だった頃の彼を知っている私は、大変強い衝撃をうけたの
です。


皆さん、「俺だけは大丈夫だ!」と思っていませんか?

それでも、今のうちから、正しい生活をすることで「予防」してお
いたほうがいいです。

もちろん、これは私自身への戒めでもあります。


「・・・・・・・・こわいが、予防ってどうやって???」


下の【無料レポート】に簡潔にまとめられています。

気になる方は、ご一読ください。

ダウンロードはこちら。↓
http://mailzou.com/get.php?R=58414&M=22753








↓おたよりコーナーへ
================================================================

那由他さまからのおたより


北野様、

米国の那由他です。

他にもいろいろと気になることが多い昨今ではありますが、ひとつ
面白い番組をみつけてしまったので、ついご報告したくなりました。

私も4月までは公私共に大変忙しく、録画したドラマも溜まってい
るくらいなので、1月末から始まっていたこのドラマに気づいたのは
つい最近です。

タイトルは単純な「Americans」ですが、これがちょっと複雑です。

80年代、レーガン大統領の時代のアメリカに潜入していたロシア
のスパイのお話です。

(そうです、ロシアです。だから北野さんにお知らせしたかったのです。)

私はスパイものも大好きなのですが(たとえば 「Spy Game」)、しか
しスパイものと言っても、よくあるアクションものとは全然違うんです。

全く普通のアメリカ人家族としてFBIのご近所に潜入しているのです。

子供たちは両親がスパイであることを知りません。普通に生活して
います。

私は最初から見ていないので、ぜひゆっくり見てみたいと思ってい
ますが、途中からでも十分おもしろいです。

不思議なことに、主人公のこのロシアのスパイ夫婦の味方になっ
て(つまりはロシア側に立って)FBIにばれないように・・・・なんてハ
ラハラしている自分がいます。

トレーラーです。↓
http://www.imdb.com/video/imdb/vi3209339929/

お忙しい時期とは思いますが、一息ついたころ、もしも気になった
らぜひ見てみてください。

那由他





↓編集後記へ
================================================================







【無料】

●北野、相当はまりました


先日、イギリスの起業家ピーター・セージさんの本を読んで
かなりはまっていました。

皆さん、「豊かさマインドを身につければ、お金が洪水のよ
うに流れこんでくる?」という話聞いたことありますか?

でも、「豊かさマインドってなに?」ときかれたら、なかなか
答えられなくないですか?

この本にバッチリ答えが出ていました。


皆さん「初期資金がないからビジネス立ち上げれない」と
思っていませんか?

ピーターセージは22社立ち上げたのですが、なんと21社は
資金ほぼゼロからはじめたのだそうです。

どうすればそんなことができるのでしょうか?


等々、ホント目からウロコがバンバン落ちました。

そうそう、私が読んだピーターセージさんの本は、

【完全無料】です。

とはいえ、そんなに長く公開されていないと思いますので、いま
すぐゲットしてください。↓

【完全無料】ダウンロードはいますぐ↓
http://mailzou.com/get.php?R=29012&M=22753









↓編集後記へ
================================================================

★編集後記


日本から兄と兄の友人がきたので、一日モスクワを案内し
ました。

兄は、ソ連時代の1984年と10年前につづいて3度目の
モスクワ。

やはり10年もいないと、モスクワの発展ぶりに驚いたよう
です。

友人の皆さんも、ずいぶんとモスクワが気に入ってくれた
ようで、案内のしがいがありました。

一行は、モスクワからバルト3国にいき、その後ベラルーシ
に。

そして、再びモスクワに来て、20日ごろ帰国だそうです。

日本人にはめずらしい豪快な旅行ですね。



RPEジャーナル
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。


================================================================


メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================
◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが? "ネットマーケティング"ジャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●鴨下直哉のやれば必ずできる
http://www.mag2.com/w/0001585044.html  日刊

☆あなたが人生の成功☆
 現在より少しでも成長をしたいのであれば鴨下直哉について来て下さい。
 多数の動画で説明してます。
 私は絶対にやります。必ずあなたを達成し成功させます!!
 成功するための質問をメールにて承ります。 info@kamoshita-naoya.jp
☆鴨下直哉の年間計画、一日の行動報告、収入発表をリアルタイムにお伝えし
 ます。
☆鴨下直哉メルマガ購読者数毎日更新中!増え続けていますので今スグに確認!
☆私はテレビにラジオの取材殺到、経営学、急成長したことをお伝え致します。

★発行者webもご覧ください↓
http://ameblo.jp/kamoshita-naoya/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━
┏┛ ̄ ̄┗┓
┣┳┳┏┻┃今なら!まぐポイント 【100億円】相当 プレゼント中!
┃┃┃┗┳┛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┗┻┻┫┃ イマナラ!
…… ┃┃ 新規の有料メルマガ購読に使える【まぐポイント】を
…… ┃┃ 全ユーザ様にもれなく 【1000pt】 プレゼント!
…… ┗┛ 詳しくはURLへ!!
http://a.mag2.jp/FrB1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【広告するなら、まぐまぐ!】━
大量に配信、確実な登録。メルマガ広告はクリック先のユーザー登録に強い!
30種類以上のメニューから、お客様に最適なプランをご提案いたします!
☆広告のお問い合わせはこちらから⇒ http://a.mag2.jp/iIks
☆低予算でご検討の方はこちらから⇒http://www.mag2.com/ad5/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━