★イスラエル、シリアを空爆(米中覇権争奪戦と中東戦争)

イスラエル、シリアを空爆(米中覇権争奪戦と中東戦争


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●ロシアのスパイは、アメリカでどんな暮らししてるの?
詳細は【編集後記】で!)



皆さん、もうご存知と思いますが、イスラエルがシリアを空爆しま
した。

3日と5日です。

RPEではずっと前から書いていましたし、「プーチン最後の聖戦」
にもばっちり載っていますので、昔からの読者さんは驚かなかっ
たことでしょう。

これ、イスラエル 対 シリア のローカル問題ととらえると間違え
ます。

とてもグローバルな問題なのです。


▼大局を理解しよう


どんな問題も、まず大きな枠組みを知り、それから個々の問題に
入っていくことが大事です。


しょっちゅう書いていますが、1945〜1991年は冷戦時代=

アメリカ、ソ連 二極時代でした。


しかし、1991年12月ソ連は崩壊。

二極のうち一極が消えたので、アメリカ一極時代が到来します。


アメリカ一極時代は、大きく前期と後期にわけることができます。

ざっくりいえば、「クリントン時代の前期」「ブッシュ時代の後期」。


クリントン時代、アメリカは「ITバブル」で一人がち。

世界が、アジア通貨危機やロシア金融危機で苦しむ中、ただ一
国繁栄を謳歌していたのです。


ブッシュ時代、ITバブルははじけ、状況は全然変わっていました。

ITバブル崩壊、9.11、アフガン戦争、イラク戦争


「アメリカ一極時代後期」は、「ブッシュがアメリカ一極世界を守
ろうとして失敗した時代」ということができます。


普通の人は、「欲ボケしたアメリカが、サブプライム問題、リー
マンショックなどで自滅した」と考えている。

しかし、RPE読者の皆さんだけは、「アメリカは、ドイツ、フラン
ス、ロシア、中国など『多極主義陣営』に没落させられたのだ」
ということを知っています。


新規読者の皆さんは、こちらをご一読ください。

山盛り資料つきで全部わかります。



◆【世界一わかりやすいアメリカ没落の真実】(北野幸伯著)

【無料】ダウンロードは↓  
http://mailzou.com/get.php?R=48689&M=22753



なにはともあれ、「アメリカ一極時代」は08年からの危機で終わり
ました。


その後どんな時代が訪れたのでしょうか?

「多極時代」「無極時代」等々、いろいろなことがいわれます。


しかし、私は「米中二極時代」という表現を使っています。


経済力(GDP)、軍事力で圧倒的に世界一だが、落ち目のアメリ
カ。

経済力(GDP)、軍事費で世界2位、覇権を狙う中国。


この二国が争っている。

そして、日本、欧州、ロシア、インド等々、他の大国は、「米中勝
つのはどっちかな?できれば勝つほうにつきたいが・・・」と考え
ている。



米ソ冷戦時代、世界の紛争のほとんどは、この二国の「代理戦
争」といえました。

(例、中国内戦、朝鮮戦争ベトナム戦争、アフガン戦争(1979
年〜)


今世界で起こっている紛争のほとんどは、多かれ少なかれ「
米中代理戦争」といえるのです。


今回のイスラエルとシリアの対立も例外ではない。


大局を理解できたところで、徐々に詳細にうつっていきましょう。


▼アメリカのターゲットとしてのイラン


03年、アメリカはイラク戦争をはじめました。

公式の理由は、「フセインアルカイダを支援している!」「フ
セインは大量破壊兵器を保有している!」でした。

この二つの理由が「大嘘」だったこと、アメリカも認めています
し、世界の人が知っています。

では、本当の理由はなんだったのでしょうか?

いろいろあります。


・ドル防衛(フセインは、原油の決済通貨をドルからユーロに
かえた)

・資源確保(イラクは石油大国)

ITバブル崩壊後の不景気を吹き飛ばすための公共事業

イスラエル防衛


などなど。

アメリカは、めでたくフセイン政権を打倒しました。

原油の決済通貨をユーロからドルに戻し、石油利権をゲット。

アメリカの景気は、戦争プラス住宅バブルがはじまったこともあり
、07年のサブプライム問題顕在化まで好調だった。

さらに、世界からイスラエルの宿敵が一国消えました。



しかし、中東には、もう一国イラクによく似た国があります。

それが、イラン。

だから私は、05年出版の「ボロボロになった覇権国家」から一貫
して「イラン戦争の可能性」に言及してきたのです。

イラクとイラン、何が似ているの?



・イランはドル体制に挑戦している(ユーロや円で原油・ガスを売
っている)

・イランは世界的資源大国である(天然ガスの埋蔵量は、世界2
位とされる)

・イランは、イスラエルを敵視している


というわけで、アメリカはイランをなんとかしなければならない。

さらに、「100年に1度の大不況」がつづいていることもあります。


アメリカは、ルーズベルトが「第2次大戦参戦で、完全雇用を実
現し、世界恐慌を克服、大好況をもたらした」時代から、

「不況になると戦争する」ことを繰り返してきたのです。



ターゲットは、イスラエルの敵イランか? 日本の敵北朝鮮か?


やはり、イスラエルを守るのですね。


そして最後に「米中覇権争奪戦」の視点から。

アフガン、イラクを攻略し、イランに親米傀儡政権を樹立する。

すると、中東は混乱していても、一応アメリカの「中東支配」は
完了します。

そして、いざ米中間で対立が起こった。

そのとき、アメリカは、中東産油国を脅し、中東→中国の原油
の流れを止めることができるでしょう。

ABCD包囲網で日本がやられたのと同じ戦法。


だから中国は、陸続きの資源大国ロシア、カザフスタン、トル
クメニスタンなどとの関係改善を急いでいる。

資源が豊富な南シナ海支配を急いでいる。


▼シリアの立場


じゃあ、シリアの立場はどうなんでしょう?

シリアの立場は、「イランの同盟国」ということになります。


皆さんご存知のように、シリアでは2011年から、アサド政権と反
アサド勢力の「内戦」がつづいています。

ここでも、「米中二極時代」の影響が見られます。


アサドを守っているのが、イラン。

そして、国連安保理で拒否権をもつ中国、ロシア。

国連で、欧米がシリアを制裁しようとする。

すると、中国、ロシアが拒否権を使うので、ちっとも制裁になら
ない。



一方、反アサド陣営を支援しているのが、アメリカと欧州、サウ
ジなど。



ここまで理解したところで、今回の空爆に話をうつしましょう。


イスラエル、シリアを空爆


まず、空時の映像から。↓
http://www.youtube.com/watch?v=Qd1Tis4_Ql0



次、毎日新聞5月6日から転載。



<シリアの国営通信は5日、イスラエル軍が同日未明に首都ダマス
カス近郊ジャムラヤの科学研究施設などを攻撃したと伝えた。

イスラエル軍によるシリア攻撃が報じられるのは、3日に続いて今年
3回目で、前回からわずか2日後。

イスラエルラジオは5日、イスラエル政府高官の話として、「イスラエ
ル空軍がシリアのダマスカス空港近くを空爆した」と報じた。

イランがレバノンイスラム教シーア派組織ヒズボラに移送している
兵器の破壊が目的だったという。>




ヒズボラは、レバノンの政治(武装)組織で、シリア、イランから支援
を受けている。

つまり、イラン、シリア、ヒズボラは反米、反イスラエルの仲間なの
です。



<2年を超えて泥沼化しているシリア内戦では、反体制派側もサウ
ジアラビアやカタールなどから武器供与を受けているとされ、米国
も武器支援を検討。

関係国が関与する国際的な「戦争」の色合いが強まっている。>

(同上)




既述のように、シリア問題は、明らかに国際的「戦争」です。

米中代理戦争、あるいは欧米 対 中ロの戦争。



<シリアのミクダード副外相は米CNNに、5日の攻撃を「宣戦布
告」だと非難。

ゾウビ情報相は会見で「あらゆる手段を取る用意がある」と報復
の可能性を示唆した。

アラブ連盟なども今回の事態を国連で取り上げるよう求めた。>

(同上)




シリアから見れば、自国領を空爆されているわけですから、明ら
かに「戦争状態」です。

アメリカだったら「リメンバーなんちゃらかんちゃら!」といって、即
座に反撃するところでしょう。

どうみても先制攻撃したイスラエルが悪いのですが、国連安保理
は動きそうもありません。

なぜかというと、拒否権をもつアメリカがイスラエルを守るからで
す。


イスラエルは、アメリカからシリア空爆の許可を得ている?


次に重要なのは、今回のシリア空爆にアメリカがどの程度かか
わっているかです。

イスラエルが勝手に空爆したのでしょうか?

こちらをごらんください。



<一方、元イスラエル国防相のベンエリエゼル議員は「イスラエル
空爆したのなら米国との調整なしにはありえない」と指摘した。>

(同上)




イスラエルの元国防相が、「アメリカから許可を受けずに空爆する
ことはありえない」といっている。

つまり、アメリカは、イスラエルのシリア空爆を少なくとも容認してい
る。


さらに、こちらをごらんください。



イスラエル空爆:米大統領「正当な行為」

毎日新聞 2013年05月06日 

 【ワシントン白戸圭一】イスラエル軍が現地時間の2日から3日
にかけてシリア領内を空爆したとの報道について、オバマ米大
統領は4日、「イスラエルヒズボラのようなテロ組織に最新兵
器が渡ることを阻止するのは正当な行為だ」と述べ、イスラエル
による空爆は正当な自衛行為だとの認識を示した。

スペイン語放送局テレムンドのインタビューに答えた。>




オバマは、「イスラエルによるシリア空爆は正当な行為だ」と断
言。

つまり、アメリカは「容認」している。


私はもっと先を行き、「アメリカはシリアとの戦争準備ができてい
る」と思います。

しかし、アメリカは、「戦争したい」と思われたくないのです。

なぜか?



アメリカは03年、国連安保理を無視して、イラクを攻撃した。

そして、後で開戦理由が大嘘だったことがバレタ。

それで、アメリカの評判は失墜した。

フセインは決して人気者ではありませんでしたが、全世界で大規模
反戦運動が起こりました。



オバマは、好戦的なブッシュとは対照的。

「平和を愛する男」として登場し、ちゃっかりノーベル平和賞ももらっ
ている。

彼は、本音では戦争ウェルカムなのかもしれませんが、アメリカが
「好戦的」と見られることは慎重に避けています。



その証拠に、リビア戦争のとき「武力介入」をいいはじめたのは、フ
ランスのサルコジ大統領(当時)でした。

アメリカは、「イヤイヤ参戦」というポーズを崩さず、それで非難され
ることもなかったのです。



そして、今回はイスラエルがまず攻める。

アメリカは後から、「仕方ないな〜」という感じで参戦する?


▼これから


今年になってからイスラエルに3回攻撃されたシリア。

アサドは大統領として、報復せざるを得ないでしょう。

でなければ、国民は決定的に彼を見放します。


しかし・・・・。

内戦中にイスラエルと本格的な戦争になれば、どうなります?


欧米から支援を受けている国内の反アサド勢力。

そして、イスラエルと、同時に戦わなければならない。


いずれにしても、アサド政権の寿命は長くないでしょう。



もっと注目すべきは、イランの動きです。

イランは、シリアを助けて、イスラエルと戦うのでしょうか?



<国営イラン通信は5日、イラン軍幹部が「必要ならシリアに訓練
を提供する用意がある」と語ったと報道。

幹部は一方で、シリアでの作戦に積極的に参加する意向がない
ことも示したという。>

毎日新聞5月6日)



イランは、シリアと共に戦う気がないそうです。

気持ちわかります。

イランがシリアと一緒に戦えば、アメリカがイランに攻めてくるで
しょう。

そうなれば、まったく勝ち目はありません。



しかし、イランがシリアと共に戦う、戦わないにかかわらず、イ
ランがアメリカのターゲットであることに変わりない。

「少々現政権の寿命が延びる」程度の意味しかないのです。



最後に、「米中覇権争奪戦」に与える影響。

アサド政権崩壊は、彼を守ってきた中国、ロシアへの打撃です。

特に、中東がアメリカの支配下に入っていくのを見ることになる
中国の焦りは相当なものでしょう。



ちなみに、これまで書いてきたことは、すべて以下の本で一年前
に予測済みのできごとです。

もっと詳細に知りたい方は、ご一読ください。







「もし、プーチンが日本の首相だったら?」

【3刷決まりました!】

【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)



↓「危機克服本」コーナーへ
================================================================








【株やってる人必見!】

●第3の投資法とは?(上げっても、下がっても儲かる?!)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

アベノミクス相場」がすごいですね。

ところで、皆さん、うまく上昇相場に乗れましたか?

乗り遅れて、「こんなに急騰して、今から買うのはこわい!」と
いう方に面白い話があります。

「ファンダメンタル」でも「テクニカル」でもない、【第3の投資法】。

なんと以下のような、驚きの特徴があります。

・相場は上がっても、下がっても、どっちでもいい(!)
・売買タイミングは、いつでもいい(!)
・テクニカル指標は、いらない(!)
・トレード時間は週30分(!)
・年利は、〜50%程度
・トレード手法を身につける時間 = たったの1〜2日!!!

この【第3の投資法】を知る方法。

概要を知るために500円かかります。

とはいえ、たった500円なのに【90日の完全返金保証】がつい
ている。

ですから、迷うなく申し込んでごらんになってみてください。

ちなみに解説をされている江崎先生は、3万3000人の投資家
をサポートしていて、絶大な信用をほこる方です。

私も早速見ましたが、本当に参考になりました。

まじめな個人投資家の方は、いますぐごらんになってください。

詳細は

http://tinyurl.com/b7xsjbf









↓「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー


はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 



●「一瞬で幸せになる方法」

(詳細は→ http://tinyurl.com/35st3wk )


著者の阿部敏郎先生は、「いまここ塾」の塾長さん。

阿部先生は、1953年静岡県生まれ。

高校を中退し、芸能界入りしました。

1974年にフォークグループ「くもと空」のメンバーとしてボー
カルとギターの他、ピアノやサックスなども担当。

解散後はシンガーソングライターとしてソロ活動を開始。

作詞家、作曲家としてもあおい輝彦秋吉久美子、アグネス
・チャン、清水由貴子太川陽介松平健松本ちえこ、芳本
美代子、レモンパイらに楽曲を提供。

ところが30歳の時に、突然スピリチャル体験をしてしまいます。

それで精神世界の勉強をはじめた。

現在は沖縄で「いまここ塾」を主宰しておられます。

この本には何が書いてあるのでしょうか?



1章 どうしたら苦しみは減らせるのか?

ここでは、苦しみの原因が明らかになります。

自由な見方ができるようになるので、個人の人生だけでなく、
世界情勢をみる際にも有益だと思いました。




2章、いまを生きる

ここから、具体的に「すぐ幸せになる方法」に入っていきます。

三昧とはなにか?

幸せになれる「時間観」とは?

宇宙の軸とはなにか?

禅の神髄とは?



3章、幸せになるのは、いつ?

いまに戻ってくる秘訣とは?←(北野も「なるほど!」と納得)

いまここで幸せになる方法とは?
○○であることをやめれば幸せになれる



4章、価値観が感情を生み出す

男と女の違い

なにが感情を生みだすのか?

なぜ問題が起こるのか?



5章、絶対的なあなた

幸不幸を超えた本当の幸せとは?

なぜあなたは搾取される?



6章、過去から離れる

私たちが「一つである」とは?

普通の人が「悟る」方法とは?

仏教の三つの基本とは?


どうでしょうか?

仏教とか禅とか悟りとか出てきますが、わかりやすいので、心配し
ないでください。

個人的には心と体を分裂させない具体的な方法が書いてあった
ので、非常に参考になりました。

皆さん、競争社会に疲れていませんか?

この世にいたら、自分がのぞまなくても競争社会におかれてしま
い、逃れることはできないかもしれません。

ただ、今までと同じ状況にいても、「幸せ」になることはできるかも。


阿部先生はこう断言しておられます。


<保証します。

あなたはいまここで、100パーセント幸せになれます。>(81p)


●「一瞬で幸せになる方法」

(詳細は→ http://tinyurl.com/35st3wk )


★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


↓おたよりコーナーへ
================================================================







【無料】

●北野、超衝撃でした


数年前、とても衝撃を受けたことがあります。

私の、わりと親しい知人が、【認知症】になったのです。

70代半ばでしたが、若い頃はバリバリビジネスしていた人。

それも、それこそ【アッという間】になったのです。

いろいろ目に見える症状がありました。

たとえば、

「北野、今度はいつ【ポーランド】に帰るんだい?」(私は日本人)

「そろそろ家に帰りたい」(彼は既に自宅にいる)

「俺の娘はどこにいる?」(と彼は、娘本人にきいている)


結局、最後の1年は寝たきりになり、一昨年亡くなりましたが・・。

元気だった頃の彼を知っている私は、大変強い衝撃をうけたの
です。


皆さん、「俺だけは大丈夫だ!」と思っていませんか?

それでも、今のうちから、正しい生活をすることで「予防」してお
いたほうがいいです。

もちろん、これは私自身への戒めでもあります。


「・・・・・・・・こわいが、予防ってどうやって???」


下の【無料レポート】に簡潔にまとめられています。

気になる方は、ご一読ください。

ダウンロードはこちら。↓
http://mailzou.com/get.php?R=58414&M=22753








↓おたよりコーナーへ
================================================================

津波さまからのおたより


北野様

初めまして、津波平和(つはへいわ)と申します。

いつも[RPE]の貴メルマガを愛読しております。

大変興味深い内容・御指摘、有り難うございます。

大局から捉えた鋭く説得力のある御分析には、
感銘を受けております。

やはり、国外から俯瞰できる、見えてくることも多々ございますね。

簡単に自己紹介させていただきますと、
東大法学部を卒業後、日系の金融、商社を経て、
オーストリアで人材コンサルティングの会社を設立致しました。

現在は、欧州、日本のお客様に対して、人材コンサルティング
エギュゼクティブコーチング、異文化マネジメントを
提供しております。

ちなみに、さる4月28日にはNHKの「地球アゴラ」という
TV番組にも出演させていただきました。
http://www.nhk.or.jp/agora/kako/13-0428.html


今回メールさせていただきましたのは、
北野様がFacebook で写真やその時々のことをアップロード
していますと書かれていたように記憶しておりますが、
Facebook上で探しても、見つけておりません。

もし、現在もFacebookを御利用でしたら、御教示いただけま
したら幸いです。


貴[RPE]をこれからも楽しみにしております。

北野様の御健康と御多幸を心からお祈り申し上げます。

何卒宜しくお願い致します。





↓編集後記へ
================================================================







【無料】

●北野、相当はまりました


先日、イギリスの起業家ピーター・セージさんの本を読んで
かなりはまっていました。

皆さん、「豊かさマインドを身につければ、お金が洪水のよ
うに流れこんでくる?」という話聞いたことありますか?

でも、「豊かさマインドってなに?」ときかれたら、なかなか
答えられなくないですか?

この本にバッチリ答えが出ていました。


皆さん「初期資金がないからビジネス立ち上げれない」と
思っていませんか?

ピーターセージは22社立ち上げたのですが、なんと21社は
資金ほぼゼロからはじめたのだそうです。

どうすればそんなことができるのでしょうか?


等々、ホント目からウロコがバンバン落ちました。

そうそう、私が読んだピーターセージさんの本は、

【完全無料】です。

とはいえ、そんなに長く公開されていないと思いますので、いま
すぐゲットしてください。↓

【完全無料】ダウンロードはいますぐ↓
http://mailzou.com/get.php?R=29012&M=22753









↓編集後記へ
================================================================

★編集後記


ロシアのスパイって、外国でなにしてるんだろう?

知りたい方は、こちらのドラマをごらんになってください。

アメリカの読者さんに教えていただきました。

実をいうと私もまだ見ていません。

しかし、新刊の執筆がひと段落したら、必ず見るぞと決意
しています。

予告はこちら。

http://www.youtube.com/watch?v=y4D96fPl_hI




RPEジャーナル
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。


================================================================


メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================
◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが? "生活情報/こころ"ジャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●最短距離で世界的貴族になろう
http://www.mag2.com/w/0000265668.html  日刊

独立起業から、わずか4年で馬主になり世界的貴族たちとの交流をする著者が
あなたを最短距離で上流社会にご案内いたします。
・総発行部数4万部。
・現役馬主で、唯一のメルマガ発行者です。(たぶん)
Amazon経営書ランキング1位「これからの稼ぎの仕組みを作ろう」の著者。

★発行者webもご覧ください↓
http://archive.mag2.com/0000265668/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━
┏┛ ̄ ̄┗┓
┣┳┳┏┻┃今なら!まぐポイント 【100億円】相当 プレゼント中!
┃┃┃┗┳┛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┗┻┻┫┃ イマナラ!
…… ┃┃ 新規の有料メルマガ購読に使える【まぐポイント】を
…… ┃┃ 全ユーザ様にもれなく 【1000pt】 プレゼント!
…… ┗┛ 詳しくはURLへ!!
http://a.mag2.jp/FrB1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【広告するなら、まぐまぐ!】━
大量に配信、確実な登録。メルマガ広告はクリック先のユーザー登録に強い!
30種類以上のメニューから、お客様に最適なプランをご提案いたします!
☆広告のお問い合わせはこちらから⇒ http://a.mag2.jp/iIks
☆低予算でご検討の方はこちらから⇒http://www.mag2.com/ad5/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━