読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

雑記

★日本と中国、「適切な距離」の測り方

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 2012年の「尖閣国有化」以降、最悪になっていた日中関係。 少しよくなってきたようです。 「親中派」の代表、二階さんは5月16日、習近平と会談しました。 結果は? <二階幹事長、中国の習国家…

★弾劾に怯えるトランプを支援する3つの勢力

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 トランプが、「ロシア・ゲート」調査中のFBI長官を解任した件。 「捜査妨害だ!」と大騒ぎになり、「弾劾」を求める議員も出てきました。 時事通信5月18日。 <弾劾を求める動きは広がりを見せつ…

「モンサント法」From 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】売国のモンサント法 http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12276257388.html全体主義への道 http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12276553408.html 日本はこれまで、主要農作物種子法により、優良で多様化した種子を各…

市民を逮捕するための治安維持法(共謀罪)と不正選○

不正選挙があるために与党は強気で強行採決ができる。 昨今、米国では、トランプ大統領が、大統領選においても 不正選挙が存在していると主張し、「調査委員会」を大統領令で設置したところである。 つまり、米国ではトランプ大統領自らが、不正選挙の存在を…

中国は北朝鮮制御の「必殺の剣」を決して抜かない トランプ大統領はそれが分かってきた

今、北朝鮮問題への中国の関与が世界的に注目されている。米トランプ政権が問題解決へ向けて中国の役割を大いに期待していることは周知の通りだ。ならば中国は果たして、期待されるような働きをしてくれるのだろうか。中国にとって北朝鮮、あるいは北朝鮮問…

日清戦争は何のため?  明治政府は何故に日清戦争を戦ったのか?

■■ Japan On the Globe(1006)■■ 国際派日本人養成講座 ■■ 歴史教科書読み比べ(36): 日清戦争は何のため? 明治政府は何故に日清戦争を戦ったのか?■転送歓迎■ H29.05.21 ■ 50,886 Copies ■ 4,361,002Views■無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ 日…

欧米列強のアジア進出と幕末の危機 迫り来る欧米列強の圧力のもとで、我が国はいかに独立を護ったのか。

■■ Japan On the Globe(1005)■■ 国際派日本人養成講座 ■■ 歴史教科書読み比べ(35): 欧米列強のアジア進出と幕末の危機 迫り来る欧米列強の圧力のもとで、我が国はいかに独立を護ったのか。■転送歓迎■ H29.05.21 ■ 50,886 Copies ■ 4,361,002Views■無料購読申…

【衝撃】★トランプ弾劾に向かうアメリカ

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 アメリカが、大変なことになっています。 トランプさんは5月9日、コミーFBI長官を解任しました。 コミーさんは、「トランプ陣営とロシアが、選挙戦中結託していた」疑惑を捜査していた。 それで、…

明治維新の罪は今に至る

diamond.jp なぜ日本人は明治維新の英雄が好きなのだろうか? それは、薩長によって洗脳されたからに過ぎない。 もはや宗教の領域だね。 司馬遼太郎の罪も大きいだろう。 司馬さんは自分が経験した大東亜戦については書かなかった。 ひたすら明治維新を礼賛…

★トランプ大ピンチ!FBI長官解任(=ロシア・ゲート)で、墓穴を掘る

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 トランプさん、かなりヤバいことになっています。 彼は5月9日、FBIのコミー長官を解任しました。 トランプさんに、その権限はあるのですが。 問題は、「トランプがコミー長官を解任したのは、『捜…

★日本の希望=安倍総理が、あの●●●●●さんに会っていることである

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 先日、日本から「家宝級」の本が送られてきました。 大ベストセラーになっているので、読まれた方も多いと思いますが。 世界一の戦略家エドワード・ルトワックさんの ●戦争にチャンスを与えよ 戦争にチ…

北朝鮮のミサイルは防衛費の2%で抑止できる

■■ Japan On the Globe(1004)■■ 国際派日本人養成講座 ■■ 独裁者をピンポイントで狙える巡航ミサイルを活用すれば、抑止力を発揮できる。■転送歓迎■ H29.05.14 ■ 50,860 Copies ■ 4,359,048Views■無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ ■1.北朝鮮…

★文在寅新大統領で、韓国はどうなる?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 韓国で5月9日、大統領選挙がありました。 結果は、「共に民主党」の文在寅さんが得票率41%で勝利。 新大統領誕生で、韓国はどうなるのでしょうか? ▼文在寅さんとは? 文在寅さんの経歴を知っておきま…

東芝の本当の危機 宋 文洲

論長論短 No.294 東芝の惨状は私が説明するまでもありません。しかし、不思議なニュースに皆さんは疑問を感じませんか。決算発表を何度延期しても監査法人の承認が得られず、それでも上場維持できることも不思議ですが、「命の綱」とされた半導体事業を高値…

★フランス・マクロン大統領誕生で、世界はどう変わる?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 皆さんご存知のように、フランス大統領選挙で、ナショナリストのルペンさんが負け、 グローバリストのマクロンさんが勝ちました。 マクロンさんについては、これまで2回記事を出しました。 ・経歴(歳…

自作自演テロと自作自演戦争、軍事地震に警戒せよ

テロ 作者: フェルディナント・フォン・シーラッハ,酒寄進一 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2016/07/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る とにかく戦争というのは自作自演テロから始まる。 各自、地震とテロについては、軍事技術…

★マクロン勝利=グローバリズムの逆襲

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 皆さんご存知のことと思いますが、フランス大統領選挙で、マクロンさんが勝利しました。 得票率は、マクロンさん65.5%、ルペンさん34.5%。 「圧勝」といってよいでしょう。 彼の経歴については、以前…

★ここがヘンだよ!安倍総理の【憲法改正案】

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 安倍総理が、いよいよ念願の「憲法改正」に動きはじめました。 今日は、総理ご自身の「提案」について考えてみましょう。 ▼安倍総理は、何を変えて、何を残したいの? まず、毎日新聞5月3日を見てみま…

形而上学と倫理学や美学、それに価値論とか

形而上学とは真理の探究を目標にする学問で、僕が子供のころから取りつかれている関心に、最も直截的なアプローチを試みてくれる学問だ。 真理とは最も普遍的な事実の探究によって解明されるべきもので、「ある」とは何かについて答えることだと思っている。…

第2次朝鮮戦争が始まったら、3万人近い在留邦人を、日本政府は救出に行けるのだろうか?

■■ Japan On the Globe(1004)■■ 国際派日本人養成講座 ■■ Common Sense: 半島有事に邦人救出はできるのか? 第2次朝鮮戦争が始まったら、3万人近い在留邦人を、日本政府は救出に行けるのだろうか?■転送歓迎■ H29.05.07 ■ 50,808 Copies ■ 4,356,314Views■…

幸福について考へることはすでに一つの、恐らく最大の、不幸の兆しであるといはれるかも知れない。

幸福について考へることはすでに一つの、恐らく最大の、不幸の兆しであるといはれるかも知れない。健全な胃をもつてゐる者が胃の存在を感じないやうに、幸福である者は幸福について考へないといはれるであらう。しかしながら今日の人間は果して幸福であるた…

ネット時代と宗教組織・・・書かれて都合が悪いなら、するな、言うな

宗教組織に盲従している人は、インターネットを見るなと言われて素直に従っているのだろうか? ネットがなかった時代には三流雑誌など見てはいけないと言われて、素直に言うことを聞いていた人々もネットの場合は、ついつい見ているのではないだろうか? 私…

★トランプが金正恩と直接会談したらどうなる???

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 トランプさん、「金正恩と会えれば光栄」と語ったそうです。↓ <金正恩氏と会えれば「光栄」 トランプ米大統領 BBC News 5/2(火) 10:58配信 ドナルド・トランプ米大統領は1日、北朝鮮の金正恩・朝鮮労…

★台湾を捨てるトランプ

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 トランプさんがアメリカ大統領に就任して、100日が過ぎたそうです。 日米関係は良好。 日本にとっては、現状「悪くない」大統領といえそうです。 しかし、トランプさんの変化の速さ、一貫性のなさは、…

★新ロシア革命工作の黒幕

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 世界一の戦略家ルトワックさんは、「世界一政権が安定しているのは、プーチンのロシアだ!」とおっしゃっています。 モスクワに住んでいる私の実感も、「そのとおり」です。 ロシアは、14年3月のクリミ…

★安倍総理訪ロ、プーチンと何を話したの?

外交 vol.42 特集:動き始めたトランプ政権 作者: 「外交」編集委員会 出版社/メーカー: 外務省 発売日: 2017/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 皆さんご存知と思いますが、安倍総理は4…

国際共産主義はグローバル資本が生み育てた

■■ Japan On the Globe(1002) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■ 地球史探訪: 国際共産主義はグローバル資本が生み育てた ロシア革命、第二次大戦、シナ国共内戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争と、国際共産主義を生み育て、争いの種を蒔いてきた勢力の正体。■転送歓迎■ …

北朝鮮の行方 宋 文洲

■1. 論長論短 No.293 新版 北朝鮮入門―金正恩体制の政治・経済・社会・国際関係 作者: 礒崎敦仁,澤田克己 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2017/01/13 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 鴨緑江は中国と北朝鮮の国境の川ですが、私…

★日本が本当に強力な国になるために必要なこと

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 突然ですが、私は日本の宗教観が気に入っています。 神道、仏教、キリスト教などが、調和、共存している。 朝起きると仏壇に手をあわせ、神社にいってお祈りし。 クリスマスを祝い、教会で結婚式をする。 …

★中国、ロシア関係に生じた「軋み」

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 「事実上の同盟」といわれる中国とロシアの関係に、変化が見られます。 どんな? ▼米中ロ関係のこれまで 超特急で、米中ロ関係のこれまでを復習しておきましょう。 ソ連が崩壊したのは1991年12月。 以…

★フランス大統領選 ロスチャイルド銀行、略奪婚、トップ当選 マクロンさんてどんな人?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 皆さんご存知と思いますが、フランス大統領選挙が4月23日、行われました。 結果は、 1位、エマニュエル・マクロン前経済相 23.9% 2位、マリーヌ・ルペン国民戦線党首 21.4% この二人が、5月7日の決戦…

ベトナム独立に共鳴する日本人の支援を受けて、300名に及ぶ留学生が日本で学んだ

■■ Japan On the Globe(1001)■■ 国際派日本人養成講座 ■■ 地球史探訪: ベトナム独立運動を扶けた日本人 だベトナム独立に共鳴する日本人の支援を受けて、300名に及ぶ留学生が日本で学んだ。■転送歓迎■ H29.04.23 ■ 50,685 Copies ■ 4,351,351Views■無料購…

★若者が外国に出たがらない日本の未来は暗い???

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 なんでも、最近の若い人たちは、 ・留学しない ・海外赴任を嫌がる ・海外旅行しない 傾向があるそうです。 もちろん、「みんなそう」という話ではなく、 「留学、海外赴任、海外旅行」が「減っている…

人はプライドが邪魔して幸せになれないんだね

kentaroupeace.hatenablog.com 生活保護をもらうことが恥じだと思って、自殺してしまったお爺ちゃんの話。 人間にはプライドがあるという話なんです。 成功と幸福とを、不成功と不幸とを同一視するようになって以来、人間は真の幸福が何であるかを理解し得な…

★北野のメンターの新刊がでます。「パーフェクト・ヘルス」(完全な健康)

パーフェクト・ヘルス 作者: ディーバックチョプラ,住友進 出版社/メーカー: きこ書房 発売日: 2017/03/21 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 私は1990年、モスクワに留学…

「密告奨励」でスパイ狩り“天国”と化した北京 近づけばスパイ通報乱発の餌食に

╋■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋~誰よりも中国を知る男が、日本人のために伝える中国人考~石平(せきへい)のチャイナウォッチ http://www.seki-hei.com╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□…

【追悼 渡部昇一先生】From 上島嘉郎@ジャーナリスト(『正論』元編集長)

完訳 紫禁城の黄昏(上) (祥伝社黄金文庫) 作者: R F ジョンストン,渡部昇一,中山修 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2008/10/10 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (8件) を見る 完訳 紫禁城の黄昏(下) (祥伝社黄金文庫) 作者: …

実存への問いを満たしてくれるのは?

ミリンダ王の問い 1 (東洋文庫) 作者: 中村元・早島鏡正 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 1963/12/05 メディア: オンデマンド (ペーパーバック) この商品を含むブログを見る ミリンダ王の問い 2 (東洋文庫) 作者: 中村元・早島鏡正 出版社/メーカー: 平凡社…

「完全自動レジの時代が訪れる」From 三橋貴明@ブログ

オーストラリアの就労ビザ、日本における難民申請、イギリスの総選挙と、本ブログで取り上げなければならない話題が満載ですが、本日はこちら。 明るいニュース。 『国内コンビニ全店舗に「無人レジ」 使い方や防犯対策に懸念の声相次ぐ http://top.tsite.jp…

★トランプが衝撃告白、「私は習近平がとても好きだ!」プーチンは?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 まず、お知らせから。 ダイヤモンド・オンラインに二つ最新記事がでています。 1、なぜ、アメリカのシリア攻撃で、一番得をするのは【中国】なのか???↓ http://diamond.jp/articles/-/124488(●スマ…

★第2次朝鮮戦争をストップし、半島非核化を成し遂げる方法

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 まず、お知らせから。 ダイヤモンド・オンラインに二つ最新記事がでています。 1、なぜ、アメリカのシリア攻撃で、一番得をするのは【中国】なのか???↓ http://diamond.jp/articles/-/124488(●スマ…

★韓国が焦土になっても・・アメリカの北朝鮮攻撃、究極の選択とは?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 まず、お知らせから。 ダイヤモンド・オンラインに二つ最新記事がでています。 1、なぜ、アメリカのシリア攻撃で、一番得をするのは【中国】なのか???↓ http://diamond.jp/articles/-/124488(●スマ…

論長論短 No.292 漢文と中国文化を排斥してみたら 宋 文洲

敗戦直前、日本は英語を「敵性」語として排斥した時期があって、野球の「ストライク」を「正球」に、「ボール」を「悪球」に変えたそうです。笑い話のようですが、当時はれっきとした国民運動でした。 つい最近、作家の百田尚樹氏が似たことを言い出しました…

会社信仰は正しいのか?

kentaroupeace.hatenablog.com サピエンス全史の読破も間近に迫っている今日この頃。 人間がというか、僕たち現生人類が唯一の人類たり得ている根拠は、言語機能に付随する虚構の力だということが良く分かった。 まさに「空」の力。 「無」ではない。 人権も…

100時間タダ働き法案と水道外資転売と戦争をてがける亡国の官邸

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」http://archive.mag2.com/0000154606/index.html4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!政治経済の裏にある,あなたが絶対に知らない情報を発信します。謎が解ける独創的な情報分…

★なぜアメリカのシリア攻撃は、【国際法違反】なのか?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 世界情勢で今もっとも「旬」な話題は、 「アメリカが、シリアの空軍基地をミサイル攻撃したこと」 でしょう。 これに関して、「全体像」を書くと長くなりすぎます。 そこで、ダイヤモンド・オンライン…

日本の国柄、日本の経営

■■ Japan On the Globe(999) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■ 国柄探訪: 日本の国柄、日本の経営 「日本の経営」が「日本の国柄」を護り、幸福な国民国家を築く。■転送歓迎■ H29.04.09 ■ 50,463 Copies ■ 4,346,226Views■無料購読申込・取消: http://blog.jog-n…

★テロはなぜ起こる?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 皆さんご存知と思いますが、ロシア・サンクトペテルブルグの地下鉄で4日、テロが起こり、14人が亡くなりました。 犯人は、中央アジア・キルギス生まれのウズベキスタン人、 アクバルジョン・ジャリロフ…

★日本の「戦争観」と中国の「戦争観」の違い

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 外国特派員協会重鎮が反日中韓の詐偽を暴いた 作者: ヘンリー・S・ストークス,藤田裕行 出版社/メーカー: 悟空出版 発売日: 2015/07/31 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る ときどき書い…

★トランプのブレーンは、日米中関係をどう見ているか?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 「トランプは、どこに行くのだろう?」 これは、今も世界の関心事です。 トランプ自身は、 「ロシアと和解して、中国に勝つ」 という構想を抱いている。 ところが、アメリカ国内の反発と中国の工作により…